« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月

2006年7月28日 (金)

韓国ドラマ「ソドンヨ」36話まで

韓国ドラマ「ソドンヨ」36話まで見ました。いやぁ!すごい話になってきました。やっぱり政治的な駆け引きを描かせるとうまいです。百済皇帝も亡くなり(皇帝を簡単に斬ることのできる輩がいるところがすごいです。普通、皇帝って、神のような存在になってないのかなぁ?)、結局、政治をするには、継承権とかは関係なく、軍事力を持たねばなにもできないなと思いました。まず、邪魔な奴を排除する軍事力があれば、名分は後からなんとでも付けられます。前にも書いたけど、どっかの国が今でもやってる「歴史は、その時の為政者により都合の良いように変更できる」というアレですね。

正統な後継者チャンは、正統性をアピールしながら、在野で金と軍備を揃え反撃するのかと思いましたが、(ロケ予算の都合のため^^)百済宮に戻って力をつける方法を模索します。ここでの、チャンの考え方がすごいんです。自分の正統性を証明する夜明珠と切り札となる玉爾を手放しても、自分が皇帝になれるならなれるはず。そのようなものに頼らなくても、皇帝になる力を百済宮の中で確立していくべきであり、それができないなら皇帝になる資格もないし、百済を栄えさすこともできないというわけです。力(軍事)で政治を行うことは、継続性が無く、最終的には徳で治めるべきであり、自分はまだ、その力も人脈も百済宮中に持っていないので、宮に戻らねばならないと考えたのです。

さて、そのための方法とは?キーポイントの人物、ウヨン博士ですね。ウヨンの父が皇帝となり、為政を行うにあたり、貴族とプヨソンの力を抑える必要があります。いわゆる「敵の敵は味方」ということでチャンとウヨンはお互いに手を組むことになります。ここでの、微妙に見え隠れするウヨンのチャンへの興味がとっても良い味付けになっています。だって、チャンとソンファ姫との恋を、見るのは飽きちゃってますので、不謹慎にも、そろそろウヨンがチャンに惚れないかなぁって期待しているんです。^^惚れた女を利用するのは、主人公のやることではありませんが、プライドの高いウヨンがチャンへ惚れるのは見てみたい~~~。チャンには、ソンファ姫がいますので、ウヨンがチャンに惚れちゃうと政治的な立場も絡んできて、そうとうおもしろい展開となります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月27日 (木)

韓国2部作ドラマ「ピングオリ」を見ました。

韓国短編ドラマ「ピングオリ」を見ました。何故これを見たかというと、もちろん「波乱万丈ミスキムの10億作り」に出演していたホン・スヒョンさんつながりですね。さがせばいろいろ出てくるものです。「バンジージャンプする」もどっかにあるような気がするけど・・・ホン・スヒョンさんが主役級じゃなさそうなので・・^^

ピングオリとは、北朝鮮のリンゴの枝を中国の梨に接ぎ木してできた果物のことで、ドラマ中では、主人公ソニョン(ホン・スヒョンさん)の父の好物として登場してました。ピングオリ精神とは、荒れ果てた地でどんなに苦労をしてもたくましく根付いた朝鮮族の象徴として、絶望せず希望を持とうという意味だそうです。

中国朝鮮族の女性として、出稼ぎにきている父を探しに韓国にやってきたソニョン(ホン・スヒョンさん)は、ぐうたらのテプン(クオン・オジュンさん)と出会います。2人はお金のために結婚しますが、心の中では惹かれ合うものがあります。しかし、きっかけがお金ということで、いろいろなすれ違いが・・・・ということで、最後は気持ちよく終わりました。脇を固める人たちが、イ・アヒョンさん(サムスンやらオンリー・ユーでおなじみです。けっこう好き。)、キム・ジョンヒョンさん(どっかで見たけど忘れた)、イム・ヒョンシクさん(いわずと知れたチャングムのトックおじさん)ですので、見たことあるぞ~の人達ばかりです。ここでの、ホン・スヒョンさんは働き者の純粋な女性を演じています。ストーリーは、ミエミエで進んでいきますが、ホン・スヒョンさんの魅力でひっぱっていきました。良い女優さんに育って欲しいものです。このドラマPing けっこうおもしろかったかな。寝なかったから・・

