« 韓国ドラマ「ウェディング」6話まで | トップページ | ク・ヘソンさんつながりでジウン1集 »

2007年6月28日 (木)

韓国ドラマ「ありがとうございます」16話見終わりました。

韓国ドラマ「ありがとうございます」16話(最終話)見終わりました。うまいこと終わらせましたね。前回の感想のところで、どう終わらせても急いだねって言うだろうと書きました。この残された1話で、ソッキョンとギソとヨンシンの関係をきれいにさばくのは、難しいだろうと予想したわけです。後で述べますが、意外とうまく展開させたと思います。もう、コテコテのお涙ちょうだいシーンあり、チャン・ヒョクさん・・かっこいいシーンあり、ソッキョンお前もなかなかやるなぁシーンあり、これまでのストーリーを締めるにふさわしい最終回と思います。

このドラマを見て思うことは、役者が演技をする時に、発する言葉以外でも、相当の感情を視聴者に伝えられるんだなぁということです。ヨンシン祖父のミスターリーとか、ギソ、ヨンシン、ソッキョンとも、与えられた台詞以外に、言いたいことがいっぱいあって、それが、演技の中から聞こえてくるようでした。

いろんなことに、感謝する気持ちを持てば、人として豊かな人生が送れること、そして、自分の人生は、自分のものであり、決して他人に引け目を感じることなく「ちょっと違うだけさ」と前向きに生きていくことが素晴らしいと教えてくれるドラマです。私としては、やはり、はまったという感じではありません。しかし、とっても良い!心の中にそっと置いておきたいと思える良いドラマだと思います。チャン・ヒョクさんのかっこよさと演技だけで、見ることもできますし、やかましくないコン・ヒョジンさんのうまさで見ることもできますし、ボミを演じたソ・シネちゃんの年齢不相応な演技力で見ることもできます。しかし、このドラマは、その根底に流れるテーマ「ありがとうございます」・・・これを、感じ、そして共感し、味わいながら俳優の演技にひたる・・・これが最も楽しい見方のような気がします。エイズの娘、認知症の祖父、シングルマザーで代表した、いわゆる弱者にとって、自分の心の持ちようで人生は変わるんだよと教えてくれる・・・従来の韓国ドラマにないテイストで描かれた良いドラマとして、高評価を与えます。ドタバタの恋愛ドラマに飽きた人に、強く勧めることができますね(笑)。逆に、第1話は、従来の韓国ドラマと同じく強烈で、早い展開で良かったけど、以後は、ちょっとペースが合わないっていう人もいるかもしれません^^。(好みの問題だね)

では、16話のシーンを追ってみましょう。以下ねたばれ。

16話冒頭、チョコパイを配るヨンシン祖父の姿が描かれます。もはや、あの世へ向かうにあたり、自分のいた世界、関係した人々への感謝の気持ちをチョコパイ配りで表現します。ひとたび、生を受け、何十年もお世話になったこの世に送る感謝の気持ち・・・この境地にいたることはなかなかできません。通常、どこかでもっと違った人生があったのではないかという悔いや、もっと生きたいという願望を持ちそうな気がします。この人としての業を、認知症という病気で覆い隠すことにより、純粋な感謝の気持ちだけに昇華させたのです。人は死に臨んで何かをすることはできません。それならば、これまでの世界・人生・人に感謝を捧げようというわけですね。このドラマにおけるヨンシン祖父は、その演技力と存在感で、とても重大なキャラクターでした。

さて、ギソとヨンシンの関係に目を移しましょう。ヨンシン祖父が逝ってしまった後、ヨンシンは食欲を無くします。ヨンシンのことが心配で自分も食事が進まないギソは、ヨンシンのために食べものを買ってきます。ところが、ヨンシンは罪悪感や同情心のためにギソが優しいと思っていますので、ギソのその気持ちはヨンシンに通じません。「犬がごはんを食べないのが気になるくせに、俺が食事してないのは気にならないのか?・・・俺の方を見ろ!」というギソの想いが強烈ですが、ヨンシンの殻は、まだ、やぶれません。

