« SeeyaのMV 「ミウォヨ」? | トップページ | 韓国ドラマ「ホジュン」見終わりました。 »

2007年1月31日 (水)

韓国ドラマ「ファンタスティック・カップル」6話まで

韓国ドラマ「ファンタスティック・カップル(幻想のカップル)」6話まで見ました。5話は、ちょっとトーンダウンして、つなぎって感じがしました。ここでは、アイロンのシーンがよかったですね。新品の服がしわくちゃと嘆くアンナに、チョルスはアイロンをかけてあげます。アンナは素直じゃありませんから、感謝の気持ちを表現できません。でも、なんだかんだと言っても、アンナは楽しいんですよね。お金では買えない体験をいろいろしているわけですから。チョルスに危ないといわれて手を握られて、ちょっと意識しちゃったっていうアンナの表情が可愛いです。

一方、対抗のユギョン(パク・ハンビョルさん)の登場シーンが増えてきて、チョルス(オ・ジホさん)の周りをうろつきます。「チョルスのタイプは、なよなよ、にっこりで花束を持って歩くユギョンタイプよ」って聞かされたりしますので、結果として、アンナは、だんだんとチョルスを意識していきます。それは、自分も気がつかない嫉妬という感情なんですよ。ここで、「なよなよ、ニッコリ、花束」を兼ね備えてる女性でガンジャを持ってきましたか?大笑いです。本当にこのガンジャという女性の存在がアクセントとして効いています。強烈な個性を発揮するアンナに対して、抜けてるガンジャ・・・この対比にもかかわらず、2人並ぶとアンナがガンジャタイプに見えてしまうのです。この演出はすごいですし、笑えます。

灯台のペンキ塗りシーンでも、憎まれ口をたたき合っていますが、アンナとチョルス2人とも楽しそうです。おっと、ここに婚約解消をくらったユギョン登場で、チョルスの腕の中へ・・・。アンナの心境はいかに?ってところで5話終了。

さて、6話です。いよいよチョルスの甥っ子たちが活躍してきます。子供がからんでくると人情話は味わい深くなるわけでして・・・アンナと一緒ににジャージャー麺を食べに行く子供達。アンナは口ではうっとおしそうですが、なんだかうれしそうに見えます。ところが、ここにユギョンが登場して子供達はユギョンとピザを食べに行く方を選択するんです。「家族は一緒に食事をする。アンナは家族じゃないから大丈夫」子供の言葉が実はアンナの心に突き刺さっているのを感じます。アンナの欲しいものは家族なんですから。

農作業を手伝い、マッコリを飲んだアンナのシーンはとっても良いです。マッコリを飲んで頬を染めたアンナはとてもきれいなんですよね。「今、あなたが、私を好きで一緒にいるとは思ってないわ。行く当ても記憶も無いから一緒にいるんでしょ。あなたは結構いい奴だから、行くあてができるまでは、ずっと・・・いい奴でいて」と酔ったアンナに言われたチョルスは、良心が痛みます。記憶が無いことを利用して、家政婦扱いしてきた自分の行動が間違っていたと思ったんでしょう。もう、家に帰すべきだとチョルスは思いましたが、アンナの身元を調べる手がかりは、夫の部下コン室長によって、しっかり消え去っていて、どうしようもありません。

本当にアンナの性格設定が上手にできている脚本です。また、1週間が長い~~(泣)

ちなみに、アンナの強烈なゲロのシーンはNG番組によると、ヨーグルトをしこたま口にいれて撮ったみたいです。

ついでに、ユギョンのウェディングドレス姿は、相当きれいです・・・・^^。

ただいまメインは「ホジュン」視聴中ですが、その次に見るドラマは、チョン・ダビンさん、ハン・イェスルさんの「その夏の台風」かキム・テヒさん、ハン・イェスルさんの「九尾狐外伝」のどっちかでしょうね(笑)でも、どこにあるんだろう?探さなくっちゃ^^。

|

« SeeyaのMV 「ミウォヨ」? | トップページ | 韓国ドラマ「ホジュン」見終わりました。 »

コメント

こんばんは!
確か やや苦手なはずのオ・ジホさんとハン・イェスルさんなのに、2話で 早くも、凄くステキに感じながら、見入っています。アンナは、金持ちで 世界は全て自分中心に動いていると思って生活していますから、記憶喪失になっても、傲慢な女性のままです。それなのに、病院のシーン・・良かったですよね!私も、「捨てないで・離れるのはイヤ」というアンナには、じ~ん(涙)ときました。チョルスの服を握ったり、ジャージャー麺を急いで食べたり・・・
アンナは、今まで 人の温かさに接してこなかったので、チョルスの何気ない仕草に 温かさを感じると感激!私は、手首を温めてもらって、気持ちいいと感じたアンナが とても可愛く、イェスルさんの魅力に惹かれています。。。チョルスとアンナが、洗濯したり 灯台のペンキ塗りの場面は、仲が良くて恋人同士みたい。それに対して、ユギョンのことが 本当に好きだったの?と疑ってしまうチョルスの表情・・私だけかな。
店で 一人ジャージャー麺を食べるのが嫌で、持ち帰りにしたり、大勢いの中で マッコリを美味しそうに飲むアンナ・・強気の性格の中に 孤独な面が見えてホロり~ エッ、もしかして私が純情?!なんて思ったり(汗 )
ガンジャ・・最高!笑えます!ファッションもピッタリ! そうそう、アンナの 記憶なくしても高慢な歩き方が好きです。普段は膝をつけて歩く私ですが、見た後に、アンナウォークすると 何故か爽快~~です!
早く 続きが見たい、気になります。

投稿: kei | 2009年9月10日 (木) 20時51分

keiさん、こんにちは^^

苦手な役者さんが、見られるようになるのは、きっと、役がうまくはまっているのと、脚本の力です。ドラマを見ているわけですから、見る方は役者さんに対して、好意的に見ようとします。しかし、そこで、演技が下手だったり、顔が好みで無くて嫌だったりすると、苦手へ振ってきます。それは、人の好みの問題なんで、まさにイロイロ。ドラマの感想も、そこにとっても影響されます。
私のドラマの感想でも、ときどき、「この女優さんは好きですから、動いているだけで満足^^」というような表現をしています。でも、苦手だった人が「意外と良い」と思う感情は好きな感情です。だって、苦手(・・・嫌い)って感情はあまり持ちたくないですからね。
最近では、「フルハウス」のハン・ウンジョンさんを「大韓民国の弁護士」で克服しましたし、「真実」のパク・ソニョンさんを「お~必勝・・」「18・29」で克服しました。こうして、克服すると、逆に好きになるのが不思議です。

このドラマの私の感想は、けっこう根性が入ってますから(笑)・・進行に応じて見て下さいね。

投稿: ぼんやり | 2009年9月11日 (金) 06時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145819/13724839

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国ドラマ「ファンタスティック・カップル」6話まで:

» BoA 韓国の歌姫 [BoA 韓国の歌姫]
14歳で日本デビューを果たし、瞬く間に日本、韓国だけでなくアジアを席巻して来たBoA。日本デビュー5年を経過し、20代を迎えたBoAはシンガー、アーティスト、女性として成長し続けてゆく。 [続きを読む]

受信: 2007年2月10日 (土) 22時10分

« SeeyaのMV 「ミウォヨ」? | トップページ | 韓国ドラマ「ホジュン」見終わりました。 »