話変わるけど、DVDレコーダーに印刷機能つけてくれないかなぁ。DVD-Rにドラマを落とした後、ラインプリンターで良いから題名を印刷してくれるとすごくうれしいのだけど・・・そんなのが出たら買うよ。DVDの整理追いつかないもん;; そうだ。DVDレコーダーの2ndハードディスクが汎用品で、簡単に取り替えられるってのもいいなぁ。DVDに焼かなくてすむので、もっと良いと思う・・・。家電メーカーさん、よろしくぅ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月24日 (月)

韓国ドラマ「宮」8話まで

韓国ドラマ「宮」8話まで見ました。このドラマは良いですね。今の所、ストーリー的な深さは無いものの、おもしろさ、楽しさという点で、群を抜いています。安心して、人に勧められます。
7話はチェギョンの里帰りが描かれました。ここで、同じ部屋のベットに寝ることになったチェギョンとシン。夫婦ですので、問題はありません。チェギョンはシンの背中に魅力を感じてしまい、ピトッってくっつく誘惑に誘われてしまいます。このベットシーン(言葉はやらしいが、ドラマでは健全です^^)のおもしろいこと。よだれズルリってのも大笑いです。後で、シンも白状しますが、「自分も健康な男なんで・・・ムラムラして寝られない」そりゃ、そうですよ。うん、若いっていいなぁ。
8話は、屋根裏の名シーンが出てきます。シンの密かな隠れ場である屋根裏部屋にシンがいるのを見つけたチェギョン。ここで、偶然2人抱き合ってぶっ倒れるシーン。ここでのチェギョンの心の声がおもしろい。「さあ、次のステップに移るのよ。」ってやつです。このあたりのユン・ウネさんのブリッコ演技には脱帽です。Gung3 「携帯ぐらい切っといてよ」と言いながらシンをツンとつつく。可愛すぎますね。シンは、ヒョリンのこともまだ、気持ちが残っているみたいですので、まだまだ明確な態度を示しません。でも、ちょっとずつ、ちょっとずつチェギョンへ向かう気持ちが表現されて行きますので、微笑ましいです。おや、普通なら、態度を明確にしない人は嫌いとなる感想が、どうしてこうなるのでしょう。妻というチェギョンの立場が、明確に強いものですし、その立場が決まって、後から恋愛にはまっていくというパターンに安心感があるからでしょうね。でも、次回の予告編は強烈です。ヒョリン・・・何するんだぁ!(いいけどね)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月19日 (水)

韓国ドラマ「波乱万丈ミスキムの10億作り」見終わりました

韓国ドラマ「波乱万丈 ミスキムの10億作り」全16話見終わりました。結論から言うと、上手に終わらせたなぁということです。最終回を妙にひねることなく、急ぎすぎず気持ちよくストレスのない終わり方にしていました。このドラマの題名からすると、アイデアを練りながら、ライバルを蹴落とし、ちょっとづつ事業を成功させていく物語なのかなと思っていましたが、ちょっと違ってて、ミスキムはほとんど最後のほうまで落ちぶれていく物語となっています。最終間近になっても全然裕福でないため、こりゃどうやって儲けるんだろうと心配していました。まあ、それなりにサクセスストーリーでまとめましたね。

キム・ウンジェ(キム・ヒョンジュさん)は、ずーと、結婚式で逃げられたヨンフンが好きだったのですが、いつしかチ・ジニさん演じるパク・ムヨルが必要になってしまいます。パク・ムヨルは、ウンジェがヨンフンを好きなのは知っていましたので、愛する女性が幸せならばそれでよいと、去っていきます。いなくなれば気づくこの気持ち・・・ウンジェは「パックンがいないと幸せでないの」ということになります。本当に好きで必要としている人は、身近で特に意識することなく自分をさらけだせる人ということでしょうね。

「愛も物体と同じで外部の力が弱まると元の位置に戻ろうとする。その時初めて元の位置の美しさに気づく」らしいです。しばしば、人は新しい刺激を愛と勘違いして、それまでの愛を捨ててしまうことがあります。勘違いだったと気づいても、通常はもとに戻れるはずもなく、自分が選んだ道だと言い聞かせながら、別の道を歩んでゆきます。ここでの、ヨンフンも結婚しようとしていたウンジェがどんなに良い女で合ったかに気づいた時には、すでに彼女の気持ちは別の男に向いています。自業自得と言いましょうか。このケースはあきらめるしかないでしょう。最終的には、ムヨルもヨンフンも、愛する人の幸せを第一に考えます。ひつこい執着を描かなかったことが、視聴後の気持ちよさになったのでしょうね。

