« 韓国ドラマ「ぶどう畑のあの男」12話まで | トップページ | 韓国ドラマ「ラブレター」5話まで »

2006年11月15日 (水)

韓国ドラマ「ラブレター」見はじめました。2話まで

すでに、多くの人が見終えているとは思いますが、韓国ドラマ「ラブレター」を見はじめました。2話まで・・。

神父になると決めているチョ・ヒョンジェさん演じるイ・ウジン(アンドレア)と彼に切ない目を向けるチョ・ウナ(スエさん)そして、ウナを愛するチョン・ウジン(チ・ジニさん)の物語みたいです。韓国ドラマお約束とも言えるウジンの出生の秘密(お母さん生きてるの?)と大きな障害(神父は神に仕えますので、女性には仕えません。2股になりますもん)を含んだドラマですね。チョ・ヒョンジェさんは、私としては、ちょっと「ソドンヨ」を引きずってまして、しゃべりを聞いているとそっちを思い出します。困ったものですわ。

注目はもちろんスエさんですね。スエさんは、しゃべると声が低いので、大人っぽい感じがして、高校生の役はちょっと違和感ありました。いきなり、平手打ちも見せてくれましたので、期待どおりです。(いや、そんな期待はしてないって・・(笑))「海神」「4月のキス」とどっちかいうと、苦手な女優さんなんですが、このドラマでは、・・・・・

はっきり言おう。可愛い(*^_^*)。

これは、私にとっては、とっても意外な感情です^^。2話にて、いきなり見せた切ない表情と笑顔にイチコロです。2話の表題は「渡せなかった手紙」です。海辺でのシーンでのスエさんのきれいなこと。この手紙の内容の気持ちを、アンドレアに伝えようとしたら、ウジン(アンドレア)のほうから、「もう抑えることができない」なんて言われます。「え~~~私に恋の告白なの~」とウナ、目をキラキラさせていたら、いきなりの神父になりたい発言ですから・・・。がーん。神父発言で、地獄に突き落とされるウナでした(可哀想だ)。 それでも、ウナは、アンドレアが神父になるのは、まだ先だよねと言い聞かせて、立ち直ろうとします。2人で大学に合格して、一緒に住むことになり、とても幸せそうなウナが見られます。ウナが、アンドレアに、ネクタイを結んであげるシーンでは、もはや新婚夫婦を見ているみたいにこっちが、恥ずかしくなりますが、しっかり見ました。なんかけっこうなドキドキシーンでしたよ。どう考えても、スエさんの役は、切ないものとなりますし、おまけに可愛く見えるとくりゃ、たまりませんなぁ~~~。以後、期待~。

|

« 韓国ドラマ「ぶどう畑のあの男」12話まで | トップページ | 韓国ドラマ「ラブレター」5話まで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145819/12692593

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国ドラマ「ラブレター」見はじめました。2話まで:

« 韓国ドラマ「ぶどう畑のあの男」12話まで | トップページ | 韓国ドラマ「ラブレター」5話まで »