« 韓国ドラマ「僕は彼女が好き」8話まで | トップページ | 韓国ドラマ「ジュリエットの男」14話まで見ました。 »

2006年2月12日 (日)

韓国ドラマ「ジュリエットの男」見始めました。

韓国ドラマ「ジュリエットの男」を見始めました。見始めたばかりなんで、よくはわかりませんが、父の自殺の原因ともなった倒産しかけているデパートを娘のソン・チェリン(イェ・ジウォンさん)が受け継ぎます。婚約者で、そのデパートを吸収合併しようとするチェ・スンウ(チ・ジニさん)とデパートの大型債権者であるジャン・ギプン(チェ・テヒョンさん)とが、そこで、チェリンを助けたり、反発したりというドラマなのかな。ここに、出演する男女のキャラクターが対比的ですので、どっちを選んでいくのかと興味しんしんです。女性を守るかっこいい王子様のようなスンウと放蕩息子でどうしようもないギプン(きっと、だんだんかっこよく成長していくんでしょう^^)、妙に堅い感じのチェリンと明るいソ・チャンビ(キム・ミニさん)の4人のキャラが際立っています。わきを固めるギプン祖父とチャンビ祖母は韓ドラでよく見る人ですので、安心して見てられます。

4話まで、見ましたが、印象的なところは3つ。

  • チェリンに殴られたギプンが、おもいきりチェリンを殴り返すところ。思わず、女を殴ってるよ~と声でちゃいました。反発するのは、何らかの感情があるわけで、これが恋に変わるのはよくあるパターン。現実では、反発してる人どうしで、恋に墜ちるような場合は、見たことありませんねぇ。
  • 青虫の話。「青虫は、白菜の芯を食べて、白菜を枯らすようなことはせず、葉と葉のまん中の育ってきたやわらかい葉を食べる」ってとこ。倒産しかけたデパートをつぶさず、助け育ってきたところで、利益をおいしくいただくということですね。応用すると、人を指導する時は、見捨てることなく、どこか長所をみつけてやって、そこを褒めて、育てていき、ついには仕事を任せて、自分が楽をするってとこでしょうか^^
  • ふ・ふ・ふ・・・・・・キム・ミニ(ミンヒ)さんが可愛い!「兄嫁は19歳」のときは、ちょっと陰がありましたが、ここでは、明るいです。笑顔がいっぱい見られる(出番が今のところ少ない。増やしてください。)ので、楽しいです。このドラマを見ようと思ったきっかけでもあります。チェ・ガンヒさんに続いて2人目のひいき女優さんに決定しました。俳優イ・ジェンジェさんの恋人ということで有名です。ググってたら、キム・ミニさん「純愛譜」という映画に出てたそうで・・・これは、見始めたがわけわからなくて、途中でやめた映画だ;;ありゃ~もうビデオから消しちゃったよ。PDVD_017

DVD版の音楽が、韓国ドラマ「あの青い草原の上に」の最後にかかる音楽とだぶって、つらいです。あの音楽がかかるとテウンが走ってくるイメージができちゃってます。ShowTimeでの「ジュリエットの男」の音楽は違うのにね。どこでひっかかたんだろう。

さて、ドラマとして、薦められるかどうかの評価ができるまで見てません。続きを見ますね。

|

« 韓国ドラマ「僕は彼女が好き」8話まで | トップページ | 韓国ドラマ「ジュリエットの男」14話まで見ました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145819/8619486

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国ドラマ「ジュリエットの男」見始めました。:

» 韓国のネタ [ネタ蔵]
韓国のネタを追いかけるヨ! [続きを読む]

受信: 2006年2月12日 (日) 13時07分

« 韓国ドラマ「僕は彼女が好き」8話まで | トップページ | 韓国ドラマ「ジュリエットの男」14話まで見ました。 »