« Seeyaの2集、届いたので聞いてみた。 | トップページ | 韓国映画「百万長者の初恋」を見ました。 »

2007年6月 7日 (木)

韓国ドラマ「君はどこの星から来たの」12話まで

韓国ドラマ「君はどこの星から来たの」12話まで見ました。10話で、ついにスンヒ(キム・レウォンさん)は、自分の気持ちをボクシルに伝え、11話冒頭で、ボクシルをぎゅ~と抱きしめて、2人の気持ちを確認します。この後、ボクシル(チョン・リョウォンさん)は、わけわからん子供みたいなボロ泣き~で、ラブラブムード吹っ飛びました。

このドラマのボクシルは、大人の女性ではなくて、ちょっと子供っぽく描かれていますので、盛り上げるシーンの後には、それを子供っぽくはずすというパターンを踏みます。これは、ボクシルのキャラを好意的に見ていれば、大丈夫なのですが、人によっては、ボクシルに対してわざとらしいとか、あり得ない性格という評価を下す人がいるかもしれません。そうすると、このドラマは、どうしようもない駄作となるわけです。

韓国ドラマの女優さんは、時々とんでもないコメディに出演して、自分の可能性を確認したり、イメージの打破を図ったりします。マイ・ガールのイ・ダヘさん、フル・ハウスのソン・ヘギョさん、偉大な遺産のハン・ジミンさんなど、え~あの人がぁ~これを演じるのか~壊れた~と言った感じです。ここでも、チョン・リョウォンさんが、はっきり言って壊れています(笑)私には、この壊れっぷりが良いと思っています。

11話は、スンヒとボクシルのバカップルぶりが焦点ですか?自分の恋が実るとなるとボクシルのお姫様病が発揮されます。おまけに、スンヒもボクシルペースに入ってきます。ボクシルは、カップルになるとして欲しいことが、あるんですよね。「レストランでピアノを弾いて歌ってくれて、その後、愛してるって告白するの・・・やってほしい」ひえ~これは、やはりドラマの中の話でしょう。後に、スンヒはこのボクシルの夢をかなえて、ピアノ弾き語りから告白ということをやるのですが、見ているほうが、恥ずかしくなります。男性として、この恥ずかしさに耐えないと彼女が手に入らないというなら、こりゃ、もう立派ないじめじゃない?でも、ボクシルとっても喜んでいます。彼女が喜ぶなら、何だっていいのか^^好きにしてください。

さて、衝動的に、スンヒとボクシルは愛を確認したわけですが、障害は山積みです。アメリカに行きたくないと行っても、母は納得しないし、やはり姉の件を問題にする人は多いし・・・このあたりは、2人とも行くところまで行け~という感じです。そりゃ、抑えてた恋が実ったばかりなのですから、他のことは目に入らなくて夢中になるのはしかたありませんね。母から、外出禁止をくらっても、ボクシルはこっそり抜けだしスンヒの部屋にやってきます。2人で映画を見ていたら、眠ってしまったボクシルをやさしくスンヒが見つめるシーンがでてきます。眠っているボクシルがこんなにも愛おしい。とっても良いシーンです。この後、スンヒ父がやってきて、ヘスのことを話題に出したため、幸せな気持ちが、ちょっと現実に引き戻されてしまいます。どうしても、姉ヘスと自分を比べてしまうボクシル、そして、ヘスの存在は、スンヒの心に刺さったトゲですから、2人ともこの話題は敢えて考えないようにしたいわけです。しかし、ヘス母から、アメリカに発つ前に、ヘリムを妹として大事にしてやって!と言われて、いつまでも、面倒事から逃げていてもしかたないので、スンヒ勝負にでます。男らしくひざまずいて・・・いよいよ、ヘス母に、ボクシルとの恋愛宣言をするのかぁで、11話終了~

望み事は、成就するまでが楽しくて、かなってしまうとそれを維持するのは、大変です。ドラマも2人の恋がすれ違い、切ない想いがなんとかならないかと応援している間が、私としては盛り上がっていました。その後、11話で2人くっついちゃて、そこからの展開は恋愛の維持ですから、ちょっとトーンダウンしますね。

2人にとって、最大の障害ヘス母は、まだまだ2人の交際を認めるはずがありません。スンヒが、映画を撮り続けられるように・・、そして、ヘス母には時間が薬になるだろうと、ボクシルはアメリカ行きに引きずられますが、結局空港へ向かう途中で、スンヒと共に恋の逃避行となってしまいます。無茶だ(笑) あの~?このパターン何度目でしょうか?ドラマを展開させるきっかけは、恋する2人のうちのどちらかが、去っていこうとする。温厚な私もさすがに気がつきますよ^^同じことの繰り返しを題材に、スンヒとボクシルの関係のおもしろさで、ひっぱっていく。これが、このドラマのペースです。にっこり笑いながら、スンヒとボクシル道路を走って逃げていきますが、全然解決になってないじゃないの~。現実性はちょっとありません。ね?漫画のようなドラマでしょう^^どうしよう。評価難しいぞ。おもしろいんだけどね。許せるか?葛藤中です。(笑)

ボクシル「逃げないっていったでしょ?」 スンヒ「人生に例外はつきものだ」 ボクシル「どうするの?」 スンヒ「俺にもわからない」 このカップルおもしろすぎ^^

|

« Seeyaの2集、届いたので聞いてみた。 | トップページ | 韓国映画「百万長者の初恋」を見ました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145819/15341628

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国ドラマ「君はどこの星から来たの」12話まで:

» 韓国ドラマ~君はどこの星から来たの~(キム・レウォン主演) [韓国ドラマLOVERS!@韓国情報☆ ]
君はどこの星から来たの主演 キム・レウォン全16話主演は「ラブストーリー・イン・ハーバード」に出演していたキム・レウォンです。パートナー役には「私の名前はキム・サムスン」のチョン・リョウォンです。その他カン・ジョンファ、 パク・シフなどが出演していてかなり豪華なキャスト陣です☆コメディ感が少し混じったラブストーリーなので、所々で笑える箇所があります。あらすじチェ・スンヒ(キム・レウォン)は大学で映画演出を専攻している大学生、彼の短編映画が世界映画祭で入賞したのをきっかけに、祝...... [続きを読む]

受信: 2007年7月 3日 (火) 21時31分

« Seeyaの2集、届いたので聞いてみた。 | トップページ | 韓国映画「百万長者の初恋」を見ました。 »