さて、意外にも私は、ジニ(ホン・スヒョンさん)とポンギュ(ポン・テギュさん)の恋がすっごい楽しみでした。特にジニ・・・こういう女性は、私のツボに入りますので、おきにいりになってしまいます。実は後半は、ジニとポンギュの掛け合いがもっともおもしろかったと密かに思っています。

格言好きな私ですが「世の中で一番簡単で難しいことは、夜寝て、朝起きること。一生懸命働くとすぐに眠れるし、朝の目覚めもよい。すると金も貯まる」というのをもらいました。「貯めた金はいかに使うかのほうが難しい」みたいです。貯まるのはなかなかだけど、使うのは一瞬・・・金額が大きくなってくると有意義に使うのは難しいし、ある意味、勇気が必要となってきます。小心者の私、大画面のテレビが欲しいのですが、テレビでその値段はないだろうということで買えません;;使い道が有意義かどうかは置いておきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月18日 (火)

韓国ドラマ「ソドンヨ」32話まで

韓国ドラマ「ソドンヨ」第32話まで見ました。以下、ずっとネタバレ。

30話最終で、ギルの策略から、太子の殺人犯が四男(チャンのことね)であると公言させたため、チャンが表にでてくることはしばらく無いなと思ってました。しかし、急展開を企てる脚本の人・・こんなことでは、許してくれません。チャンも一計を案じ、四男が殺人犯でないことを証明し、百済王の前に名乗りでようとしたのですが・・・・。「ちょっと待った~~~」コール!。抜群のタイミングで、病弱な三男死亡の連絡が届きます。結局、王は跡継ぎをどんどん亡くして行きましたので、気力・体力も無くなり、仏門に入り、四男のことは忘れようとします。ここから32話にかけてのテーマは「天命」です。モッラスが20年前に拾った神託の書かれた石盤。百済を復興する王は、屈辱の王、悲しみの王に続き、過ちから生まれた者で、特別な香炉を焚いた者というやつです。モッラスとソンファは、何故チャンが天によって選ばれた人間であるかを考えます。このあたりでスケールが大きな話になってきました。チャンの持つ他の人にはない何かとは?・・・それは、国とか身分を越えて、民の立場で物事を考えられるということです。実は、国を構成しているのは民であり、民の暮らしが裕福になることが、国が栄えるということに通じるということなんですね。おっと、このあたりで、耳が痛くなる日本の政治家さんいませんよね。^^富裕層のための政治を行ってはならないということです。よくある言い訳は、富裕層を富ますことは、それ以下の人々に就業の機会を与え、収入を増やし、間接的に民が豊かになるというやつです。この論理が通用するのは、富裕層に人徳のある人物がそろっている場合ですので、現実には、下層に配分される豊かさは、ごくわずかな量となります。お役所で、ちょっと職場を変わるだけで、税金由来の退職金をしこたま持って行くシステムなんて、ちょっとめちゃくちゃですよね。法律を作る側が、既得権を放棄するつもりがない場合、どんなに改革をしようとしても抜け穴を作ってしまいます。人間が猿から進化した(遺伝子的には、数%しか違わないらしい。どっかで読んだぞ)と言われている以上、猿山を構成するのは、遺伝子的にしかたないのかもしれませんし、強い遺伝子を残して環境に適応していくという生物の論理から言えば、それで良いのでしょう。能力や努力に応じて利益が配分される社会や、強者が弱者を守ることも良いと認めます。しかし、能力のない人の世襲はやめてね。うわっ。いろんな意見の生まれそうなとこへ踏み込んだ。無視で・・・^^(汗)

ということで、32話最終で、モッラス博士の大決断です。王を大学舎に案内して、「あそこに見えるは四男だよーん」って言っちゃいました。(もちろん、こんな言い方では無いです。^^)すでに慣れてきましたが、ここで次週へ続くです。いったいどうなるんだぁ~~~~~(叫び)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月17日 (月)

