« 韓国ドラマ「ファンタスティック・カップル」12話見ました | トップページ | 韓国ドラマ「ファンタスティック・カップル」13話見ました。 »

2007年2月24日 (土)

韓国ドラマ「スマイル・アゲイン」14話まで見ました。

韓国ドラマ「スマイル・アゲイン」14話まで見ました。いやぁ~寝た。寝た。2話見るのに何日かかったことか。体調的に疲れたし、寒いのでコタツにずっぽり、入って見ていたということもあり、ぐっすり眠れました。

あら、ドラマの感想でしたね。

何と言いましょうか。気分的に盛り上がらないのひと言です。寝ていてストーリーを忘れるので、私には、何度も楽しめました(皮肉^^)。

ついに、ユガン(ユン・セアさん)の大活躍により、ドラマはあちこちで大問題を発生させているのですが、なにか、いまいち、はまれないところがあります。ユガンは、ダンヒ母の娘捜しに介入して、ダンヒが自分の師サラ・チョンの娘であることにきづきます。そこで、ユガンは、その娘は死んだという偽の情報をダンヒ母に流します。悲しみにくれるダンヒ母・・・無茶苦茶、根性悪い~ユガン。さらに、ジェミョン(イ・ジヌクさん)には、ハジンが接近してきたのは、計画的であり、生命を救ったのもハジンの企みによる結果だとばらします。まあ、これは事実なので、許容範囲ですが、告げ口ですので、腹立ちます。さらに、ダンヒには、嫌みを言って、グチグチといじめます。苦手な女優さんが、腹立つ役をあまりに見事にやってくれますので、感情のマイナスファクターが大きすぎて楽しめなくなっています。

ダンヒは、ハジンとジェミョンの同居の件をハジンが秘密にしていたことを知らされ、またもや裏切られた気分になりました。せっかく良い雰囲気のハジンとダンヒだったのですが、またもや仲違いとなります。私としては、なんかぐちゃぐちゃやってるよ~という印象になってきて、またまたマイナス気分。大抵、こういうドラマには、脇役でとっても善良な人物を配してバランスをとるのですが、それも無いので、つなぎの場面を耐えることができません。

14話、最終で、ついにユガンは、ユガン父に見つかりました。そこへ、駆けつけるハジン・・・まあ、優しいといえるのでしょうかねぇ。親子の問題ですし、好きでもない女性のところへ、駆けつけ、親からの暴力から女性を守るという行動ですので、ちょいと中途半端な感じがしています。女性からしてみれば、助けてくれた男性に好意を持ち、自分も心の底では好かれているんだと勘違いするのは当然でしょうね。だって、勘違いしたいんですから・・。

という感じで次回へ続くです。なんか、スイスやソフトボールといった設定が必要だったのかという疑問も湧いてきています。また、ダンヒの性格設定が浅い(ちょっと単純・・まっすぐ)ところも、ドキドキ・切ない気持ちを誘導できない原因かもしれません。

さて、金曜のKNTVのNG番組の出だしを見たら、「ファンタスティック・カップル」最終シーン撮影風景とか言ってまして、こりゃ駄目だ、見ないでおこうと封印しました。月曜まで、あと少し・・・^^。

|

« 韓国ドラマ「ファンタスティック・カップル」12話見ました | トップページ | 韓国ドラマ「ファンタスティック・カップル」13話見ました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145819/14035446

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国ドラマ「スマイル・アゲイン」14話まで見ました。:

» Korea My love [Korea My love]
Korea大好き!ハマッたきっかけは「フレンズ」のウォンビンだよ♪ [続きを読む]

受信: 2007年2月26日 (月) 20時33分

« 韓国ドラマ「ファンタスティック・カップル」12話見ました | トップページ | 韓国ドラマ「ファンタスティック・カップル」13話見ました。 »