« Mnetで注目(?)の韓国ミュージックビデオが日本語字幕で | トップページ | 韓国ドラマ「大望」4話まで »

2007年3月20日 (火)

韓国ドラマ「大望」を見はじめました。2話まで。

韓国ドラマ「大望」を見はじめました。2話まで見ました。ちょっと、コメディを見ていたので、たまに見る時代劇は、なかなかおもしろいです。出演者の名前を見るとハン・ジェソクさん、チャン・ヒョクさん、イ・ヨウォンさん、ソン・イェジンさん、キョン・ミリさん、チョ・インソンさん、チョ・ヒョンジェさん、ヤン・ジヌさんと、すごいです。彼らが主要な役として、ずっと出ているかどうかは、まだわかりません。

兄弟であるシヨン(ハン・ジェソクさん)とチェヨン(チャン・ヒョクさん)は、商人の家に生まれ、この2人の対照的な生き方を中心に、ヨジン(イ・ヨウォンさん)がからんでくるという感じでしょうか?

チェヨンは、ヨジンを小さい頃から嫁にするといって、何度も求婚していますが、「私のことをあなたは知らない」と言われて、ヨジンにはぐらかされています。ここで、ちょいと、嫌な予感です。素直に結ばれない2人ですから、ヨジンはシヨンのほうへいくのでしょうかね。予告を見たら、ヨジンは身分が高そうだし、こりゃ、チェヨンの恋は、相当つらいことになりそうです。シヨンは、武術を習い、チェヨンは人望を集めながら、商才を発揮するというように、今のところ描かれています。もちろん、子役の雰囲気からひきずって、私は、チェヨンを応援したい気になっていますが、きっと、悲しいことになるのでしょうね。

でだし、チョ・インソンさんが、凄腕の剣士(猟師)として、虎と争うシーンで登場しますが、いつの間にやら、何十年もたって、どうなったんだぁ?って感じです。チョイ役だったの?。

商人であるシヨン父は、なかなか難しいことを言います。人を味方にする方法とはなにか? はい、もちろん、私もシヨンと同じで、金で買うか弱みを握るってのは思いつきました。でも、この関係は、信頼関係が無いため、味方とは言わないようです。シヨン父が言うには、「相手が裏切ろうが、信じ続け、自分を捧げることで、少しの間、人を味方にできる」らしいです。ここからが、難しい。「人は1つを手に入れると2つ目を欲しがり、2つ目を与えないと薄情だと非難する。そして、最後は、命まで欲しがる。命を奪ったら、しばらくは後悔しても、そのうち、楽になるために、人殺しが当然となる。」 とシヨン父は続けます。だから、少しの間は、味方になるけど、最終的に人の欲望を叶え続けることはできないので、味方にできないということなのでしょうか?。そうだとしたら、この人は、人間を信じることができない悲しく、冷徹な人間ということですね。自分を捧げるに足る人間に対して、信頼をよせれば、その信頼は、戻ってくると思います。要は、味方にしたい人の人間性が問題ということです。(わけ、わからんちゃ~~^^)

もう、ひとつの味方をつくる方法というのは、なんだったのでしょうか? 血縁関係を結ぶこと? わかりません。後日、明らかになるのでしょうかねぇ。ひょっとすると、シオンが武術を教えて貰おうと、弟子入りするときに流れる父の言葉がそうなのでしょうか?「まず、自分の味方にしたい人間の欲するところ、興味を持っていることを観察し、それで、人を動かす」というようなことを言ってました。味方とかは、別にして、人の欲している方向がわかれば、行動を誘導しやすいのは確かです。でも、こんなこと考えながら、生きていきたくないよなぁ^^。

人間関係が難解な上に、途中で、何年も経って、風貌も変わるので、誰が誰やら・・・けっこう混乱しています。でも、続きが見たいと思いますので、今のところ良い感じと思います。^^

|

« Mnetで注目(?)の韓国ミュージックビデオが日本語字幕で | トップページ | 韓国ドラマ「大望」4話まで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145819/14321944

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国ドラマ「大望」を見はじめました。2話まで。:

« Mnetで注目(?)の韓国ミュージックビデオが日本語字幕で | トップページ | 韓国ドラマ「大望」4話まで »