さて、この後、かなり悲しいシーンが出てきます。自分がエイズであると心に傷を負ったボミは学校に行きたくないんです。やっとのことで、エイズはたいした問題ではないと心に言い聞かせ、学校に向かいます。ボミは窓から教室の様子を窺いますが、そこは、いつもと変わりなく時間が流れています。自分の席は空いているのに何も変わっていない。自分の居場所をボミは見つけることができなかったのです。忘れられた存在・・・子供の心にとって、これはきついです。自分が存在していることは、他人から認識されることで、最も良くわかります。他人の応答を見て、自分が確認できるのです。職場でも、自分の名前を覚えてもらえないなんて場面にでくわすとけっこうショックですよね^^。でも、この他人からの認識を、あまり意識しすぎると自分の評判で一喜一憂なんてことになりますから、本来は自分の存在感は自分で決めるぐらいの気合いが必要だと思います。

この学校に行けないボミを見て、ついにヨンシンはギソに黙って島を出ることを決意します。こっからが、すごいですよ。ヨンシンを追いかけて、つかまえたギソは、ついに、「自分の想いに気づいて欲しい。俺は何度もお前のために、ここへ戻ってきたと言っている」とはっきりヨンシンにぶつかります。このあたりの愛情の告白を行うギソのシーンは良いですね。これを受けるヨンシン・・・何も言いません。ヨンシンの心に打ち込まれるギソの想いの結果は、ヨンシンの涙で表現されます。このギソの気持ちは確かに伝わったと思います。しかし、ヨンシンの口から出てきた言葉は、ボミを学校に行かせたいから島を出るということでした。なかなか、しぶといぞ~この女。ここまで言って落ちないとは・・・とギソが思ったかどうかは定かではありませんが、去っていこうと車に乗り込むヨンシンを黙って見つめるギソです。

ここからは、ちょっと恥ずかしいくらいのベタの展開でした。ヨンシンが島を出て行くのを見かけて、止める島の人達・・・ちょっとベタすぎて引いてしまいましたが、それでも私の頬を流れる涙・・・しかたないなぁ^^。結局、島の人達の理解の元、ヨンシンはボミとともに、島に残ることになります。島の人々がヨンシンの家財道具を元の家に運び込んでいる間、これでいいのかとヨンシンは考えています。そして、ヨンシンは、その目の端にソッキョンの姿を捕らえます。その表情があまりに良いので、こりゃ~大逆転で、ヨンシンはソッキョンへ向かうのかと思ったほどです。もう、何度、こういうコン・ヒョジンさんの顔のアップで感動したことでしょう。この何の会話もないソッキョンとヨンシン・・・私にはとっても良いシーンでしたが、変でしょうかねぇ(笑)。

そして、ソッキョン母は、ボミにソッキョンが父であると教えます。ここのボミの演技はすごいです。心して見ましょうね。結局、この事実を教えられて、ショックを受けたボミのところにソッキョンが帰ってきて、この事実を否定します。こうきたかぁという感じです。父と告白したかったソッキョンが、敢えて「おじさん」なんだよと言うこの気持ち・・・この瞬間、ソッキョンはヨンシンをあきらめたと思いました。我が娘のために、何もできなかった父は、その母と娘のために、どの道がもっとも幸せかを考えたのです。そのためには、自分が父であると名乗りでないほうが良いと判断したのです。

そして、その後のシーンで、ついにソッキョンは、ヨンシンに一番言いたかった言葉を伝えます。「お前よりもずっと深く、俺はお前を愛していた!」 いやぁ、この言葉やっと言ってくれましたか?もはや、ヨンシンを手放そうとしているからこそ言える言葉だったのですね。2人の関係は、もう恋愛には発展しないけど、お互いに大きな感謝の気持ちが溢れています。このシーンも良かったです。

