« 韓国ドラマ「あの青い草原の上に」50話まで | トップページ | 韓国ドラマ「ソドンヨ」16話まで »

2006年5月18日 (木)

韓国ドラマ「あの青い草原の上に」最終話(52話)まで

韓国ドラマ「あの青い草原の上に」最終話(52話)まで見ました。結論から言うとあの終わり方をせざるを得ないでしょう。テウンとヨノの恋愛・家族を描いてきたホームドラマに強烈な最終は必要ないのです。

テウン母についに息子の病気を告げるヨノ。このあたりから、心の中では、みんな、ほとんどあきらめているのにがんばろうと言ってるような感じで、一段と悲しいです。「私達があきらめなきゃ治ります。」って・・・うーん、なんか治りませんって言ってる感じですよね。普通は、あきらめようがあきらめまいが関係なく、治りますってのが治る感じがします。テウンはテマンにヨノを頼む、力になってやってくれと言います。もうほとんど遺言ではありませんか。ヨノへの気持ちの集大成は、草原の上に立つ予定の家のモデルの下に置かれていたテウンの手紙に書かれています。出だしは「ヨノさん、名前を呼ぶだけで、僕を幸せにしてくれる君に・・・」この名前を呼ぶだけで幸せになるというのがいいですね。確かに恋愛最初の頃って、○○さんって名前を呼ぶだけで幸せになります。でも、人には慣れるとか飽きるという能力があって、その幸せな気持ちを持続させるのは難しいです。そのモノの名前を知ることは自分のものになったと言えると記された小説があるように、名前というのは、考えようによっては特別なものかもしれません。また、考えようによっては、単なる識別記号でしかないけどね。さて、手紙は続きます。「もしも時間と空間が僕たちを隔てても、僕は君を離さない。・・・あなたは、僕の心の中で輝いている。これがヨノへの愛なんだと思う。ありがとう」 ほとんど死を覚悟したテウンの伝えたい気持ちです。時間と空間が僕たちを隔てても・・・って、会えなくなったその後もずっとそばにいるよということですか。もう泣こうと思って見てますので、もちろん泣けます。

スノとテマンは、スノ両親に挨拶に行きます。「スノを愛してます」とテマン。おいおい、テマンの持ってた毒が無くなってぼんやりしたキャラになってきましたよ。このシーンで、愛するテマンを見つめるスノの目がきれいでした。自分の愛する人が、自分の両親に挨拶にくる日がやってきて、しかも両親の前で、自分のことを愛していると宣言してくれているわけです。そりゃ、誇らしくて、テマンを見つめる目はうっとりとなりますよね。でも、スノを愛してることを認めたテマン、どう見てもスノの尻に敷かれると思いますね。スノの方がしっかりしているもの。^^

新婚旅行の時の録画を見るヨノ。確かにこの新婚旅行の録画のときに「たとえ死んでも、水や風のようにいつでもそばにいることを忘れないで。愛しています。」というように、ちょっと不吉な言い方をしているなぁと思ったんです。やっぱり伏線でしたか。最後にヨノの手話で送られて手術室へ向かうテウンです。この手話をここに持ってきましたか。うまいものです。手術室へ向かうのを見送る気持ちは、経験したことがありますが、どんなに簡単な手術であろうとも、ひょっとするとこれで生きているのを見るのが最後かもしれないという不安が心の中に湧いてきます。人間のやることに間違いが絶対にないと言えませんので、有るはずのない医療ミスが自分の見送った人に起こるかもと思っちゃうんですよね。まして、難しい手術なら、まともに話ができる最後の時かも・・・と思うのは当然です。ですから、このシーンでは、ヨノはテウンに「愛しています」と絶対に伝えたいのです。メイクですでに死相を現しているテウン(ちょっと怖いよね)しっかりヨノの気持ちを受け取って手術室へ向かいました。さあ、この後どうなったのでしょう。結末を知らずに見てましたので、どっちに転んだのかハラハラドキドキ^^おっと、やっぱりこれはやばい感じだ。法事とな・・・そうですか。あー疲れました。おしまい^^おもしろかった。ありがとう。

長いドラマでしたが、とっても良いドラマでした。途中のヨノ母の結婚への強烈な反対シーンが長いのがしんどかったですけど、生き方、愛、家族を描いた名作です。特にヨノの成長がすばらしいです。世間知らずのお嬢様が、親の反対を押し切り、結婚へこぎつけ、姑と同居し、そして愛する人の病気にたち向かう。チェリムさんが、上手に演じていました。後半部は涙を流さない人はいないでしょう。長いため、安易に人には勧められません。なぜって、52時間もの長時間にわたって、私の好みで人の時間を占有する気がするので・・まあ、つまんないと思った人は途中でリタイヤするでしょうし、最後まで見た人は気に入ってるということですので、最後の5話あたりで、泣きながら「これはいい!」と叫ぶことになりますね。

人気のある韓国女優・俳優さんのかなり古い作品をDVD化するより、このドラマをDVDにして日本語版発売してくださいよぉ。

|

« 韓国ドラマ「あの青い草原の上に」50話まで | トップページ | 韓国ドラマ「ソドンヨ」16話まで »

コメント

あの青い草原の上でを見たのはかなり以前ですが、これに勝るものは見ていないような気がします。他にお勧めのものがありましたら2,3点教えて頂けますか。

投稿: たまよよ | 2011年6月13日 (月) 13時06分

こんにちは、たまよよさん^^
このドラマは、まさに号泣ドラマでした。前半はこんなことになるとは思わず、見てましたが、最終あたりがすごすぎる。涙をしぼったという意味で、このタイプのドラマでこれ以上のものは無いでしょうね。これが、好きですと言われて勧められるドラマは・・・う~ん、思いつかない^^

投稿: ぼんやり | 2011年6月15日 (水) 06時42分

思いつかないですか。それぞれのドラマに対しての評価が自分と似ているので期待したのですが、巷で評判になっているものが必ずしも面白いとは限らないですよね。でも、しかし、実際ないですよね。これを見て韓国ドラマにはまったのはいいですがこれを超えるものはないです。ほんと話の展開といい、それこそバックで流れている音楽といい、すごいですよね。ただ、他の韓国ドラマに関しても日本のドラマに比べるとやはり面白いです。おかげで日本のドラマはすっかり見ることは無くなりました。
これからも楽しみにしていますのでブログ頑張って下さい。

投稿: たまよよ | 2011年6月15日 (水) 17時24分

こんにちは、たまよよさん^^
このドラマはコメディでは無いので、これに匹敵するドラマをあげることができなかったのです。家族と愛を描いたヒューマンドラマ。。。は、長くなりすぎると間延びしますし、短いと物足りない。私は、長編の現代劇をほとんど見ないので、特に思いつきませんでした。
見ている時の自分の状態で、共感できるところが違いますから、いろんな人がいろんなドラマを好きと言います。すごい欠点あっても、この一つのシーンと言葉で許すなんてのもあるかもしれません。結局は、自分の好みですから、おもしろけりゃおもしろいと言い、おもしろくなけりゃ途中止めってことですね。

投稿: ぼんやり | 2011年6月16日 (木) 14時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145819/10122260

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国ドラマ「あの青い草原の上に」最終話(52話)まで:

« 韓国ドラマ「あの青い草原の上に」50話まで | トップページ | 韓国ドラマ「ソドンヨ」16話まで »