« 韓国ドラマ「波乱万丈ミスキムの10億作り」見終わりました | トップページ | 韓国2部作ドラマ「ピングオリ」を見ました。 »

2006年7月24日 (月)

韓国ドラマ「宮」8話まで

韓国ドラマ「宮」8話まで見ました。このドラマは良いですね。今の所、ストーリー的な深さは無いものの、おもしろさ、楽しさという点で、群を抜いています。安心して、人に勧められます。
7話はチェギョンの里帰りが描かれました。ここで、同じ部屋のベットに寝ることになったチェギョンとシン。夫婦ですので、問題はありません。チェギョンはシンの背中に魅力を感じてしまい、ピトッってくっつく誘惑に誘われてしまいます。このベットシーン(言葉はやらしいが、ドラマでは健全です^^)のおもしろいこと。よだれズルリってのも大笑いです。後で、シンも白状しますが、「自分も健康な男なんで・・・ムラムラして寝られない」そりゃ、そうですよ。うん、若いっていいなぁ。
8話は、屋根裏の名シーンが出てきます。シンの密かな隠れ場である屋根裏部屋にシンがいるのを見つけたチェギョン。ここで、偶然2人抱き合ってぶっ倒れるシーン。ここでのチェギョンの心の声がおもしろい。「さあ、次のステップに移るのよ。」ってやつです。このあたりのユン・ウネさんのブリッコ演技には脱帽です。Gung3 「携帯ぐらい切っといてよ」と言いながらシンをツンとつつく。可愛すぎますね。シンは、ヒョリンのこともまだ、気持ちが残っているみたいですので、まだまだ明確な態度を示しません。でも、ちょっとずつ、ちょっとずつチェギョンへ向かう気持ちが表現されて行きますので、微笑ましいです。おや、普通なら、態度を明確にしない人は嫌いとなる感想が、どうしてこうなるのでしょう。妻というチェギョンの立場が、明確に強いものですし、その立場が決まって、後から恋愛にはまっていくというパターンに安心感があるからでしょうね。でも、次回の予告編は強烈です。ヒョリン・・・何するんだぁ!(いいけどね)。

|

« 韓国ドラマ「波乱万丈ミスキムの10億作り」見終わりました | トップページ | 韓国2部作ドラマ「ピングオリ」を見ました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145819/11085731

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国ドラマ「宮」8話まで:

« 韓国ドラマ「波乱万丈ミスキムの10億作り」見終わりました | トップページ | 韓国2部作ドラマ「ピングオリ」を見ました。 »