« SG wannabe+ 4集MV | トップページ | 韓国ドラマ「キツネちゃん、何してるの」を見はじめました。4話まで »

2007年4月17日 (火)

韓国ドラマ「雪の女王」見終わりました。

さて、韓国ドラマ「雪の女王」ですが、感想を細切れにアップするまでもなく、先週の金曜夜(というか土曜朝というか)に全部見終わっちゃていました。途中で止められるようなドラマではありません。眠くなることもなく、後半は、もう一気に行きますよ。

結論から言うと・・・微妙に気になるところはあるにせよ、見て良かったと思えるドラマでした。全編にわたる切なさと、こうきて欲しいと思うところで、期待通り(いや、それ以上)にすすむドキドキシーンに高評価を与えます。

気になるのは、序盤のユリさんのお嬢様高慢演技は似合わないということと、やはり親友の死に関するドゥック(ヒョンビンさん)の深刻さと、突然のボラ(ソン・ユリさん)の病気ネタでしょうね。しかし、これを補って余りある中盤以降の主人公の演技・構成により、ポイント・ポイントでのシーンに満足してしまいますので、総合的に見るととっても良いとなってしまいます。

さて、これを人に勧めるとなると、ちょっと人を選ぶと思います。職場に回すことを想定した場合、あの人は大丈夫だけど、あの人はきっと駄目って感じです。気に入る大前提は、ヒョンビンさんとユリさんが好きになること、このドラマの作る世界に入り込めることでしょう。そうなると、とってもきれいな映像と胸の痛くなるシーンの虜となります。基本的にドラマは、気持ち良く見終わりたいと思います。そのため、ハッピーエンドは、幸せな気持ちを誘導しますので、評価が高くなりがちです。一方、悲しい結末で終わるドラマは、見て悲しいわけですから、これは良かったという感情とは相反し、評価が低くなりがちです。このドラマ、最終的にはちょいと悲しいにも関わらず良いと思いますので、出来具合としては大成功でしょう。一応、是非見て欲しいと思います。

では、10話以降の感想を述べて見ましょう。以下、ネタばれいっぱい。

 

まず、11話・・じわりじわりとドゥックがハン・テウンであることが、みんなに明らかになっていきます。ドゥックは、自分がハン・テウンであるということをボラに知られたくないばっかりに、ボラを突き放しているわけですから、こうなってくるとその行動自体が無意味になってきます。それでも、まだ、ボラはその事実を知りませんので、ドゥックに向かっていう定番とも言える切ない別れの言葉を放ちます。「あなたのおかげで一杯笑って幸せだった。後悔してないわ。ありがとう。」うわぁ、定番の台詞きた~と思いながらも、感動する私・・・これが、この世界にはいりこんでいるということです。

そして、12話・・この辺はけっこうすごいですよ。ついに、ボラはドゥックがハン・テウンだということを知ります。ドゥックの通っていたかつての高校の体育館(?)で交わされるボラとドゥックの会話と行動は、このドラマの名シーンのひとつと言えるでしょう。ここでのドゥックの切ない気持ちとボラの複雑な感情については、あまり書く気がしません。しっかりと視聴者の胸を打ちますので、是非、自分で見てくださいね。