韓国ドラマ「宮」6話まで

韓国ドラマ「宮」6話まで見ました。チェギョン(ユン・ウネさん)が、ますます輝いています。泣いたり、笑ったり、くやしがったり、怒ったり、・・・・この感情の変化を、ユン・ウネさんが本当に可愛く演じています。私の好きなチェ・ガンヒさん(「あんぱん」ではまった)とはちょっと違う感じなんですが、ひいき女優に仲間入りしてしまいました。(「ソドンヨ」のク・ヘソンさんに通じるアイドル系だけどね^^)シンはチェギョンのようなタイプの扱い方に慣れてませんので、言葉がきついですが、心の中はすっごいやさしさを隠しています。クールさの中に、このわずかに覗くやさしさが、大きな魅力となっています。

以下、ネタバレ

5話のベストシーンはCDを聴いてるシンに、チェギョンが聞こえていないと思って「ヒョリンが好きなの?本当はヒョリンと結婚して、今よりずっと幸せな顔をしてたんだろうね。でも、あんたがあの子と結婚すると思うとそれはもっといやで・・・」と密かな心情を吐露するシーンです。シンのCDは動いていませんので、そのままシンに聞こえて伝わってしまいます。すでに2人は対外的には夫婦ですが、ヒョリンへのプロポーズが断られたシンと、あこがれはあったものの家の事情で結婚に踏み切ったチェギョンとの恋愛はまだまだ進行中です。ここでのチェギョンの気持ちを表現した、微妙な進展のさせかたがうまいといえます。
いろんな場面で、効果的に出てくるユルも忘れてはなりません。ユルは初めからチェギョンを可愛いと思ってますので、チェギョンの良い話し相手になっています。(6話でユル、なにげにチェギョンの手を握っちゃまずいだろ^^一応人妻じゃん^^)チェギョンのユルへの気持ちは気楽な友達みたいで、シンへは、喜怒哀楽を揺さぶられる相手みたいですので、やはりシンの勝ちとなるのでしょう。現実社会では、気楽な友達のほうが、いっしょにいて楽しいとなって、恋愛に発展するケースのほうが多いと思いますね。

6話は、チェギョンとユルを見つめるシンの感情が表現されてきます。シン曰わく「どうせ俺たちは、お互いを満たすことのできない仲かもしれない だけど・・・」その次の言葉を言え~「だけど」どうなんだ~。はい。視聴者の皆さん、想像してくださいということですね。シンの気持ち何となくわかりました。シンが卵を投げつけられた後、宮でのシンの言葉「誰もそばによってこない時こそ、お前が・・・空気読めなくてマヌケなことをする得意技をやってほしかったな。そしたらもっと楽になっただろうに・・・従弟と仲良くおしゃべりしやがって・・・」シンも次第にチェギョンを必要としてきているわけです。はい、おまちかね。ここで名シーンです。チェギョンの背中ピタッ攻撃炸裂!シンの背中に抱きついて「ごめん・・・」。いやあ、見ているほうもドキドキものでしたよ。いいなぁ^^。   ユン・ウネさんは、熱愛説(?)の飛び交うキム・ジョングクさんのMV「愛しているという言葉」に出ていますが、ここでも背中にピトッってひっつくのをやっています。

まいったのが、皇太后の言葉「たとえ皇帝が全国民から、仰いで見られる立場にあっても、若さを羨まずにはいられないでしょう」 皆さんも若いうちにやりたいことをやっておきましょうね。^^だんだん体力がなくなってきますから・・・(ええい、もうちょっと若かったら、体力勝負のテニスに持ち込めるのに・・・「相手より1本だけ多く相手コートに返すんだぁ!」よく部活で言われた言葉です。わけわからん独白^^本当に突然のテニスネタでした。)

シーンごとに変わるチェギョンの服装がとってもきれいで、次はどんなのを着るんだろうと大きな楽しみとなっています。服装に目を向けたのは「ごめん 愛してる」のイム・スジョンさん以来ですわ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年7月13日 (木)

