« 韓国ドラマ「ありがとうございます」7話まで見ました。 | トップページ | 韓国ドラマ「君はどこの星から来たの」5話まで »

2007年5月28日 (月)

韓国ドラマ「君はどこの星から来たの」見はじめました。2話まで

韓国ドラマ「君はどこの星から来たの」を見はじめました。Sさん、ありがとうございます。2話まで見ました。さて、日テレのHPに相関図がありますが、そんなに難しい人間関係ではありませんので、スラッと頭に入ってきますね。すでにかなり前から、MtoMとM.C the MAXのMVをを見てますので、だいたいの雰囲気はつかめています。というか、私にとってMtoMの歌「Miracle(mp3←ここのサイトの右のMore from this folderをクリックすると、けっこうとんでもないものがでてきます^^)」はすでに聞きすぎというレベルに入っています。

自分の運転中に事故を起こし愛する女性ヘス(チョン・リォウォンさん)を失ったスンヒ(キム・レウォンさん)は、とある田舎で、ヘスにそっくりな女性ボクシル(チョン・リォウォンさんの2役)に出会います。これから、ボクシルとスンヒの恋が始まるのでしょうが、ボクシルにとって、自分は単なるヘスの身代わりかもしれないという思いが、この恋の障害になるのでしょうね。

1話は導入ですが、まあ、普通というか・・・見慣れたという感じの導入でした。つっこみどころとしては、田舎で泊まるところが無いからといって、若い娘(ボクシル)と母しかいない家・・しかもバス停から遠そうな家に、民宿といって若い男(スンヒ)を泊めるか~というところですね。女の後をつけてきた男ですから、客観的には相当怪しいと思います。そして、まず、お決まりの2人の反発・・・そして、これが愛に変わるという流れでしょう。

ボクシルは、母の手術代を稼ぎたいがゆえに、ソウルに出てきます。ここで、母とかわす約束の虚しいこと・・・。あっと、このドラマの話ではありません。一般的に、田舎に住んでいた娘が、1ヶ月だけといって大都会に出て行って、戻ってくる可能性はどれくらいあるのでしょう? 都会には田舎に無いものがあります。それは、便利さであったり、刺激的なものであったり、同年代の多くの人とのふれあいであったり、挙げればキリがないですね。特に若い時は、お金さえあれば、とっても楽しいところではないでしょうか?また、都会に住んでいれば、田舎の良い点も目につくわけで、どちらが良いということはできません。隣の芝生は青く見えるというように、別の環境が良さそうに見えるのは、しかたないと思います。さて、脱線を戻して、田舎娘が都会に出てきてという展開で思い出していたのが、「明朗少女成功記」の主人公の名はヤンスン、そして、「めっちゃ大好き」の主人公の名はボンスン・・・こういう名前って田舎くさいのでしょうか?よく、知りませんが、スンヒが、アルバイトにきたボクシルに「ボンスン?」とか「ポッキリ?」とか言って名前を間違えるのが笑えました。

今のところ、よくあるストーリー展開を予想していますが、それを上手に進めてくれれば、好きな配役ですので、期待通りと言って満足するでしょうね。

|

« 韓国ドラマ「ありがとうございます」7話まで見ました。 | トップページ | 韓国ドラマ「君はどこの星から来たの」5話まで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145819/15238110

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国ドラマ「君はどこの星から来たの」見はじめました。2話まで:

« 韓国ドラマ「ありがとうございます」7話まで見ました。 | トップページ | 韓国ドラマ「君はどこの星から来たの」5話まで »