« 漫画「蟲師」を読んでみた。 | トップページ | 韓国ドラマ「朱蒙」4話まで »

2007年7月21日 (土)

ついに「朱蒙」・・・2話まで

さて、ついに「朱蒙」を見はじめました。このドラマは説明をする必要もないくらい有名な高視聴率ドラマです。長いのと主役ソン・イルグクさんがちょい苦手なので、見てませんでした。

主な配役は

  • 朱蒙(チュモン)をソン・イルグクさん (私にとって「海神」ではいやーな奴でした。好きじゃないのよ~このドラマで変わるか?)
  • 召西奴(ソソノ)をハン・ヘジンさん (「頑張れクムスン」ですよ~。ちょっと視聴しかけてるが、イメージがかなり違う^^)
  • 金蛙(クムワ)をチョン・グアンリョルさん(「ホジュン」の主役です。信念を持ったお医者さんのイメージがしっかりと残っています)
  • 柳花(ユファ)をオ・ヨンスさん (「二度目のプロポーズ」は、まだ見てないので、何ともいえませんが、「雪だるま」のお姉ちゃんです。妹役コン・ヒョジンさんを対照に、めちゃくちゃきれいでした)
  • 解慕漱(ヘモス)をホ・ジュノさん (「ホテリアー」、「オールイン」など、出ているだけで存在感のある人です)

て・・・ところです。以下2話までのあらすじ化してます。

時は、鉄器文化を持ち古朝鮮を滅ぼした漢は、楽浪・臨屯・真番・玄菟の4つの郡 (漢4郡)を置き、古朝鮮の流浪民を厳しく支配していた紀元前60年のあたりからはじまります。ちょっと、歴史は忘れちゃいましたが・・・まともな日本史が出てくる前のお話ではありませんか?弥生時代?卑弥呼より100年くらい前?こういうのを考えると、昔、日本は辺境の田舎であり、文化はやはり大陸って実感しますね。

物語は、ヘモスとユファの子、チュモンが高句麗を建国するお話みたいです。1~2話までは、まだイントロですので、ソン・イルグクさんやハン・ヘジンさんはでてきません。あっと・・・赤ん坊のソソノがでてきてましたね。ということは、チュモンよりソソノは年上なのか。変なところに気がつく私。さて、感想ですが、韓国ドラマの歴史物は、たいていおもしろいのですが、やはり、これもおもしろいです。流民を指導して、漢の支配に対して抵抗している朝鮮の英雄ヘモスは、ある時、傷を負い、死にかけたところを、ユファに助けられます。ところが、ヘモスを匿ったため、ユファの父とその部族は、漢の鉄騎兵により皆殺しにされます。ユファも、罪に問われ、処刑されそうな所を、ヘモスの友人であり協力者である扶余国王子のクムワが助け、自分の国に連れ帰ります。クムワは、ユファに恋心を抱きますが、時すでに遅く、彼女の心は英雄ヘモスに向けられており、ヘモスもその想いに答えます。そうして、クムワとヘモスは連合して、漢と戦うことにしたのですが、扶余国王、軍師、神女の裏切りから、ヘモスは捕らえられ、両目をつぶされてしまいます。その時、すでにユファのお腹にはヘモスの子が・・・という2話でしたが、息つく間もなくおもしろい展開です。

なんといっても、クムワとヘモスの存在感はすごいです。この2人にからむユファの美しさ・・・うん、続きがどんどん見たいという気にさせられますね。これは、ユファがクムワの庇護のもと、扶余国で、チュモンを産み、チュモンが扶余国を乗っ取って、高句麗を建てるのかなと予想しちゃいましたが、どうなんでしょう。先は怖ろしく長い・・・^^。

|

« 漫画「蟲師」を読んでみた。 | トップページ | 韓国ドラマ「朱蒙」4話まで »

コメント

はじめまして。
朱蒙に引き寄せられ来ました。
今はまっています。私はBSフジで見ているのです
が、毎週水曜夜がとっても楽しみです。
ソン・イルグクさんもだんだんカッコよく見えて
きました(笑)。
ホジュンは一番好きなドラマですが、王様役も
貫禄がありなかなか良いですよね。
盲目のヘモスを見る度に座等市よりスゴイと
思ってしまいます(笑)。

投稿: ボラ | 2007年7月22日 (日) 01時22分

いらっしゃいませ。ボラさん。
むむ、このネームを聞くと「雪の女王」をおもいだします。脱線は置いておいて、、、。

朱蒙おもしろいですよね。「ホジュン」「チャングム」「商道」「ソドンヨ」どれも長いけど、見て後悔するようなことはありません。

この、朱蒙も韓国ではすごい視聴率でした。NHKの大河ドラマといった感じなのでしょうかね。私は、スカパーのKNTVでの放送を録画してDVDに落としたので、見てますが、スペシャル番組を含めて総数55枚を越えています(泣)これは、ちょっと不細工な録画をして、1枚に2話入らなかったことが原因となっています。時間を短くするための編集時間とDVD1枚の値段を取ったら、絶対DVD1枚のほうが安いですから、迷わず大量のDVDになっちゃいました。うず高く積まれたDVDの山を崩すように見ていくのも、楽しいです。

投稿: ぼんやり | 2007年7月22日 (日) 07時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145819/15833560

この記事へのトラックバック一覧です: ついに「朱蒙」・・・2話まで:

« 漫画「蟲師」を読んでみた。 | トップページ | 韓国ドラマ「朱蒙」4話まで »