« 韓国ドラマ「白雪姫」8話まで見ました。 | トップページ | 韓国ドラマ「あの青い草原の上に」10話まで »

2005年12月17日 (土)

韓国ドラマ「別れの法則」14話まで見ました。

なんだかんだと思いながら、終盤に近づいてきたこのドラマ、評価は、いったりきたりの難しさ。^^第13話は、「おい、この二股はやめようよ。想いを受け入れられない人には、スパッっと振ってあげたほうがいいよ」と思いながら、いやな感じで見たたら、代わりにヒウォンが言ってくれました。「少しでも優しさがあるなら、今すぐ決めて!」拍手喝采。そのとおりです。残酷な希望を与え続けるのは、よくないです。特に自分の気持ちが決まっている場合はね。人の心をもてあそんでる感じがして、13話で評価を大幅にさげたのですが・・・・

14話はねぇ。けっこういいんですよ。このドラマはじまって以来、ポロッときちゃいました。キム・ミンジョンさん曰く、「最低の別れ方」とは

  1. 別れる時なぜ、その相手のそばから離れないといけないかの理由を言わずに、黙って去ること。
  2. 言葉で、傷つけあって別れること。一緒にすごした大切な時間や思い出が、心の傷となってしまうから。

1のほうは、なんとなくわかるよね。理解できずに離れられたら、その人への気持ちが宙ぶらりんになってしまって、行き場を失ってしまう。でもって、執着とか未練とかに包まれちゃって、明日へむかう気持ちがなくなってしまうもの。復帰に時間がかかるよ。このパターンは。2のほうは、どうだろ?別れることが、すでに傷となるので、言葉でも態度でも傷つけられるのは同じことじゃない?特に、一緒にすごした大切な時間や楽しかった思い出が、大きければ、大きいほど別れるという事実だけで、心に大きな傷をつくるはず。それを良い思い出として、心の片隅にしまえるようになるには、かなりの時間が必要です。

「後ろ姿のあの人に、幸せになれよなんて祈れない。いつかさすらいに耐えかねて、私を訪ねてきてよ。中島みゆき:ほうせんか」。そうなんです。振られるほうは、未練いっぱいで、本音では、決して、去っていく人を「幸せにね」なんて言えないよ。それを、あえて「幸せになってね」ということで、心に残った想いを消そうとがんばるんだ。・・・たいていの場合、心の傷を克服したときには、思い出もかなりなくしちゃう。人間って忘れるっていう、すごい才能があるのさ。 Don't Worry! Be Happy!

ユン・ゴンさんの歌が良いので、このドラマのOST買おうかなぁなんて悩んでる最中です。^^

|

« 韓国ドラマ「白雪姫」8話まで見ました。 | トップページ | 韓国ドラマ「あの青い草原の上に」10話まで »

コメント

自己コメント。今、ユン・ゴン日本公式ファンサイトのトップページのフラッシュでかかる曲です。いいなぁ^^
http://www.yoongun-japan.com/

投稿: ぼんやり | 2005年12月17日 (土) 21時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145819/7660622

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国ドラマ「別れの法則」14話まで見ました。:

« 韓国ドラマ「白雪姫」8話まで見ました。 | トップページ | 韓国ドラマ「あの青い草原の上に」10話まで »