« 韓国ドラマ「君はどこの星から来たの」見はじめました。2話まで | トップページ | 韓国ドラマ「君はどこの星から来たの」7話まで »

2007年5月30日 (水)

韓国ドラマ「君はどこの星から来たの」5話まで

韓国ドラマ「君はどこの星から来たの」を5話まで見ました。4話までは、まあ、普通のドラマかなと思って見ていましたが、5話はかなり良いですよ。盛りだくさんの話の上に結構泣かされました。高慢な女性が恋に落ちていく別の物語をしばらく、見ていましたので、久しぶりの純朴で可愛い女性が恋に落ちていく王道ストーリーです。なぜか、ちょっと、「ガラスの靴」を思い出してしまいました。

ボクシル(チョン・リォウォンさん)にとって、スンヒ(キム・レウォンさん)は、姉を失う原因となった人物であり、実母からしてみると仇みたいな存在なのです。親が仇と思っている相手と一緒にいて良いのか?自分は、亡くなった姉の身代わりではないのか?という点で、好意を持ちながらも、相手に告げる別れの言葉・・・ワンパターンなんだけど、私のツボです。さらに、これに加えて、育ての親と産みの親の娘への愛を描きますので、さらに別の涙を誘うことになります。

では、ストーリーを見てみましょう。以下ねたばれ。

まず、3話ですが、冒頭2話最終で、酔ったスンヒが、愛するヘスの面影をボクシルに見て抱きついた後から始まります。酒は、脳の抑制を解放する方向に進みますので、スンヒの心に秘めた感情が爆発することになるのですね。でも、ボクシルにとっては、ただのプレイボーイの行動としか思えないわけですから、反発は当然です。でも、すでにボクシルの心の中に恋する感情は芽生えてますので、本人も気づかずスンヒのことを考えているという状態になっています。

ここからは、スンヒとボクシルの仲良いエピソードが続いていきます。サッカー競技場の管理人に注意されて逃げる2人・・・隠れるのに狭い空間で、スンヒの腕の中に入っちゃったようなボクシルのとまどいの表情が良かったですね。元気いっぱいの女性が、とまどって何も言えない状態になるというドキドキシーンでした。

その後、たいしたエピソードではないのですが、田舎の母にボクシルが生ケーキを買って持ち歩くシーンがでてきます。ここで、私、ストーリーに関係なく、「おい~ケーキの箱をそんなに振り回すな~!」とか「生クリームのケーキはさっさと冷蔵庫にしまえ~!」なんてことを思わされました。絶対、気になるよねぇ(笑)。私、ケーキ大好きですから・・・。

そして、4話・・ボクシルの出生の秘密が少しずつあきらかになっていきます。ボクシルは、子供の時、食堂で火事に会い、ちょうど我が子を失って精神的に不安定だったボクシル母が、連れ去って育てたのでした。いよいよ急展開する田舎娘ボクシルの運命・・・「これから、どんなことが起きても、ボクシルはボクシルらしく生きてくれ」 これが、これからのテーマでしょうね。

田舎から、街へ移り住み、しかも、貧乏から一転してお金持ち、自分を愛する祖父と実母がいるものの、価値観は大幅に違う・・・このような状態で、自分らしく生きるとは、どういうことかをしっかり持つことは難しいです。環境は、ある程度、人をつくります。大幅な環境変化で、変わらない自分をキープするのは、困難なんですよね。環境が変われば、気づかず、いつの間にか変わってしまうことになるでしょう。このドラマでは、きっと、この環境の変化にもかかわらず、ボクシルが純粋な心を持ち続け、自分を失わないということを描いてくれるのだと思います。「自分を失わない」「本来の自分」って、いったい何でしょう?。自分がどういう存在であるかを、自ら把握することは困難です。まして、他人に把握なんてして欲しくも無いし、できるはずもありません。ただ、私が思うことは、人は自分の心がしたいことへ向かっているとき、自分らしく生きていると実感できるのでしょう。自分のしたいことって、たびたび変わりますから、自分らしいという感情は、自己満足なのかもしれませんね。

そして、5話、ボクシルは育ての親の元を離れます。これまで、とっても仲の良かった親子ですので、伏線が効いていて、涙を誘導されます。みえみえの泣かせようシーンですが、素直にはまってしまいました。続いて、ボクシルは実母との生活が始まります。田舎での生活では、問題無かったボクシルの行動が、すべて、見ていて違和感を誘導します。お金があっても、幸せそうでないボクシルが、そこに見えてしまうのです。ちょっと、おかしいヘヤースタイルでニコニコしているボクシルの心の寂しさが伝わってきて、胸をうちます。

さらに、ボクシルはスンヒが姉の恋人であったことを知らされます。自分とそっくりな姉の横で幸せそうに笑うスンヒの写真・・・さあ、ボクシルきついです。これまでのスンヒが漏らしたちょっとした言葉の意味が理解できたわけです。ここからニコニコしているボクシルが泣いているように見えてきます。スンヒの小学校の校庭シーンは、とっても良いシーンでした。お姫様願望をもつボクシルの夢をからませ、視聴者に、一瞬幸せな感情を持たせた後に、「もう、仕事を辞めます」というボクシルのつらさを伝えます。そして、逃げるボクシルに追いかけるスンヒ・・・BGMは「Miracle」とくれば、わぁ~良いとなっちゃいました。

そして、本当に言いたいことをメールで送れない2人・・・5話の締めは、ボクシルの「私・・・おかしいわ、正気じゃないわ」 さあ、きました。恋ですよ恋~~。亡き姉の恋人でも、心が向かうのは止められません。続きはどうなるんだぁ。おもしろいじゃん。これ(笑)

|

« 韓国ドラマ「君はどこの星から来たの」見はじめました。2話まで | トップページ | 韓国ドラマ「君はどこの星から来たの」7話まで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145819/15258931

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国ドラマ「君はどこの星から来たの」5話まで:

« 韓国ドラマ「君はどこの星から来たの」見はじめました。2話まで | トップページ | 韓国ドラマ「君はどこの星から来たの」7話まで »