« 韓国ドラマ「宮」10話まで | トップページ | 韓国ドラマ「Dr.ギャング」見はじめました。7話まで »

2006年8月 3日 (木)

おまけアニメ「ごめん 愛してる~空白の1年」ってのを見ました。

韓国ドラマ「ごめん、愛してる」のDVD-BOXの特典映像として添付された「ごめん、愛してる~空白の1年」というのを見ました。Sorry これは、最初15分くらいは、「ごめん、愛してる」の名場面をオムニバスでアニメ化しています。その後の20分くらいを、ムヒョク@@後からオーストラリアでのウンチェ@@までを埋めるような話がでてきます。アニメなんですが、人間の才能というのはすごいものがありまして、勝手にイム・スジョンさんとソ・ジソプさんに頭の中で置き換えて見ることができましたので・・・泣けること泣けること^^。いやあ、パブロフの犬状態です。

こっから、すっごいネタばれ

病院へ搬送されるムヒョク。手術中のランプ。そして病室・・・まだ、眠っているユンの病室を訪れるウンチェ。ユンのそばに座り、眠っているユンの胸にそっと耳をあて、心臓の音を聞くウンチェ・・・(セリフいりません。イム・スジョンさんが演じてるように、きれいに頭の中で変換できました。映像でとったらすごくきれいなシーンになるでしょう)
そして、ムヒョクの形見の携帯電話をウンチェは受け取ります。ここからは、ムヒョクの携帯がムヒョクの代わりになります。(しゃべらない無言の演技がソ・ジソプさんに通じるものがありますか?^^) 自分の部屋で、その携帯に向かって電話するウンチェ。すぐそばに置いたムヒョクの携帯電話が着信のため光ります。「ムヒョクさん、出てよ。そこにいるんでしょ。意地悪しないで出てよ~」と電話するウンチェ・・ときたら・・・はい、もちろんボロボロ;;です。こんなアニメでやられるとは不覚です。きっと、本編見てない人が見たら、たいしたことのないアニメなんでしょうね。想像力で、勝手に違うものにしてしまいます。
そして、ムヒョクの携帯には「今日も、バカみたいにあなたを待っていたわ。」「そばで見てくれてるんでしょう?私もあなたの顔が見たい。」「ユンに指輪を渡したよ。私、しっかりしてる。」というようなウンチェからムヒョクへのメールがいっぱい。そして「ごめんなんて言わないで、愛してる」とメールを打って自分の携帯とムヒョクの携帯を部屋に並べて置いて、オーストラリアへ向かいます。

「ごめん、愛してる」に対して「ごめんなんて言わないで、愛してる」です。;;

第12話の名シーンが目に浮かびます。12話ウンチェの家の前でムヒョクに抱きしめられながら言うウンチェの言葉 「仮に、もしもユンになにかあっても、あなたのそばには、いかないわ。何があっても、いかないわ。・・・死んでも・・・だからあなたは自分の道を行って・・・生まれ変わって会うことにしよう。あなたと私はこの世では結ばれないみたい・・・生まれ変わって会えたら、その時は何があっても、あなたを離さないから・・・」 私、本編を初めて見た時は、この言葉がそんなに強烈な意味をもつものとは気がつきませんでしたよ。

でも・・やっぱりアニメじゃなく、イム・スジョンさんとソ・ジソプさんで、単発ドラマでいいからやってほしかった「空白の1年」でした。

|

« 韓国ドラマ「宮」10話まで | トップページ | 韓国ドラマ「Dr.ギャング」見はじめました。7話まで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145819/11243469

この記事へのトラックバック一覧です: おまけアニメ「ごめん 愛してる~空白の1年」ってのを見ました。:

« 韓国ドラマ「宮」10話まで | トップページ | 韓国ドラマ「Dr.ギャング」見はじめました。7話まで »