« iPod Nanoにつめこんでるもの | トップページ | 韓国ドラマ・映画のDVD発売予定多すぎ! »

2005年11月20日 (日)

韓国ドラマ「威風堂々な彼女」見ました。

いやぁ。まいったな。おもしろかったよ。このドラマ、実は2話ぐらい見て、あまりにしんどくて、お休みしていたんです。「12月の熱帯夜」で、シン・ソンウさんがけっこうよかったので、思い直して、また見ることにしました。しかし、仕事で疲れて家に戻って見るためなのか、見ている最中に寝てしまって、見るのが全然進みませんでした。前半は、子連れのペ・ドゥナの破天荒なキャラが際だってて、見てても「やかましい」って感じで面白くなかったんですよね。おまけに、二枚目のカン・ドンウォンさんは、韓国語がわからない私にとって、どうもセリフ棒読みみたいなしゃべり方だし・・・(異論がある人はいると思いますが・・・あくまで、そういう印象ね)。

さて、そこで、8話ぐらいから様子が一変します。相変わらず、ボソボソとしゃべるシン・ソンウさんは、非常に良い味(壊れてくる?)をだしてくるし、キム・ユミさんはきれいなうえに怖いし、ペ・ドゥナさんの演技も、前半のキャラがあったからこその深みをだしてくるし、すっかりはまります。ifuu

15話から最終20話くらいまでは、毎回泣かせるシーンがでてきて、はい、作り手の意図どおり、ボロボロ泣かせてもらいましたよ。^^最初は、どうも目の大きい猫娘みたいで、気に入らなかったペ・ドゥナの顔が、最後のほうでは、すごくきれいに見えてくるのが不思議です。やっぱ、主演を張るには、それだけの魅力があるってことですね。

ストーリ-に関しては、述べません。DVDが確か発売されていると思いますので、レンタルしてでも、ぜひ見てください。ただし、8話くらいまでは辛抱が必要かも・・・。そこを越えるとおもしろくなるよ。(最後までおもしろくないと言われても責任はとりません。どーせ、ドラマの感想は主観はいっちゃうので、評価はあてにならないからね。) 最終話見てる時に、もう1話ぐらい作れそうと思ったのは、私だけでしょうか?あの、トッポッキはどうなったんだ~(意味不明)

失敗したってやり直すさ。毎日がスタートだ!おー (^^)/ 」ってのを学びます。ありがとうございました。

ウンス役でチビと言われていたイ・ウィジョンさん、微妙にかわいくて、声がおきにいりです。

|

« iPod Nanoにつめこんでるもの | トップページ | 韓国ドラマ・映画のDVD発売予定多すぎ! »

コメント

う~ん・・・おもしろかったです。
全然期待してなかったし(すいません)、ペ・ドゥナの「なんで、お前がそこで逆切れするんだよっ!」的な脚本が鼻について、前半がな~んか自分の苦手なラブコメっぽい感じでイヤな予感がしたんですが、「ぼんやり」さんの言葉を信じて観続けたら・・・
 あ~ら、面白いでやんの!
メロメロすぎるのも、コメディ過ぎるのも苦手な自分には良いバランスのドラマでした。
「商道」にチェヨン役で出てたキム・ユミssiの役はマジ、こわっ!「商道」に出てた「鼎」のごとく、物欲・権力欲・財欲を満たすことに汲々とし壊れていっちゃいました。(あんなキム・ユミssiはみたくなかったなぁ~・・)
 併行して「ピアノ」を観てたんですが、こちらは、「まぁまぁかなぁ」ってとこでした。脚本の瑕疵が多く、「何でそこで結婚するんじゃっ!」とかいいたくなる所も有ったのですが、あるワンシーンで許しちゃいました。「ファッション70's」でドンヨンの子供時代を演じてた子役が、さらに小さい頃なんですが、あの泣きの演技は「やばすぎるっ!」 うるうるしてる所から、ぶわっと泣き出すシーンまでをワンカットで撮ってるのですが、表情といいタイミングといい絶妙すぎるっ!っで台詞が、「オンマが逝っちゃった・・・アンニョ~ン」っと天を見上げながら言うんですよ~。ねっ反則でしょ、ぼんやりさん! 当時たぶん4~5歳位と思われますが、なんであんな泣きの演技が出来るのでしょう?韓ドラの子役は!カメラの死角で、足でもつねってるのでしょうか?(笑
 観た後に気づいたのが、偶然にも2本とも血の繋がらない親子の話でした。私事はあまり言いたくはないのですが、こういう心配しあえるような親子でありたかったなぁという思いが込み上げ、どうと言う事もない足を拭いてあげたりする様な何気ないシーンで泣いちゃいました。同時に、いつかはそういう家族を作れたらなぁと思いました。・・・

投稿: ちぃ坊 | 2009年1月 4日 (日) 13時16分

こんにちは ちぃ坊さん

このドラマは前半が本当にきびしかったと記憶してます。でも、最後の方は、相当良かったでしょう。こういう感じのドラマがあるので、リタイヤってしにくいんですよ。たまに最後まで「それかい!」というのもありますけどね。

実は「ピアノ」は未見なんですよ。泣けると聞いたことがありますが、子供ネタで攻めるのかぁ。そりゃ反則ですねぇ^^

投稿: ぼんやり | 2009年1月 4日 (日) 19時50分

こんにちは。
今DVDを借りて観ています。
いまちょうどウニと社長の恋愛が始まるところです。
ペ・ドゥナさんはよくポロポロっと涙が出て、それが自然だからすごいですね。
最初はなんて無理やりな展開!とも思いましたが、ぼんやりさんがおっしゃるとおり面白くなってきました!
それにあの髪の長いもっさいアジョシだと思っていたシン・ソンウさんが、だんだんかっこよく見えてきて、それもじわっとコミカルなのがステキに思えてきました。
調べたら私と同い年の俳優さんなのでウニとは年の差が結構あるんですね~。
ハッピーエンドで終わるのでしょう?

しかし、「猫娘」とはうまいこと表現されましたね!まさにそのとうりだと思います( ^ω^ )

投稿: peony | 2009年6月17日 (水) 20時18分

前半は辛かった気がしていますが、いつの間にか、涙してしまい良い感じのドラマとなった気がしています。(すでに、何年も前のことなので忘れている^^)

そう、シン・ソンウさんは格好良い部類には、入れにくいですよね。それが、微妙におかしいキャラに成っていくので好感度がアップします。まあ、ドラマが良いと思うには、ドラマ中のキャラが気に入るかどうかが大きいです。

投稿: ぼんやり | 2009年6月17日 (水) 21時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145819/7233492

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国ドラマ「威風堂々な彼女」見ました。:

« iPod Nanoにつめこんでるもの | トップページ | 韓国ドラマ・映画のDVD発売予定多すぎ! »