« 韓国映画「オオカミの誘惑」「ピアノを弾く大統領」を見ました。 | トップページ | 韓国ドラマ「白雪姫」視聴終了。 »

2006年1月11日 (水)

韓国ドラマ「あの青い草原の上に」16話まで見ました。

GyaO配信中の「あの青い草原の上に」を見ています。15話でついに、ヨノ(チェリムさん)が、婚約の解消を言い出します。そうなると、当然のことながら、あちこちで大混乱です。^^このあたりの主役は、ヨノのお母さんですね。家と家との繋がりがあるにせよ、娘が「愛していない」という男に嫁がせようとするのは、今の時代では無茶です。自分の(親の)価値判断を娘に押しつけようとすると、よけいに娘は反発します。そのうえ、恋愛なんて、反対すればするほど、障害があればあるほど、燃え上がるものでしょ。なぜなら、当事者にとっては、反対や障害を乗り越えようと努力するってことは、具体的な目的を設定できるし、恋愛をうまくいかせようと、常に心に気にとめるってことだから・・・・。ヨノのように、あきらかに反対されるのが、わかっていて言い出した場合は、本人の決心は相当のものがあります。その辺の娘の気持ちをくんでやらないとね。

愛のない結婚は、どんなに条件がよくても、結局は、不幸せです。逆に、愛はあるけど、条件があまりに悪い結婚は、2つのケースがあると思います。2人の愛で、どんな困難をも乗り越えていく場合と、愛していても、だんだん疲れてくる場合です。どちらになるかは、実際そっちの道に行ってみないとわかりません。その分、親としては、不安なんで、安全策をとろうとして、条件の悪い場合、反対するわけです。韓国ドラマでよくあるシンデレラストーリーのように、愛も金も地位もあるような、恋愛が一番ですが、現実はそうじゃないしね。愛で結ばれた2人が、一緒に、だんだんお金と地位を獲得していくってのが、ベストじゃないかな。年取って、「あの頃は、つらかったけど、2人でがんばったよなぁ」なんて言えたら、最高の幸せですね。(つらいってのは個人差があるんで、人からみたら、「ずっと楽に暮らしてたじゃん」って思われる場合もありますが、そこは置いといてね^^)

テウンのお母さんが、ポツリと言った言葉も印象的でした。「愛なんて、会わなけりゃ忘れていく」 うーん。そういうのもありか・・・

16話最終で、ヨノの言ったひと言(あえて書きません)で、びっくり!おいおい、その言葉を言うか。・・・・・これで次回へ「続く」ですか?ペースあがってきました。どうなるんだろう。すごく、おもしろくなってきましたよ。^^(このドラマにでてくる女性って、みんな積極的で、芯が強いぞ^^男性陣がんばれ!)

|

« 韓国映画「オオカミの誘惑」「ピアノを弾く大統領」を見ました。 | トップページ | 韓国ドラマ「白雪姫」視聴終了。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145819/8103179

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国ドラマ「あの青い草原の上に」16話まで見ました。:

« 韓国映画「オオカミの誘惑」「ピアノを弾く大統領」を見ました。 | トップページ | 韓国ドラマ「白雪姫」視聴終了。 »