« 韓国ドラマ「ミスターグッドバイ」6話まで見ました。 | トップページ | 韓国ドラマ「ぶどう畑のあの男」第一話を見てみました。 »

2006年9月29日 (金)

韓国ドラマ「ソドンヨ」54話見ました。

韓国ドラマ「ソドンヨ」54話見ました。さあ、冒頭いきなりの百済皇帝チャンからウヨン姫への暴言です。「これまでのことは、すべて皇后になるためだったのか?」とチャンに言われては、ウヨン姫の心、愛はどうなってしまうのでしょう?。ウヨン姫応援派の私・・・見ているほうが胸が痛みます。しかし、やはり、この54話で、ウヨン姫の愛を見せてくれました。私としては、これまで見てきたソドンヨ最高のシーンがこの回にあります。(ソンファ姫じゃないとこが笑える^^)泣きながら座り込むウヨン姫に近づくチャンのシーンと、後日同じ場所でのチャンとウヨン姫のシーンです。ここは、ネタばれしたくないので、書きません。

いやぁ、ウヨン姫、あなたがいなかったら、このドラマは、なんて寂しいドラマになったことでしょう。本当にありがとう。ずっと前にソドンヨの感想(36話の感想だね)で書いたように、プヨソン側のウヨン姫がチャンに惚れたら、相当おもしろくなるなぁと思ったんです。予想以上に、おもしろくなりましたね。ソンファ姫の恋のほうは、やっぱりパスって感じです。「今世がだめみたいなので、来世で・・・それがだめなら、次の世で・・・それでもだめなら、次の世で・・・」というウヨン姫の言葉、とってもせつないです。そこで、また、韓国ドラマ「ごめん 愛してる」病で、「おじさんと私、今世では、結ばれないみたい」というウンチェの言葉、そして、韓国ドラマ「宮」病で、チェギョンがユルに言った言葉「2500万年後に私と出会っても逃げて!その時も私シンを好きだから・・・」だったけ、思いだしましたよ。日本のドラマでは、すでに死語となっているみたいですが、「来世では結ばれよう」というのが、韓国ドラマではよく出てきます。日本のドラマで日本語でこの言葉言われたら、よほどのドラマでなきゃ、寒い風がふいてきて、ちょっとひいちゃうかも・・^^。

でもって、ウヨン姫の余韻に浸っていたときに、ギル登場!そうか、この人の処置を行わないといけなかったのね。婚礼前の宴で、チャンに刃を向けるギル。自分の運命を呪うギルですが、チャンに言わせれば「自分で変えることのできた人生だから、運命ではない。自分で選択した道だ」ということです。確かに、自分の現状を振り返って、過去に後悔するシーンがあるとしても、その時は、自分が選択していますね。結局は、自分の責任なんです。韓国ドラマ「宮」的にいうと「私が選んだの!私の人生は私が責任を持つから・・・」ということです。(そろそろ「宮」と「ごめ愛」から離れろって^^)

でも、ほんの少しの勇気を持ち、つまらないプライドを捨てれば、また目の前に違う道が開かれるかもしれませんよ。

|

« 韓国ドラマ「ミスターグッドバイ」6話まで見ました。 | トップページ | 韓国ドラマ「ぶどう畑のあの男」第一話を見てみました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145819/12079220

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国ドラマ「ソドンヨ」54話見ました。:

« 韓国ドラマ「ミスターグッドバイ」6話まで見ました。 | トップページ | 韓国ドラマ「ぶどう畑のあの男」第一話を見てみました。 »