« 韓国ドラマ「春のワルツ」10話まで | トップページ | 韓国ドラマ「春のワルツ」見終わりました。 »

2007年5月24日 (木)

韓国ドラマ「春のワルツ」14話まで

韓国ドラマ「春のワルツ」14話まで見ました。11話から13話にかけて、ちょっと退屈だなぁ。急に2人が仲良くなっちゃたよ~。おや、ウニョンの幼なじみミジョン役のチェ・ジャヘさん(チャングムのチャンイです。クムスンにも出てるらしい)のほうが、ハン・ヒョジュさんより可愛いなぁ~「がんばれクムスン」長いけど見ようかなぁ~なんて別のことを考えながら見ていました。そして14話、この回はすごいですよ。

島へ向かう駅のホームで、偶然聞く懐かしい声に「ウニョン」の言葉・・・え~生きてたの?と思うチェハ。ドラマチックですな。確率的には、0ではありませんが、まずありえませんね。TOTOBIGに当たったようなものです。まあ、いいや~と思いながら、ちょっと、なかだるんで飽きかけたところにきた、この後の、すれ違い・・・。思い出の島の民宿で壁ひとつ挟んで交わされるチェハとウニョンの電話です。私にとって、このドラマ初(?)の涙シーンとなりました。お互いに心にしまっていた人がいると話す2人・・それっておまえらやんけ~と視聴者のイライラはつのります。ウニョンがちょっと窓を開ければ・・・どちらかがちょっと大きな声でしゃべれば・・・出会えるのに・・・なんてもどかしい。このもどかしさに耐えるドラマなんでしょうね。あ~早く、このストレスから解放して欲しいと思って、このドラマを見させる。まあ、ひとつの作戦ですな^^。しみじみと語る2人の声は、ドラマ前半の長い子役ストーリーを背負ってますので、胸をうちます。

そして、この後、今回は、どうすれ違わせるのかなぁと見ていたら、突然の号泣シーンがやってきました。菜の花の黄色の中にたたずむウニョンをチェハは発見します。即座にウニョンが自分の捜していた人だと悟ったチェハの涙顔と共に、もちろん私も「ついに出会っちゃったよ」と泣きました。何も知らないウニョンの「きてくれたんだぁ」の明るい声とチェハの涙の対照が見事です。このドラマって、めりはりがあると言いましょうか、つまんない回とすごい回の差が極端ですね。ここで、ウニョンもチェハがスホであることを知るのかと思いきや・・・そうか、ある意味、スホ親子は、ウニョン母の仇であり、ウニョンの人生を変えた人物といえるわけです。チェハにとって、自分がウニョンに歓迎されるべき人間なのかどうかに自信が無くなったのですね。なるほど、まだまだ、この秘密を楽しみなさいということですか。

イナがチェハの秘密に気づいたようです。ピ~ンチ!・・・でも、そんなに深刻にならず、ウニョンに告白しようよチェハ~。それから、考えようよ~。(お気楽人生♪)

ちょっと追記です。10話で川辺で、チャハとウニョンのキスシーンがあるのだけど、あの直後の2人はどういう感じだったのでしょう。想像しなさいということ?。キスシーンの衝撃で、忘れてましたが、まだ、2人とも自分の気持ちを明確にしてなかったはず・・・。泣いている女性にキス・・・そのあと、どうなったんだぁ~気になります。平手打ちで返す、あなたやっぱり私が好きなのね?遊びなの?などいろいろな感情が湧いてくると思います。ここが、いまいちはっきりしてないから、その後、展開を見ながら判断しないといけなくなって、チェハとウニョンの関係が、ちょっとわかりにくくなったと思います。(見落とした?)

|

« 韓国ドラマ「春のワルツ」10話まで | トップページ | 韓国ドラマ「春のワルツ」見終わりました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145819/15181732

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国ドラマ「春のワルツ」14話まで:

» 春のワルツのあらすじ 第14話 [韓国ドラマ 春のワルツのあらすじ・ネタバレや動画紹介]
春のワルツのあらすじ・ストーリー 第14話「涙の井戸」のネタバレあらすじ ウニョンは一人でチョンサン島へ行く。 ウニョンの過去を調べているジェハもチョンサン島へ向かう。 島の民宿に泊まったジェハ。 実はウニョンも偶然、ジェハと同じ民宿に泊まっていて 隣の部..... [続きを読む]

受信: 2007年6月 3日 (日) 23時20分

« 韓国ドラマ「春のワルツ」10話まで | トップページ | 韓国ドラマ「春のワルツ」見終わりました。 »