« チャン・ユンジョン ベストアルバム「The Encore」で@@ | トップページ | 韓国ドラマ「愛に狂う」10話まで »

2007年11月22日 (木)

韓国ドラマ「愛に狂う」8話まで

韓国ドラマ「愛に狂う」8話まで見ました。チェジュン(ユン・ゲサンさん)とジニョン(イ・ミヨンさん)のカップルは、やはり違和感ありありなんですけど、ストーリーとしては結構良いですね。

ジニョンを笑わせることができるのはチェジュン。そのチェジョンから、ついに好きだとジニョンは告白されるわけです。ずっと死んだ夫のことを想ってきたのに、なぜかチェジュンのことを考えてしまう。やってきました恋ですよ。人の心はどうしようもなくて、時間とともに過去の出来事を忘れ、今に生きることになるのは当然のことです。このあたりのジニョンのとまどいは、なかなか良い感じでした。そして、7話最終で、チェジュンの「愛してる」の言葉が飛んできます。その瞬間、私、ジニュンの心にその言葉がビシッと刺さっちゃたのが見えました。「痛ぁ~~」って感じですよね。これにて、もうジニョンは恋の虜になりました。こっからは、そのカップル・・・ラブラブなんですけど、職場恋愛って難しいです。おまけに女性のほうが上司ときたら、やりにくそうです。上司として、他のメンバーへの心配りを細心にしておかないと、チームがバラバラになりますよ。

韓国ドラマではよくある事なんですけど、一人の女性がいて、その人を好きな人が2人。片方がその女性と両想いになった時、振られた方の言い分で「お前には譲らない」ってのがありますよね。これを聞くたびに、人は譲ったり譲られたりするモノじゃないぞ~と思うわけです。恋愛を成立させるのは、両者の意志であって、別の人が資格があるとかないとか言うこと自体がおかしいのです。要は自分の想いが届くかどうかだけであって、後は相手の気持ちしだいであり、その相手が誰とつきあおうがまったく関係ありません。ドラマでは、愛から執着というパターンで示されますが、対抗役が相手の意志を無視し始めると不快感がジワジワと湧いてきます。まあ、この展開にしないとドラマにならないってのもあります^^。ここでも、ヒョンチョルがそうなりそうな感じですよね。

そして、次の不幸を際だたせるために、2人の幸せな感じが描かれていきます。ついに、食堂のおばあさん、ヒョンチョル、ミンヒとチェジュンがジニョンの恋人を事故で殺してしまったことに気づきます。うわぁ~、めちゃくちゃになるぞ~と思わせて8話終了。怖いですね。ジニョンを傷つけないために、きっとチェジュンがこっぴどくジニョンを振るという展開を予想していますがどうなることか^^。そして、ミンヒ(キム・ウンジュさん)の本当の気持ちはどこにあるのでしょう?この2人の事実を知った時に、チェジュンを支える方へまわるのでしょうか?う~ん。どう転んでも切ない感じですので、ツボに入ってきましたよ。「90日、愛する時間」に続いて、またもや眠くならず次が見たいと思わせるドラマです。幸せ~^^。

|

« チャン・ユンジョン ベストアルバム「The Encore」で@@ | トップページ | 韓国ドラマ「愛に狂う」10話まで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145819/17155198

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国ドラマ「愛に狂う」8話まで:

« チャン・ユンジョン ベストアルバム「The Encore」で@@ | トップページ | 韓国ドラマ「愛に狂う」10話まで »