こうして、ヨンシンは、ギソのところに戻ってきます。ヨンシンは「自分は、負い目を感じなくていいんだよね?ちょっと違うだけなんだよね。そう教えてくれたよね」とギソに問います。涙の中に笑みを入れて、もう負い目を感じないで、あなたに向かうわというかのようなヨンシンの表情・・・すごいよねぇ。ここにいたっても、脚本は、ヨンシンに決して「ギソ、愛してる」と言わせません。言わせないがために、想像させられます。このギソとヨンシンのシーンに、このドラマのすべてがつまっていると感じました。

そして、時間は流れ・・・幸せな表情のヨンシンとボミ・・・ここに流れるのは、ボミのあの美しい世の中の歌。最後に、お父ちゃんだよと言いたげなチャン・ヒョクさんの笑顔が見られます。画面、ぴったりとはまった家族3人の風景・・・。良いドラマです。心が洗われます。

感想の最後の締めの言葉は、絶対この言葉です。

このようなドラマをみせていただいて

・・・・・ありがとうございます・・・・。

|

« 韓国ドラマ「ウェディング」6話まで | トップページ | ク・ヘソンさんつながりでジウン1集 »

コメント

感想に涙です。同感です。とっても素敵なドラマでしたよね。

投稿: ひらりん | 2008年3月15日 (土) 10時55分

いらっしゃいませ。ひらりんさん^^。

このドラマの感想を自分で、今読み返してみると、感想に根性が入って・・・もとい^^
感想に気持ちが入っていますね。気に入ったドラマだといっぱい書くことがあるみたいです。

投稿: ぼんやり | 2008年3月15日 (土) 12時39分

ぼんやりさん、初めまして。
遅ればせながら地上波の放送で魅入られ、レンタルで一気に最後まで見て、DVD-BOX買いました^^;
私もぼんやりさんの感想を見ながら、ドラマのシーンがよぎり、涙が出ました。

16話ヨンシンがソッキョンと別れて家に帰ってきた時の2人の会話シーンで、ヨンシンは泣いているけど笑顔でした、ギソがヨンシンを追いかけた時に「笑顔を見ただけで天にも昇るほど喜んでいる」に応えたのかな?って思ってます。

3回目見終わりました、好きなドラマは何度も何度も見たくなるので、今から4回目を見ます。
このドラマに出会えて本当に幸せです。
長々とお邪魔いたしましたm(_ _)m

投稿: けるるん | 2008年6月20日 (金) 23時56分

いらっしゃいませ。けるるんさん。

このドラマは、静かな中にとってもうまい役者たちが、脚本に示された言葉以外の方法で、テーマの「感謝の気持ち」を伝えてくるという卓越したドラマだと思います。ドラマのメッセージを受け取る側の感性に任せ、視聴者それぞれが、演じている人の表情や態度で、その思いを膨らませるという深いドラマでした。

ですから、きっと何度でも見ることができるのでしょう。見るたびに、自分の中で、このシーンはこういう意味があるんだと新しい発見があるのかもしれません。作品から何を自分たちが受け取るか?確かに伝わってくるものがあり、それが、自分の中に残るからこそ、名作といわれるのです。

私の感想の最後に書いたように、この作品に出会えて良かった。ありがとうと言うだけで、本当は何も述べる必要の無い作品かもしれません。でも、私は、それを文章にしたかった。だから、感想が長かった。他の人がなんと言おうとも、ドラマに対する思いは自分の中にあるものですよね^^。

これからもよろしくお願いいたします。

投稿: ぼんやり | 2008年6月21日 (土) 07時38分

ぼんやりさん、私も、初めまして!
このドラマは明日が地上波では最終回で、ここまでずっと見てきました。
2話あたりからチャンヒョクさんに心打ち砕かれてしまい、回を追う毎にはまってしまいました。はっきり言ってチャンヒョクさんの姿を追ってここまで来たという感じです。ドラマの途中でぼんやりさんのこのお部屋を見つけて、その後何度もお邪魔しては、コメントに何度もそうそう!と頷いたり、笑ちゃったり、楽しく拝見してきました。どうもありがとう!

