« ク・ヘソンさんつながりでジウン1集 | トップページ | 韓国映画「サッド・ムービー」を見ました。 »

2007年7月 1日 (日)

韓国ドラマ「ウェディング」10話まで

韓国ドラマ「ウェディング」10話まで見ました。忍耐のドラマです。チャン・ナラさん演じるセナは、結婚している夫に片想いというとんでもない設定ですので、がまんしかありません。

韓国ドラマで、よくあるパターンで、対抗役が、自分に愛が無くてもいいから一緒にいたいと婚約式を計画して、通常はこの婚約式がすっぽかされるのですけど、すっぽかされずに結婚までしちゃったら、こんな感じ・・・というドラマなのでしょうかね。そう、思ってみていると、別のドラマのあのカップル(結ばれなかった対抗役と主役ね)が結婚していたら、どうなっただろうと全然違う想像をして、変な楽しみかたをしています。

セナの夫スンウは、「自分の人生のうちで、愛は一度きり」だと言って、ユンスへの一生の愛を口にしているわけですから、こんな男といて幸せなわけがありません。ドラマ自体に、どうしてもいや~な感じが流れるんですよね。セナの愛は、少しずつ頑固なスンウを変えていってはいるのですが、これは、ほぼ同じことの繰り返しになっちゃうのです。セナ泣く→スンウ優しくする→セナ喜ぶ→セナやっぱり疎外感→セナ泣く・・・このパターンを何度見せてもらったことでしょう。ひどいときには、わずか1話ぐらいで、このパターンがあったような気もしてますので、「いいかげんにせんかい!」と言いたくなります。このパターンが、好きだと何度も好きなパターンが出てきてこのドラマ楽しいとなるのでしょうね。でも、私は、ちょっとしんどいよぉ~。チャン・ナラさんドラマなので、リタイヤは悔しいが、この山は高い(意味不明^^)。途中で、寝ちゃうんです。進まない。他のドラマ見られない・・・葛藤・・・忍耐でがんばる(笑)。

9話で登場人物の求めるものが表現されます。セナは「信頼」スンウは「安らぎ」ユンスは「犠牲(献身)」ジニは「平穏」と答えました。なかなか各人の心を表現していておもしろかったです。10話になると、スンウがちょっと変わってきましたので、ちょいとおもしろい^^。

なるほど、こういうオチを狙っているのか?スンウにとってユンスへの愛は本物じゃなかった。抱きしめたい、一緒にいたい、触れていたいという初めての感情をスンウは口にします。本人も気づいていなかったけど、「セナが本当の初恋なんだ~だから、俺の愛は一度きり、セナ、お前に捧げる」という展開になるのでしょうかね。いきなり、スンウをいい人にする方法です。う~ん、安易だよ~。この後こんな予想通りに展開するのでしょうか。忍耐・・・忍耐^^。

私としては、チャン・ナラさんが悩んだり、探りをいれる言葉を発したりするのをずっと、見ているのはとってもつらいです。オバカに明るく真っ直ぐって感じのイメージが、できてますもの・・・。

そんなに悪い人が登場している訳でもないのに、何故か重苦しい。人への思いやりが、他の人を傷つけてしまう。ドラマではなくて、現実の世界でも、こんなふうに進んでいくのかなぁと思います。知らない間に、人を傷つけ、頭では理解していても、つい、皮肉を入れたりして、なさけない思いをする。自分の意図していないように、理解されて人間関係がうまくいかない。などなど・・・。

人を好きになる際に、似た人間を選ぶか自分に無いものを持つ人間を選ぶか、どっちが良いのでしょう。似た人間を選ぶと、基本的に楽です。言葉が無くても、感じることは同じ。良いですよね。一方、自分に無いものを持つ人を好きになる場合は、その無かった部分を吸収して、似た人間になろうと合わせるという行為がしばしば伴います。これは、ちょっとしんどいですが、成長が見込めます。そうしなくても、互いの無い部分を補いあって、似たものどおしカップルより、いろんな状況に対して対応できるバリエーションの多いカップルになる可能性が高いです。このドラマでも、セナとジニの2人、スンウとユンスの2人は、似たものどおしで見ていて、一緒にいて気分が楽そうに描かれています。気分が楽というのと、ドキドキするというのは違うので、難しいですよね。楽しくなくても、つらくても、やっぱりドキドキしなくっちゃ・・・(無茶かも・・)

|

« ク・ヘソンさんつながりでジウン1集 | トップページ | 韓国映画「サッド・ムービー」を見ました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145819/15619848

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国ドラマ「ウェディング」10話まで:

» 雪の女王 [雪の女王]
今密かにブームになっている韓国ドラマの雪の女王についてのブログです。雪の女王について語っていくのでぜひご覧ください。 [続きを読む]

受信: 2007年7月 1日 (日) 23時40分

« ク・ヘソンさんつながりでジウン1集 | トップページ | 韓国映画「サッド・ムービー」を見ました。 »