« 韓国ドラマ「雪の女王」を見はじめました。2話まで | トップページ | 韓国ドラマ「雪の女王」6話まで見ました。 »

2007年4月10日 (火)

韓国ドラマ「雪の女王」4話まで見ました。

韓国ドラマ「雪の女王」4話まで見ました。いやあ、突然、おもしろくなりました。ごめんなさい。1,2話の感想をひっくり返す感じですね。

母の借金を返すために、ボラの運転手になったテウン・・名前を変えているので、ドゥックです。彼が気になってしかたないボラの感情とプライドの交錯をソン・ユリさんが、なかなかうまく演じてくれていますので、私の苦手意識もちょっと克服できそうな感じです。一方のドゥック役ヒョンビンさんは、語り方が落ち着いていて、とっても良い感じです。ドゥックの隠された賢さがあちらこちらに見え始めて、とっても楽しいです。こういう展開ってけっこう好きなんですよね。本当は、力があるにもかかわらず、封印していて、その能力は知らず知らずに現れてしまうというパターン。なんか、水戸黄門っぽくて、大好き!・・・ちょっと、たとえが違ったかな(笑)。対抗ででてきた、医者のゴヌも、あつかましくて、軽妙でとっても良いキャラクターです。また、ボラとドゥックのからみを見ているとなかなかドキドキ感を誘導されます。さらに、高慢さとプライドをもった女性が、可愛く恋に落ちていくというパターンは「ファンカ」の時と同じく私のツボですので、ちょっとはまりそうなところを持っています。

そして、4話最終で、図書館で童話「雪の女王」の本のことを話すドゥック・・ボラは、ドゥックが初恋、片想いの相手だったことに気づいたのかぁ?ってとこで次回へ続くです。ここでのソン・ユリさんの表情がなかなか良くて、続きが見たくなりましたが、これ以上見ると、睡眠時間が減るので、今日はここまで・・・。早く次を見る時間がこないかなぁと楽しみになりました。ちなみに一気見体制でドラマを見ている時、私は予告はなるべく見ないようにします。予告に次回のネタばれがあることが多いので、次の展開がわかっちゃうと寂しいと思いませんか?

そうそう、ボクサーが金持ちの女性の運転手になるというパターンは「このろくでなしの愛」を思い出させます。あのドラマの男性の名前はボックでしたか?似てますので、いっそうかぶっています。

と・・まずは、ちょっと評価を変えた4話までの感想でした。

|

« 韓国ドラマ「雪の女王」を見はじめました。2話まで | トップページ | 韓国ドラマ「雪の女王」6話まで見ました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145819/14628482

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国ドラマ「雪の女王」4話まで見ました。:

« 韓国ドラマ「雪の女王」を見はじめました。2話まで | トップページ | 韓国ドラマ「雪の女王」6話まで見ました。 »