« 韓国ドラマ「愛に狂う」14話まで | トップページ | 韓国ドラマ「コーヒープリンス1号店」一気視聴しました。 »

2007年12月10日 (月)

韓国ドラマ「愛に狂う」全16話見終わりました。

韓国ドラマ「愛に狂う」全16話見終わりました。最初に結論を書いておきましょう。今年見た純メロ系のドラマで最も良かったと思いました。配役に惹かれはしませんでしたが、切ない純愛を主人公2人が上手に演じてくれましたので、満足しました。特に、ジニョン演じるイ・ミヨンさんはすごいです。目に潜む意志・・・これが、女優としての生命線です。私の好きなツボをたくさん押してくれたドラマでしたので、評価は高いです。ただ最終回は時間が足りない。余韻というか想像で今後の2人を予感させましたが、もう1話延長して、もっとはっきりハッピーエンドにしてくれたほうが好きです。ちなみに最終回からあと4話くらい「ラストダンスは私と一緒に」みたいな展開をつくっても、充分切なくて楽しめたと思います。音楽は素晴らしいです。イ・スヨンさん、ハ・ドンギュンさんの歌は、決めのシーンで効果的にかかり、ムードを盛り上げます。はまったドラマには、良い音楽があるってのは、やはり言えます。以下ネタバレです。

15話は、家をでたジニョンが、チェジュンの住む家に転がりこむところから始まります。同居しているおばあさんや友人が寝静まった後、ジニョンとチェジュンは、会話を交わし、そのまま2人並んで眠ってしまいます。チェジュンの友人の言葉「いいなぁ」・・・まさしく私もいいなぁ~と思いました^^。いろんな困難があって、やっと並んで眠れるようになった2人。それまでの苦難が思い出されますので、本当によかったなぁと思いました。「今まで生きてきた時間より、これから生きる時間のほうが長い2人が死ぬほど好きっていうのに何の問題がある?」という食堂のおばあさんの言葉が印象的でした。過去に捕らわれるより、未来に目を向けて生きようということです。過去は、どうやっても変えることはできません。しかし、未来は変えることができるのです。たとえ、どのような困難が待ち受けていようとも、自らが選択して進んで行くのです。それは、自分の責任ですし、それが自分の人生です。人からの助言は聞きましょう。でも、最終決定は自分なんですよ。許しをもらったり、認めてもらったりすることは、二の次です。もちろん、このドラマのジニョンは、自分の生き方を決めたら、ヒョンチョルの忠告などで動じることはありません。

この後、ジニョンとチェジュンのデートシーンが出てくるのですが、ここは違和感ありあり。どう考えても、ジニョンのデートとしては似合わない。ジニョンなら、美術館とか博物館、おいしいものの食べ歩きとか、ちょっと落ち着いたデートを想像します。遊園地、娯楽施設系はちょっとねぇ^^・・・と勝手にイメージ作っています。

そして、15話も終わろうとするところで、チェジュンの病気が発見されます。前にボクシングショーで打った頭から脳出血していて、ケンカによりますますひどくなったということです。ここで、「きたか~これでチェジュンが死ぬのかぁ」せっかく幸せをつかみかけた2人なのに・・・しかも、その原因を作ったのは、ジニョンの言葉と言うことですから、こりゃジニョンも生きていないよなと思いました。

さて、16話脳からの出血によりチェジュンの記憶が消えて行きます。苦しかったことを忘れられるのですが、愛した人のことも忘れてしまう。これは、恐ろしいほどの不幸です。あの苦しみに耐えてつかんだ愛を忘れてしまうのです。この不幸を1時間で描くことはできません。ですから、最終話は急いだといいます。そして、16話の見せ場・・・そのチェジュンの病気の原因は自分ということをジニョンは知ります。ジニョンは自らを責めます。自分を責めて責めて、そして出した結論が、こんなことには負けないという意志です。本当にこのジニョンというキャラが大好きです。私。恐ろしいことに、チェジュンは、やっとの思いで克服した人を殺したという罪悪感を再度味わうことになります。これって無茶苦茶怖いです。そして・・・手術を受けたチェジュンは・・・もう、書けませんね。最後は、人の縁ってとこでしょうか。手術後、食堂のおばあさんと語るジニョンの言葉もすごいと思いました。そこまで行くともう笑みがでるのかぁ。まさしく、この生き方はジニョンの生き方です。最終シーンは、これだけの愛を描いてきたドラマを受けるには、ちょっと物足りないですが、許しましょう。ツボに入ったら、はまりますので、見て下さいね。

