« 韓国ドラマ「朱蒙」55話まで | トップページ | 韓国ドラマ「朱蒙」73話まで »

2007年8月15日 (水)

韓国ドラマ「花いちもんめ」2話まで

韓国ドラマ「花いちもんめ(花を探しに来たの)」を2話まで見ました。このドラマは、韓国では人気が無く、視聴率は5%のあたりをフラフラするといったドラマだったそうです。「朱蒙」視聴中ですので、どうしても、こんな感じのドラマが見たくなります。配役はカン・ヘジョン、チャ・テヒョン、コン・ヒョンジュ、キム・ジフンという4人ですから、ネームバリューとしてはまずまずです。

女性側主役ナ・ハナをカン・ヘジョンさんが演じます。カン・ヘジョンさんといえば、映画「トンマコッルへようこそ」で、存在感のある役をやってました。映画「オールド・ボーイ」も有名(未見だが、どこかにあるはず^^)です。ここでは、お金が大好きという女性を演じています。このドラマはこの女性の設定がすべてであると感じました。葬儀屋の娘として生まれたハナは、人の死ということが、日常となっていて、死に対して心を動かすことはありません。お金が大好きというこの娘ハナは、余命の短い金持ちの男と結婚して、たくさんのお金を得ようと計画しています。

ハナはお金に興味がある以外は執着を持っていませんので、ほとんど無表情なんです。この無表情さが、おかしいのです。何か見ても「ハァン!何それ」って醒めた目で世間を眺めているわけです。ここに現れたターゲットはチャ・テヒョンさん演じるユン・ホサン。彼は、借金取りに追われるという金をもっていない人物なのです。このホサンとハナの出会いが1から2話ってとこです。この出会いは、周到に練られた脚本でして、考えただけで複雑な展開でした。だって貧乏な男が、「余命短いお金持ち」とハナに認識されるまでの過程は、誤解と偶然と事故の連続でして、ありえな~いと言いながら笑ってました。

うん、これ、今のところドタバタコメディなんですよね。だいたい、ドラマ最初の風景は、ソフトファーカスで、世界で最も美しい光景・・・・それは・・・「木にお金が実ってるじゃないかぁ~」というつっこみで始まり、ハナの両親の葬儀社の名は「道連れ葬儀社」、母は父に叱られると棺桶に逃げ込み、ハナは、病院の死体安置室で、死体庫から冷えたキムチを取り出して食事するというように、そこここに、笑えるネタがあります。葬式っていうのは、亡き人を悲しみながら見送るということですので、そこには笑いや明るさはありません。伊丹十三の「お葬式」に描かれたように、通常と違うこのイベント・・・結婚式と違って決して笑いながら行えないというところが、第三者から見ると、(不謹慎ですが)実はとってもおかしいのです。この葬儀社をベースにして、チャ・テヒョンさんですから、コメディとなりますよね。

でも、このチャ・テヒョンさんの演技のパターンは、笑いの中にある悲しみであることを知っていますので、彼が明るければ明るいほど、後で悲しくなると期待しているわけです。ここでは、本人はまだ、知りませんが、自分の余命があまりないという設定になっています。ドタバタコメディは無視して、さあ、ここで、予想される展開は、お金大好きで、死に対して無頓着なハナは、余命幾ばくもないホサンに計画的に近づき、恋愛をしかけますが、いつしかそこには、本当の愛が芽生え、彼が死を迎えるという事実に逆にうちのめされ、本当に大切なものはお金ではなくて、人間なんだと涙するというパターンです。どーだ!このとおり進むしか無いでしょう?こう進めば、ハナの序盤の設定が、冷たいものであればあるほど、後半の人情味に溢れた演技が際立つはずです。逆に、脳天気お気楽ホサンが死を覚悟してからのシーンは、前半部を対照に悲しいものとなるはずです。

さて、素人の私でさえ、こう考える今後のストーリー・・・その通りに進めば、あとは出演者の力と演出がキーポイントとなりますし、脚本家の人がそんなところは狙わないとなれば、意外性のある違った物語になるでしょう。見ているうちに視聴率が低かった原因もわかるかもしれません。

ちなみに、脇役で、カン・シニルさん(「復活」のお父さんだ~)とキム・ヘオクさん(「Dr.ギャング」のお母さんだ~)という好きな人が出ていますので、この人たちを見るのも楽しみです。そうそう、書き忘れてたけど、ハナの対抗ナムギョン役で主役級の美しさを持つコン・ヒョンジュさんが出ています。CMの女王として有名らしいですね。男性の対抗ウンタク役は「どれだけ好きなの」のキム・ジフンさんですが、私はこの人の声がねぇ・・・特徴あるよね・・・好みじゃないのさ^^。

★おっと、追記です。これを書いてないとSG Wannabeファンの人に怒られる^^怒りゃしないって(笑)。カン・ヘジョンさんは、SG Wannabe 「Timeless」と「死ぬほど愛してた」のMVにでているらしいです。・・・という情報を得たら、あの役だなと思い浮かびました。SG Wannabe 2集のDVD付きを持っていますので、本棚から出してきてカン・ヘジョンさんを見ようとMVを見てたら、やっぱり歌のほうにのめり込んだ^^。う~ん。ワナビーはいい!見てない人は必見のMVです。というか、歌を聴こう!。YouTubeでリンクさせておきます。

検索途中で出てきた情報で、カン・ヘジョンさんのあだ名が、容貌が東南アジア風なので「不法滞在者」ってのが笑えました。うん。納得~。

|

« 韓国ドラマ「朱蒙」55話まで | トップページ | 韓国ドラマ「朱蒙」73話まで »

コメント

こんにちわ~。これ、結構良かったみたいじゃありません?視聴率はイマイチだったようですが、結構良作と聞いております。ぼんやりさんの評価が楽しみです。

投稿: sayaendo | 2007年8月15日 (水) 19時54分

こんにちは。このドラマって、けっこう配役が良いですし、設定自体良いと思いますので、楽しみにしています。韓ドラコメディのパターンとしては、はじめはドタバタでも、最後は大泣きにする方向へもっていくと思いますので、その時点で素直にのめりこんでいるかどうかがポイントでしょう。まだ、はじまったばかりなので、どうなるのかわかりませんね。^^

投稿: ぼんやり | 2007年8月15日 (水) 20時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145819/16121346

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国ドラマ「花いちもんめ」2話まで:

» 韓国ドラマ 雪の女王 大研究 [韓国ドラマ 雪の女王 大研究]
韓国ドラマ 雪の女王 本も出ているよね。お昼のランチチャンネルで韓国ドラマやっているの、最近チェックしています。 [続きを読む]

受信: 2007年8月15日 (水) 17時31分

« 韓国ドラマ「朱蒙」55話まで | トップページ | 韓国ドラマ「朱蒙」73話まで »