韓国ドラマ「波乱万丈ミスキムの10億作り」6話まで

韓国ドラマ「波乱万丈ミスキムの10億作り」を見ています。6話までみました。結婚式直前に新郎に逃げられたキム・ウンジェ(キム・ヒョンジュさん)と借金を抱えてしまったパク・ムヨル(チ・ジニさん)とのコメディです。キム・ヒュンジュさんといえば、映画「ホワイトクリスマス~恋しくて、逢いたくて」←(これって ソン・スンホン, キム・ヒソン共演なんで今から考えるとけっこうすごい配役ですが、韓ドラ見はじめの頃に見たため、両者の初見印象はたいしたことなく、キム・ヒョンジュさんの清純な可愛さが印象に残りましたよ。キム・ヒソンさんの化粧がきつくて、変な女と思ったなぁ。)ドラマ「商道」←(ストーリーとしては十分おもしろく再度見てもよいと思う良作ですが、キム・ヒョンジュさんの役としてはいまいちでしたね)「ガラスの靴」←(いわずとしれた有名作。強烈なキム・ミンソンさんの印象が強いドラマ。キム・ヒョンジュさんは可愛く撮れてました。ちょっと長いのでしんどいけど見てもよいドラマかな)「土地」←(長すぎる・・・いつかおもしろくなると信じて見た私がバカでした。キム・ヒョンジュさんとしての可愛さは、あまりなく、強さが出てましたね)と見てきましたが、可愛い役や落ち着いた役でした。さて、ここでは、これらのイメージを吹っ飛ばす強烈なコメディに挑んでいます。まあ、コメディも良いですが、私としては、せつなく可愛い役のほうが好きですね。
で・・・チ・ジニさんのほうですが、これは、「チャングム」や「ジュリエットの男」での印象を持ってきますと、こけるくらいの変身ぶりです。まあ、これもありでしょう。まだ、中盤前ですので両者が今後、どう演じていくかで、このドラマの今後の評価が決まります。笑いを狙うだけでなく、どこかでホロッとさせてくれれば、良いのですが・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月10日 (月)

韓国ドラマ「宮」4話まで

韓国ドラマ「宮」4話まで見ました。噂に違わずおもしろく見ています。映像・色彩感がとってもきれいで、おまけに、チェギョン(ユン・ウネさん)の着ている服がセーラー服を除き、見どころとなっています。女性の視聴者は、2人の王子、シンとユルのどっちが良いかで悩むそうですが、わたしゃ・・チェギョンとヒョリンのどっちがよいかで悩みそうな感じですね。美人のヒョリン(ソン・ジヒョさん)がシンに「私を待たなかったこと一生後悔するわ。ゲームオーバーね」と言って視線を上げた表情なんて、クラクラもんです。Gung1 今後の展開知りませんが、仮に悪女になっても、許しちゃいそうです。一転してチェギョンですが、全体にコミカルな演技が多いため幼く見えるのですが、ちょっとした髪型の感じや服装ですごく大人びた感じになるため、そのギャップがとっても良いです。4話最後に「どうしてこんなに虚しいんだろう」とため息をつくシーンでは、可愛いを通り越して、とっても美しく撮ってもらっています。韓国のカメラの人って、本当に女優さんをきれいに撮りますねぇ。このあたりは、日本のドラマが負けてるような気がします。Gung2 今のところ、導入部のためか振り返って考えるとドラマの内容自体は、密度が濃いわけではないのですが、キャラクター、服装、調度品などの設定がうまくできているため、興味を持たせることに非常に成功しています。今後の展開としては、あのぶっきらぼうのシンがチェギョンによって、こわれていく(?)のだろうと予想してますが、どうなんでしょう。いやぁ、Mnet様、土曜、日曜の楽しみを与えてくださいまして、ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 7日 (金)

韓国ドラマ「ソドンヨ」30話まで

韓国ドラマ「ソドンヨ」30話まで見ました。サッカーワールドカップで、なかなか他のドラマを見ることができません。早起きもつらいしね。で、この「ソドンヨ」ですが・・・・怒濤の29~30話でしたね。展開の早いこと。