投稿: しちりん | 2008年7月17日 (木) 16時28分

いらっしゃいませ。しちりんさん^^
コメントをいただきありがとうございます。
このドラマは派手じゃないんだけど、良いドラマというカテゴリーに入るでしょう。このようなドラマが、埋もれることなく、地上波で放送されたり、DVD化されたりすることはうれしいことですね。
このドラマのチャンヒョクさんは、めちゃかっこいいですから、気に入るのはしかたないでしょう^^。
思いのまま書いた文章を読んでいただきありがとうございました。これからも、よろしくお願いいたします。

投稿: ぼんやり | 2008年7月17日 (木) 17時36分

ぼんやりさん。はじめまして。
ぼんやりさんのブログ、時々いえ頻繁にお邪魔しています。1話から16話までのストーリーとちょっぴりユーモアが混じった解説、私もこんな風に思っている事か書けたらいいのにと思いながら
拝見しています。BS日テレを見ていた私は偶然にもぼんやりさんのブログにたどり着き、ドラマの
大事な部分がカットされ放送されていた事に気がつきました。もうこれはDVDプレーヤー、DVDBOXの購入しかない。則実行。字幕スーパーを見ながら韓国語を聞き、俳優の表情、視線、一つでも見逃さないよう集中。私にこんな集中力あったかしらと思う程です。最終話、橋の上でヨンシンと
ソクヒョンがお互いに素直に心のうちを打ち明けあったった後、去っていくヨンシンを静かに見送るソクヒョン。ヨンシンの帰りを待つギソ。ギソの心中はいかに。その後のシーンは、ぼんやりさん、けるるんさんのおっしゃる通りです。このドラマはまた一度もう一度と見たくなってしまう。不思議です。こんなに素晴らしいドラマにめぐり逢えてとても幸せです。そして本当にありがとうございます。ぼんやりさんにこんな質問、お聞きしても良いでしょうか。ギソのヨンシンに対する想いはこの時からとはっきり分かりますが、ヨンシンの想いが何時ギソに向かっていったのか.分かりません。私はギソがボムの守護天使一号になった時、東家の帰り道、流れ星のシーンの時かなと思ったりもします。差し支えなっかたら教えてください。長々とおじゃまして申しわけありませんでした。これからもブログ拝見させてくださいね。ずっと読んでくださってありがとうございました。

投稿: れんぎょう | 2008年11月16日 (日) 17時26分

今晩は。。。。
  ありがとうございます。何度見直した事か解りません。
 私は『お祖父さん・ミスターリー』が亡くなる前に『チョコパイ』のシーンには涙が止まりませんでした。村人から酷い事されても、感謝の気持ちは忘れては・・・煩悩が多い・・・私には出来ません
  誠実に生きて逝く、感謝の気持ちのチョコパイ。。。まいたったな
  なんと言っても『ボミ』の可愛らしさにも、涙。。。涙でしたね。
  最後に・・・わたしも『チャン・ヒョク』から、シャンプーしてもらいたいな
  

投稿: おじょ | 2008年11月16日 (日) 18時02分

はじめまして。れんぎょうさん^^

私はこのドラマをスカパーKNTVで見ました。韓国ドラマって、日本で放送されるときに音楽の差し替えやカットとかされることが、あるんですよね。そんな編集って、ドラマの流れや印象を変えちゃうことがあるはずなのに、よくそんなことができるよなぁと思います。編集している人は、全部を見ているから問題ないのかもしれないけど、初見の人は、その編集されたのが、その作品になってしまうのです。これは、相当怖いし責任あることですよ。版権とかのの関係でやむを得ない場合以外は、ノーカットで行って欲しいです。

さて、ご質問のヨンシンがいつギソに惚れたかですが・・・だいぶ前に見たドラマなので記憶が相当怪しいです^^やはり7話の
ホッペ固定の強引なキスがきっかけかな。この時、ヨンシンはソッキョンを見てますが、ギソの「お前に関心がある」という言葉とキスしたという事実に、以後大きく心が揺れています。そこからは、ヨンシンの視線がソッキョンからギソへ向かう場面が増えてきた気がしています。でも、ヨンシンは臆病ですから、なかなか殻を破ってでてきませんよね。だから、どこからギソなのか、難しいですわ^^。まあ、人それぞれで思うところがあると思います。

