« 韓国ドラマ「ミスターグッドバイ」見終わりました。 | トップページ | 韓国ドラマ「ぶどう畑のあの男」3話まで »

2006年10月 9日 (月)

おとりよせ七味食べ比べ?とチョウン

今回の表題は何なんでしょう?^^全然違う話が2つ入っているのさ。

まずは、おとりよせグルメのお話です。

うどんを食べていて、ふと、七味唐辛子(ハウスの香り七味)を入れたら、妙においしかったので、ちょっとネットで七味唐辛子を注文してみました。七味唐辛子といえば、日本三大七味唐辛子である東京・浅草寺門前「やげん堀」、京都・清水寺門前「七味家」、長野・善光寺門前「八幡屋磯五郎」が有名なのだそうです。調べるとそのあたりのウンチクを書いてあるサイトが見つかるもので、けっこう勉強になりました。ネットでは、やげん堀は注文しにくかったのでパスして、「七味家」と「八幡屋磯五郎、中辛・小辛」と京都「原了郭、黒七味」を注文してみました。さて、これらをうどんや豚汁に入れて食べ比べをしてみました。ひと言で言うと、京都系は、香りがきつい。八幡屋磯五郎は、辛い(八幡屋磯五郎、小辛のほうにすると山椒がきいてちょっと違った感じ)。で、どれがおいしいのかというと困った^^。うどんには、八幡屋磯五郎中辛が良いと思ったんだけど、ちょっと、別の香りを楽しもうとすると京都系がOKとなります。「原了郭、黒七味」はごまの香りが良くて、七味というよりちょっと別の香辛料ですかね。辛みがひかえめなので、なんにでもかけて楽しめそうです。結論からいうと、どれも、うまい(?)・・・・ような気がする。直接、舐めたら山椒で、舌がしびれてわからん。もう一度買えといわれたら、特徴ある「原了郭、黒七味」を買うかなぁ^^。意外なのは、ハウスの香り七味は、ミル付きで、挽いてから使用するためか、けっこうおいしいことでした。とういことで、食べ比べは失敗に終わりました。何やってんだろうね。

閑話休題・・・

最近、KpopのMVを見ていて、好きなのがチョウンさんの「反省文」という曲のMVです。ネットで検索するとき、チョヨンとしばしば間違えます。チョヨンは、昔のTV 番組 「 ウッチャンナンチャン の ウリナリ 」 ジニーちゃんです。韓国ではセクシー系の歌手として成功しましたね、で、チョウンさん・・・こちらは男性でして、「反省文」は3集アルバムに入っているのですが、ここで、2集の「悲しい恋歌」も手に入れちゃいました。ずーと前にKNTVで、ドラマ「悲しき恋歌」のMVがかからないかなとチェックしていたときに、アレッ題名が似ているんだけど違う!って印象に残っていたチョウンさんの「悲しい恋歌」です。どっかにこのMVの録画があるはずと思って探した探した・・・・見つけた。2005年3月頃の番組で録画してました。よくあったもんだ。このMVもドラマ仕立てになっていて良いです。ネットでは、YouTubeでChoeunで検索してSad Love Songで簡単に試聴できます。この歌の良いところはというと、ひとえに「とっても会いたいのに、本当に会いたいのに」というサビの部分が大声で歌える!。これに尽きます。車の中で、これがかかると、突然サビの部分で歌い出す私・・・外に聞こえてたら相当、変です。・・・チョウンさんは、韓国ドラマ好きならみんな知ってる「バリでの出来事」の主題歌(?)「だめなのか」を歌った人で、2集には、この曲のダンスアレンジみたいなのが、入っています。「バリでの出来事」では、重々しく「サラソン ナ アンデゲンニ・・」でねっとり歌っていましたが、この2集の「だめなのか」では、いきなりレコードギコギコから始まりましたので、あ~CD壊れたと思いました。^^しかし、それはアレンジで、慣れるとねっとりより、ダンス系のこっちのほうが好き!。重々しいほうの「だめなのか」もYouTubeの検索で [MV]What happened in bali で出てきます。しかし、YouTubeってすごいわ!いいのかぁ^^

|

« 韓国ドラマ「ミスターグッドバイ」見終わりました。 | トップページ | 韓国ドラマ「ぶどう畑のあの男」3話まで »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おとりよせ七味食べ比べ?とチョウン:

« 韓国ドラマ「ミスターグッドバイ」見終わりました。 | トップページ | 韓国ドラマ「ぶどう畑のあの男」3話まで »