傷ついた太子を看病するチャンが弟だと判明するやいなや、太子は、いなくなるし、チャンは身分を証明する珠もあれやこれやで、手放しているし・・・おまけに、30話最後にギルの策略きたーーー。そうくると思ったんです。4番目の王子が犯人だと言わせる・・・。ここで次週へ続くですか。これで、しばらくチャンが王子として世に出てくる方法はなくなったでしょう。この脚本って、恋愛を描かせたらヘタですが、この政治的な混乱@@を描かせたら、チャングムみたいにイライラしてうまいです。しかし、百済王子を暗殺しようとする刺客の行く末なんて、ミエミエでちょっと頭がよければ誰もやりませんよ。だって利用した方からすると、最も危険な人物ですので、普通は仕事終了後に殺してから、「死人に口なし」ということで、罪をひっかぶせるのではないでしょうか。^^だいたい、秘密を共有して成り上がっても、秘密を共有する仲間が多いほど、年月が経つにつれて、貧富の差が生じ、そのうち「俺には失うものがない」とかいって、仲間どおしで強請る奴がでてきます。自分が落ちぶれて、成功している仲間を強請らないような人物は、通常悪事をはたらきません・・・。唯一成功する方法は、自分だけでこっそり暗殺する方法か、自分以外の秘密を知る人間を皆殺しにする方法でしょうね。そして、自らは暗示にかけて夢だったと思いこんで忘れるってのがベストかな。ありゃ、ちょっと過激でしたか^^。どう考えてもギルの立場も危ないと思います。
さて、いろいろなところで、すれ違いを生じさせてますが、ちょっと不自然さを感じるところが突っ込める物語です。でも・・次はどうなるんだぁ~(叫び)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 2日 (日)

韓国ドラマ「宮」第1話見ました。

韓国ドラマ「宮」始まりましたね。録画したのを即見てしまいました。イギリスや日本のように、君主が今の時代に韓国にも残っていたら・・・という設定です。漫画が原作だけあって、いかにも漫画的なコメディです。1話の印象は、主役チェギョン役を演じるユン・ウネさんが光、輝いています。NG集をちょっと見てたので、ユン・ウネさん注目だったのですが、それを上回るおかしさです。役としては落ち着いた感じのイ・シン(チュ・ジフンさん)、めっちゃ美人系ミン・ヒョリン(ソン・ジヒョさん)との対照も上手です。祖父との約束により、ひょんなことから、皇室に嫁入りして皇室をひっかきまわす(?)チェギョン。チェギョンの家族を含めこの配役、設定ですでに十分成功しています。今後、第2継承権をもつイ・ユル(キム・ジョンフンさん)が海外から戻ってくるみたいですので、この4人で進んでいくのでしょう。全員が若いので、私としては、「若いっていいなぁ」と思わせられそうで、それが、ちょっと怖いです。

日本の皇室に嫁入りするケースを見てもわかるように、皇室って、わけわからないしきたり、きまりがあるのでしょうね。それが、伝統と言ってしまえば、それで終わりなんですが、ここに、平凡な女子高校生が飛び込んだらどうなるか?というわけです。ある程度、年をとった女性なら、嫁入りを決めた時点で、伝統に逆らわないと思いますので、物語ができません。まあ、想像するに・・・お付きの人やらSPやらにかこまれ、マスコミにも注目されるという人生になってしまいますので、生まれながら・・で無ければ、相当のストレスが生じると思います。しかも、どっかの国みたいに、「男子の世継ぎを!」なんて言われ続けたりしたら、私は世継ぎを産むための保育器か?とおかしくなってしまいます。夫の十分な精神的なケアーは必須ですよね。

予告編で、サラッとシンが言ってました、「何が悲しくて自分が好きな人を、一生、宮廷で人形みたいに過ごす皇太子妃にさせなきゃならないんだ?」 皇室の哀しさを知るが故に、好きな人をそこに引き込めるだけの根性があるかどうか。今のところ、シンは、退屈だからチェギョンと結婚するみたいですが、この時点で愛があれば、それは悩みとなったはずです。障害の無いところにドラマチックな愛は無い(言い過ぎ^^)と思いますので、今回のこの障害は、いままでにない新しさがあります。皇室の伝統VS恋愛・・さあ、どっちが勝つのでしょう。^^楽しみなドラマです。

ありゃ、ミュージックオンTVでも「宮」スペシャルですか?ちょっとあおりすぎじゃない?ヤバイ、このスペシャル・・・ストーリー見せすぎ^^途中で見るのやんぺ~~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »