« 韓国ドラマ「ソドンヨ」28話まで | トップページ | 韓国ドラマ「ソドンヨ」30話まで »

2006年7月 2日 (日)

韓国ドラマ「宮」第1話見ました。

韓国ドラマ「宮」始まりましたね。録画したのを即見てしまいました。イギリスや日本のように、君主が今の時代に韓国にも残っていたら・・・という設定です。漫画が原作だけあって、いかにも漫画的なコメディです。1話の印象は、主役チェギョン役を演じるユン・ウネさんが光、輝いています。NG集をちょっと見てたので、ユン・ウネさん注目だったのですが、それを上回るおかしさです。役としては落ち着いた感じのイ・シン(チュ・ジフンさん)、めっちゃ美人系ミン・ヒョリン(ソン・ジヒョさん)との対照も上手です。祖父との約束により、ひょんなことから、皇室に嫁入りして皇室をひっかきまわす(?)チェギョン。チェギョンの家族を含めこの配役、設定ですでに十分成功しています。今後、第2継承権をもつイ・ユル(キム・ジョンフンさん)が海外から戻ってくるみたいですので、この4人で進んでいくのでしょう。全員が若いので、私としては、「若いっていいなぁ」と思わせられそうで、それが、ちょっと怖いです。

日本の皇室に嫁入りするケースを見てもわかるように、皇室って、わけわからないしきたり、きまりがあるのでしょうね。それが、伝統と言ってしまえば、それで終わりなんですが、ここに、平凡な女子高校生が飛び込んだらどうなるか?というわけです。ある程度、年をとった女性なら、嫁入りを決めた時点で、伝統に逆らわないと思いますので、物語ができません。まあ、想像するに・・・お付きの人やらSPやらにかこまれ、マスコミにも注目されるという人生になってしまいますので、生まれながら・・で無ければ、相当のストレスが生じると思います。しかも、どっかの国みたいに、「男子の世継ぎを!」なんて言われ続けたりしたら、私は世継ぎを産むための保育器か?とおかしくなってしまいます。夫の十分な精神的なケアーは必須ですよね。

予告編で、サラッとシンが言ってました、「何が悲しくて自分が好きな人を、一生、宮廷で人形みたいに過ごす皇太子妃にさせなきゃならないんだ?」 皇室の哀しさを知るが故に、好きな人をそこに引き込めるだけの根性があるかどうか。今のところ、シンは、退屈だからチェギョンと結婚するみたいですが、この時点で愛があれば、それは悩みとなったはずです。障害の無いところにドラマチックな愛は無い(言い過ぎ^^)と思いますので、今回のこの障害は、いままでにない新しさがあります。皇室の伝統VS恋愛・・さあ、どっちが勝つのでしょう。^^楽しみなドラマです。

ありゃ、ミュージックオンTVでも「宮」スペシャルですか?ちょっとあおりすぎじゃない?ヤバイ、このスペシャル・・・ストーリー見せすぎ^^途中で見るのやんぺ~~。

|

« 韓国ドラマ「ソドンヨ」28話まで | トップページ | 韓国ドラマ「ソドンヨ」30話まで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145819/10757417

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国ドラマ「宮」第1話見ました。:

« 韓国ドラマ「ソドンヨ」28話まで | トップページ | 韓国ドラマ「ソドンヨ」30話まで »