そして、13話・・・ボラにとって、兄が死ぬ原因となった人物であっても、心はすっかり奪われているわけですから、ドゥックに会えばうれしい自分がいるとボラは認めます。やはり、過去のことより、今が大事です。はい、いろいろな障害にも関わらず、愛する気持ちは抑えられず、切なく相手を想う・・・これが、韓国メロドラマのパターンですし、見ているほうも期待しているわけですから、このドラマの展開に文句はありません。大学からの帰り道にそっと手をつなぎ無言で歩く2人のシーンは、とってもきれいで、気持ちを同一化しているとたまらないものがあります。言葉が無くても、つないだ手に込めた想い。雪の舞い散る中にBGMとしてかかるあの切ないメロディ。見ているこっちはポロリということになります。そして、ボラの父もドゥックがハン・テウンであることを知り、2人の恋愛関係に絶対反対という立場をとります。ボラは、ドゥックと離れることを決意し、海外へと旅立とうとします。さあ、ここで、またもや名場面がきますよ。主役は、あのポケットベルです。遊園地で昔の約束の逆で、くるはずのないボラを待つドゥック・・・時間は刻々と過ぎていき・・・そして・・・ボラ・・来たぁ~(感動!)となるわけです。ここで、やり直そうとお互いの自己紹介をします。「俺は、今日、お前の手を握ったら、もう2度と離さない。辛くなるけどいいか?」と聞くドゥックに、コックリとうなずくボラ・・・うわぉ~こういうのを見たいのです。私、この時のユリさんの表情にベタ惚れしました。かすかな笑顔から流れる涙・・前にも言いましたように、私の記憶の中にキラ星のように輝く名シーンというのが、ありまして、そのシーンさえあれば、後は何でも許すという気持ちになります。このシーンは、そのレベルに入れて良いほどのユリさんの表情でした。さらに、2人の握った手のアップが映り、このあと、チョ・ソンモさんの歌とともに予告へ・・・いやあ、最高の13話でした。

14話は、何があっても2人でがんばると決意したドゥックとボラ・・・ボラは、父から家を追い出されますが、ドゥックのもとへと行きます。ボラ父の反対はありますが、そばで暮らす2人の幸せそうなこと・・もちろん、これから訪れる不幸を際だたせる効果があります。15話から16話にかけては、病気ネタですので、泣くしかありません。どう感じるかは、個人によると思いますが、ちょっと突然すぎる気がしました。しかし、終わり方は、上手だったと思います。

いろいろなところをチェックしながら、もう一度初めから見たいと思いますね。^^とっても良いドラマをSさんありがとうございました。切ないドラマは大好きなので、良かったですよ。

|

« SG wannabe+ 4集MV | トップページ | 韓国ドラマ「キツネちゃん、何してるの」を見はじめました。4話まで »

コメント

こんばんわ。早~~~。お好きな分野のドラマなのでよかったですね~~。ファンカの後なのでギャップがあるかと思いきや、やっぱりこの手のドラマもハマレル要素たっぷりって感じですね。主役の二人は苦手ではないので十分に楽しめそうです。評判どおり良いドラマなんですね~~。ただ地上波はカットや音楽が違うらしくこれを見れる私たちはたぶん幸せですよね~~。もう少し先になりますが、近いうちに見ようとは思っています。そのときにまたじっくり読ませていただきます。だいたいぼんやりさんがほめた作品は私もOKなので楽しみが増えました~~。

投稿: sayaendo | 2007年4月19日 (木) 23時33分

こんばんわ^^このドラマは、なんといったらいいのかなぁ。「ごめ愛」もそうでしたが、ドラマ中に、その設定のある種の「世界」を作るような気がしました。中盤から後半初めのドゥックとボラの想いは、なんとも言えず良かったです^^。気になる部分を無視して、2人の想いにのめり込んだら、どんどん良くなってきましたよ。涙度は私には大きくなかったですが、切なさ度は相当でした。
音楽が、じわっ~といいですよね。ありがとうございました。チョ・ソンモさん目当てでもうひとつのOSTを買っちゃいましたよ。へへ。
見終わって、しばらく経っても、記憶に残るドラマでした。

投稿: ぼんやり | 2007年4月20日 (金) 00時21分

ぼんやりさん はじめまして
いつもお邪魔しておりまして、ぼんやりさんの文章に「うんうん、そう思う」とか「そんな考え方もるのか~」などと一人で納得しながら読ませていただいております。

巷で評判の良い「雪の女王」(ノーカット版)私もやっと昨日観終えました。
これが私にとっては結構きつかった!
キムサムスンのヒョンビン君は好きだったのにこちらの彼の重い演技、ソン・ユリちゃんの高慢な演技に入り込むことが出来ず期待して観ただけにはまれなかった自分に少々落ち込んでおります。
ミサ廃人になった私は「ごめん愛してる」と被る所があって余計にはまれなかった。

