« 韓国ドラマ「シンドン」5話まで | トップページ | 韓国ドラマ「あの青い草原の上に」36話まで »

2006年3月25日 (土)

韓国映画「恋する神父」やっと見ました。

韓国映画「恋する神父」、やっとレンタルできたので見ました。主役2人が、クォン・サンウさん、ハ・ジウォンさんですので、配役とすればすごいです。ストーリーとしては、・・・ごめん、ありえないことに途中で寝た。^^体調悪いときに、見ちゃだめですね。1分ほど意識なかったと思っていたのに、あとでもう一度みたら、洗礼式の予行のところがすっぽり落ちてたよ;;。この映画の一番いいところじゃない?ここが抜けてたら、最後まで見ても意味ないです。ということで、後半を再度見直した私ですが・・・・印象はというと、とてもきれいな映画だなと思いました。映像の色づかいとかストーリーとかを含めてね。カップルで軽く見て、幸せな気持ちにひたるというのによい映画でしょうか。大きく感情を揺さぶられる感じではないです。ハ・ジウォンさんの泣き顔は、けっこう好きです。この女優さんは、目に存在感がある人ですので、その目に涙を溜めるとそれはとってもきれいだなと思ってしまいます。洗礼式予行で、白いベールをかぶり、気持ちをこめてクォン・サンウさんを見つめるシーンがベストでした。

神父のでてくるドラマといえば、「あんぱん」のチェ・ガンヒさんが恋する神父さん、「彼女は最高」のリュ・シウォンさんが、思い浮かびました。おっと、「ラブレター」がストックに入ってるけどまだ、見てないや。神父という立場上、女性との関係は難しいものがありますので、そこにドラマがあるわけですね。日本では、神父もののドラマって思いつかないなぁ。宗教の普及率の問題かな。

中盤での聖歌隊のシーンもおきにいりです。どっかで、見た映画・・「天使にラブソングを」だったか・・・即思い出してしまいました。歌、ダンスとも私のツボにはまりましたので、及第です。

ここで、ちょっと脱線して・・・マニアックな話かも・・・DVD録画中に読む漫画として「ピアノの森」(一色まこと作)を借りてきました。この漫画、天才的なピアノの腕をもつ子供(少年?)の話なんですけど、ひと言でいうと、読んでて音が聞こえるような漫画です。11巻で、カイ(主人公ね)の演奏するピアノを聴く誉子のところが、相当感動的でした。「少しもカンペキなピアノじゃないのに・・・こんなにも・・・愛おしい」と漫画中で、表現された主人公のピアノ・・・この「愛おしい」って言葉がとってもいい言葉です。日本語って、とってもきれいな言葉が、まだまだ、たくさんありますが、次第に使わなく(使えなく)なってきているような気がします。

音が聞こえる漫画といえば「のだめカンタービレ」(二ノ宮知子作)が有名です。これは、万人におすすめできる漫画なんですけど、最近ではちょいとパワーダウンして私には、音が聞こえなくなってきました。(あのぉ・・けっして漫画から物理的に音が出るわけではないです。^^漫画を手に持って振ればパサパサと音が・・・聞こえるが・・・おいおい^^)

|

« 韓国ドラマ「シンドン」5話まで | トップページ | 韓国ドラマ「あの青い草原の上に」36話まで »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 韓国映画「恋する神父」やっと見ました。:

« 韓国ドラマ「シンドン」5話まで | トップページ | 韓国ドラマ「あの青い草原の上に」36話まで »