これからも、よろしくお願いします。

投稿: ぼんやり | 2008年11月16日 (日) 22時59分

こんばんわ。おじょさん^^

ちょっと、このドラマを見直してたら、やっぱりギソのかっこよさと、ヨンシンの表情がとっても良かったです。
やはり、このドラマで最も泣いたところは、ソッキョン母とボミの入浴シーン(14話?)でしょうね。「ありがとう」の言葉がこんなにもすばらしいとは・・・本当に良いドラマです。

投稿: ぼんやり | 2008年11月16日 (日) 23時11分

おはよう。。。。

  そう。。。。ですよね
 おばあちゃん・・・との《入浴シーン》
  涙『ボロボロ』で。。。した。
   あ=~~また見たくなったですよ

投稿: おじょ | 2008年11月17日 (月) 10時02分

ぼんやりさん。今晩は。
昨晩(16日)の内にコメント読んで下さったのですね。又、お返事までありがとうございました。十代でのソクヒョンとの恋。そして出産。傷つき癒されないままのヨンシン。こと恋愛に関しては臆病になってしまっていますね。
ギソのヨンシンに対する気遣いにも表れているような気がします。今晩は7話から見ます。お忙しい中、ありがとうございました。

投稿: れんぎょう | 2008年11月17日 (月) 19時33分

おじょさん。そうそう、このドラアのあの入浴シーンは絶対泣くでしょう。ボミとソッキョン母とは、顔がそっくりだし、それまでの経過から、ソッキョン母から、あのようなストレートな言葉が来るとは予想していませんでした。抑えていた感情を言葉にする時、それは人に伝染します。
私も、ちょっと見てたら、とばしとばしで、だいぶ見てしまいましたよ^^

投稿: ぼんやり | 2008年11月17日 (月) 22時02分

れんぎょうさん。再度、視聴ですね。
このドラマって、けっこうギソやヨンシンの顔のアップが多いので、その表情を追っているだけで、とっても楽しめます。楽しめるということは、演じている人がうまいということでしょう。

投稿: ぼんやり | 2008年11月17日 (月) 22時06分

こんばんは!
1話から展開が気になり、引き込まれて次々と見てきましたが、なぜか、はまらなかったです。
子役の演技力は、抜群でした!! なんと上手なのでしょう~ そのボムとソクヒョン母のお風呂シーン(2人の会話・それを聞くソクヒョン)には、涙 涙でした。
ボムの台詞からも、人生観が語られているようで、考えさせられたり、笑わせられたり・・・何気ない、ほんの小さなシーンにも心温まる、とっても気持ちいいドラマだったと思います。。コマスムニダ~~

チャン、ヒョクさんの"目"・・素晴らしく良くて、アップも多いので、魅力が強調されていましたね。
それなのに、物足りない?! 何回かあったハグ・キスシーンに、まったくドキドキしないのです。静かに流れる良いドラマには、不要だったのでしょうか(汗)
・・オススメできる作品です。。余計なこと書いて、ごめんなさい・・

投稿: kei | 2010年7月11日 (日) 22時21分

こんにちは、keiさん^^
うん、このドラマは、はまるって感じじゃないでしょうね。題名は「ありがとうございます」・・・感謝をテーマにした物語と思います。韓国ドラマには、めずらしく^^静かな良いドラマ・・・だと思います。
恋愛・・きゅ~~んってシーンは、あまりないのですが、まさに「しみじみ」って感じの良さがあると思います。