でも、音楽は素晴らしかった!
チョソンモの歌が流れてくるとグット引きこまれました。
15話の最後にチョソンモの歌が流れて今までの回想シーンがあった所はこのドラマにはまっていればDVDが擦り切れるほど観たんじゃないかと思われ、益々はまれなかった自分を情けなく思っております・・・

何はともあれ、巷で評判の良いドラマにはまれなくてがっかりしたのは「12月の熱帯夜」に引き続き2作目です。

投稿: ぼーちゃん | 2007年6月23日 (土) 20時47分

いらっしゃいませ。ぼーちゃんさん^^。ちょっと、泊まりがけで出ていましたので、コメント遅れまして、ごめんなさい。

さて、人によって、はまれる部分が違うから、どのドラマを次に見ようか迷うんですよね。ネットでの評判は、ちょい多数の意見ですので、それに合わない場合もよくあります。
私は、主演女優さんに魅力が無いと大幅にはまる可能性が減りますし、自分の生活や主義との関連性で好き嫌いがありますので、どちらかというと他の人とは違うかもしれません。自分はドラマの中で、主役になりきるから相手役が、かっこいいこと必須という人もいるかもしれません(笑)。
まあ、自分が他の人と違ってもそれは、それとして、開き直るしかありませんよね。それが、自分の個性ですから。ちなみに「12月の熱帯夜」は、はまれませんでした。ただ、はまれなくても、好きってのがあるかもしれません。

自分で良いと思ったドラマは、職場の人に回そうと思いますが、そう考えると回せるドラマは、大幅に少なくなりますし、全員が満足したという応答がくることは、まず、ありません。ただ、職場にも、近い感性を持った人はいますので、その人には「いいよ~」って回すと大丈夫なことが多いです。人に勧めるのって、ほんとに難しいです。

これからも、自分の感じた文章を書いていきますので、適当に~よろしくお願いします。^^

投稿: ぼんやり | 2007年6月24日 (日) 20時00分

こんばんは。雪の女王への評価が似ていて、嬉しくてコメントさせていただいてます。
決してハッピーエンドとは言えない結末なのに、なんだか救われたように感じたドラマでした。
ヒョンビン氏の熱演にも共感しました。
私の周りでは低評価だっただけに、同じように評価している人がいてすごく嬉しいです。

投稿: viva | 2008年2月 3日 (日) 20時20分

いらっしゃいませ。 vivaさん。
このドラマの世界に入ってしまうと、相当良いと思いますよ。自分の感性に合わないと、どんどん難しくなって評価が落ちるのかもしれませんね。ハッピーエンドとは言えない結末を誘導するドラマは、どうしても見ている人の気分を下げますから、評価が分かれることが多いです。私の好きな「ごめ愛」も、いいよ~って人に貸したら、結末はあり得んと感じる人もいました。
ようは、人の感情ですから、良いと思えば、欠点は見ないし、悪いと思えば、欠点ばかり見るということになります。
いいのさ!自分が好きだったら・・・。そうそう、きっと同じように好きという人は、絶対どこかにいるのさ^^。

投稿: ぼんやり | 2008年2月 3日 (日) 21時19分

このドラマ、嫌いな人物が一人も出てきませんでした。
数学の天才なんて縁遠いし、高慢なお嬢も大嫌いなはずなのに
不思議だなぁ... けっこう好きなドラマです。

投稿: よう | 2011年11月27日 (日) 20時11分

このドラマは、ユリさんへの好悪で決まるドラマじゃないでしょうか。ドラマの持つ美しさと音楽が、特徴でしょう。今からみると、古典的なストーリーって感じですが、こんなのが韓国ドラマと言えるかもね

投稿: ぼんやり | 2011年11月28日 (月) 07時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145819/14749473

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国ドラマ「雪の女王」見終わりました。:

« SG wannabe+ 4集MV | トップページ | 韓国ドラマ「キツネちゃん、何してるの」を見はじめました。4話まで »