12/20追記:音楽が良いといっておきながら、紹介していませんでしたね。

イ・スヨン 愛に狂う mp3 MV
イ・スヨンさんは声でその世界を作ってしまいます。こういうドラマのOSTを歌わせると聞いた瞬間に「イ・スヨンきたぁ~」と思ってしまいます。

ハ・ドンギュン 世界…ただ一度の愛 mp3 MV  
この歌ってもりあげるんですよ~

|

« 韓国ドラマ「愛に狂う」14話まで | トップページ | 韓国ドラマ「コーヒープリンス1号店」一気視聴しました。 »

コメント

う~ん・・・また、見なきゃいけないものが増えてしまった・・・
ぼんやりさんにそこまで言われたら、見なきゃいかんでしょ
そのうち・・・

投稿: ちぃ坊 | 2007年12月11日 (火) 01時33分

いらっしゃいませ。このドラマは、期待通りに進むメロですので、とってもよかったです。本文中にも書きましたが、私は女性側主人公のジニョンの性格付けが気に入ってまして、いっそう嵌ったみたいです。はじめは、ユン・ゲサンさんの幼さが気になりましたが、最後には忘れちゃいました。(笑)これから、KNTVで放送が予定されています。今ならKNTVのHPで、めずらしく特集ページが組まれています。そこにOSTの名曲2曲のMVが見られます。ハ・ドンギュンさんの曲なんか聴いているとまたもや自分のメロモードスイッチオンとなるのが感じられます~。機会がありましたらどうぞ~。

投稿: ぼんやり | 2007年12月12日 (水) 06時46分

こんにちは!
後半6話は、これでもかというくらい、とても苦しくて せつないものでした。 でも、苦難を乗り越えた2人に、希望が持てるラストシーンで、ほっとしました。 チェジュンには、本当に幸せになってもらいたかったから・・ 死なないで、よかったですよ。

音楽が、効果的でしたね~ とってもいい!!歌詞がでてくるので、静かな感動を・・・少しだけ、泣きたくなりました。 確かに、きついドラマでしたが、細やかな心情表現の中に 温かさも感じたし、何よりも、あいまいさのないズバリ台詞に、ドキドキしました。そうか~

良いドラマを見れたというだけで、良い時間だったと思えました。。。 (ひとつだけ、ジニョンに聞きたかった、、友人の忘れた携帯を見て、気持ちを知ったのに、後ろから なぜ 抱きついたの? 単なる感謝?!・・オモオモ)

投稿: kei | 2010年10月13日 (水) 14時17分

keiさん、こんにちは^^
けっこう良いドラマでしたでしょう。音楽が聞けるかなと思って、私の感想からのリンクをたたくと、さすがにYouTubeは消されていましたが、mp3は大丈夫でしたね。
イ・スヨンさんの声って、すばらしいわ~。ハ・ドンギュン・・やるな~。ということで、音楽は最上級の評価でございます^^
2時間くらいの続編を作ってくれたら・・・いや、あの余韻で想像したほうがいいか・・・。

投稿: ぼんやり | 2010年10月13日 (水) 22時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145819/17335016

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国ドラマ「愛に狂う」全16話見終わりました。:

« 韓国ドラマ「愛に狂う」14話まで | トップページ | 韓国ドラマ「コーヒープリンス1号店」一気視聴しました。 »