投稿: ぼんやり | 2010年7月13日 (火) 07時02分

Keiさん。。。ぼんやりさん
   今晩は。。。happy01
  このドラマ~大好きですね~
   どんな時にも「感謝」・・・ありがとう・・・って難しいよね。
  私は祖父が逝く時のシーンは感動しましたね。涙「ボロボロ」でした~虐げられても、召される時には「ありがとう&感謝」で逝きたいものですが~そんなに人間出来てないので・・・<`ヘ´>
  胸キュ~ンがなかった・・・
    私の友人は「ヨンシン」が納得いかない<`ヘ´>・・・なんであの人を「チャン・ヒョク」が好きに・・・ここも嫌う人がいますねぇ~~~
   私は。。。ただ・・・ひたすら「チャン・ヒョク」に見とれてました
  

投稿: おじょです | 2010年7月13日 (火) 17時52分

こんにちは、おじょさん^^
そうですね。私がボロボロしたのは、やはり、ボムとソッキョン母入浴シーンです。ここは、このドラマで真っ先に思い出す名シーンです。あとは、祖父のチョコパイ配りシーンかな。胸きゅんシーンが名シーンとして、思い浮かばないのは、ドラマのポイントがそこに無いからでしょう。

投稿: ぼんやり | 2010年7月14日 (水) 06時38分

こんばんは!
良作品に、ずれたことを書いて(アセ アセ)
俳優達が、とにかくうまいので、静かな感動を覚えましたし、見て良かった!と思っています。
ぼんやりさんの各話の感想を読み、同感するところも たくさんありましたので、ドラマの台詞やシーンと同じくらい、言葉が胸に入ってきました。。。
感謝・・触れてありましたでしょうか。私は、ソクヒョンが"いい父と伝えてくれて~" ヨンシンが"ボムを授けてくれて~"「ありがとう♪」と言った感謝の言葉も印象に残っています。2人の間に、これがあってよかったです!

おじょさん、こんばんは☆ keiです。
私には、ドキドキやワクワク感はなかったのですが、とっても素敵な大事にしたいドラマでした。。チャン・ヒョクさんの、優しいのに強いまなざしに、うっとりでしたか・・・
おじょさんが オススメの「インスイは きれいだ」録画終了しましたが、もう少し あたためますね。楽しみにしています! ありがとう~

投稿: kei | 2010年7月14日 (水) 19時51分

こんにちは、keiさん^^
チャン・ヒョクさんは、私には言葉がこもるような声をしていると感じます。それがこのドラマでは、生かされていたように思えます。しかしながら、ドラマのペース自体がちょっと変わっていますので、見る人を選ぶかもしれないですね。

投稿: ぼんやり | 2010年7月16日 (金) 07時00分

いままで生きてきた全ジャンルの映画・ドラマの中でもぴか一のドラマでした。最後の場面でコンヒョジンちゃんとチャンヒョクのむきあって問いかけるコンヒョジンの表情の変化!!とても他の人には出せない表現力。
何度みても最高の感動を与えてくれます。
どんな場面でも自然ににじみ出るやさしさ
に溢れています。このようなドラマ・俳優さんに出会えたこと、本当に、ありがとうございます^^

投稿: たか | 2013年4月10日 (水) 12時50分

こんにちは、たかさん^^
このドラマは、派手じゃないけど良いドラマです。俳優さんたちの演技も味わい深いと思います。しかし、今、自分の書いた感想を見ると、われながら「よく書けたなぁ」と思います。韓国ドラマは、同じような傾向のドラマが重なる傾向があって(記憶喪失ネタ、ファンタジーネタ、医療ネタ、おばさんパワーネタ、タイムスリップネタ・・など)その時代時代で、自分がどれくらい嵌れるかが違います。私としては、記憶喪失ネタが好きですが、今では、そういうドラマは「え~、またかい」と拒否られるでしょうね。安定して見られるのは歴史ものでしょうか。TUTAYAには大量のいろいろなジャンルの韓国ドラマが並んでいます。わたしも、さすがに全部見てません。たくさんのドラマから、自分の好みのドラマを探して、楽しめたら、やった~って感じです。

投稿: ぼんやり | 2013年4月13日 (土) 08時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145819/15581142

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国ドラマ「ありがとうございます」16話見終わりました。:

« 韓国ドラマ「ウェディング」6話まで | トップページ | ク・ヘソンさんつながりでジウン1集 »