« 韓国ドラマ「京城スキャンダル」4話まで | トップページ | M TO M 3集 「The Colorful Voices」聞いてみました。 »

2007年12月25日 (火)

韓国ドラマ「京城スキャンダル」8話まで

韓国ドラマ「京城スキャンダル」8話まで見ました。おいおい、相当良くなってきましたよ。以下ねたばれ。

ソヌ(カン・ジファンさん)の恐れていることは、ヨギョン(ハン・ジミンさん)に賭けの対象として近づいたということを知られることと、自分とヨギョンの進む道が違うということです。さしあたって、賭けの秘密は隠しながら、道の違いは、行けるとこまで行ってみようということで・・・・ドラマは展開していきます。

2人デートのドライブ途中で、車が止まり、ソヌとヨギョンは一夜を共にすることになります。ソヌは、女性口説き用の鞄を常備していて(←笑える)、それを開け、ロウソクとワインでヨギョンと楽しい時を過ごします。ヨギョンはお酒を飲むと本音がでます。自分は本当はとっても弱くて、不安いっぱいなことを・・・それを隠すために、普段一生懸命がんばっていることを。

私たちも、自分の弱い所は、なるべく人に見せないようにするでしょう。そして、その弱みを見せるのは、好きな人の前ってのが多いのではないでしょうか。いや、お互いが自分の弱みを見せて、それを共有し、補っていくというのが恋愛なのかもしれません。好きな人の前では自分が出せる。最初は、気をつかっていても、最後には自分を飾らず見せるというのが、楽ですし、男女の付き合いの長続きのコツだと思います。

こうして、酔ったヨギョンは、もはや気丈なところは消え、か弱い女性へと変わってしまいます。それをやさしく抱き寄せて眠らせるソヌ。うーん、良いシーンだ。この後がおもしろい。「宮」の初夜を思い出します。ソヌはこんな無防備な女性を目の前にして眠れるはずがありません。すると、やっぱり腕立て伏せですか?男の本能を抑えるには、運動しか無いのか^^。笑っちゃいました。ホントにヨギョン役のハン・ジミンさんがちっこくて、ソヌ役のカン・ジファンさんの腕の中にすっぽり入るのがとっても良い感じです。

でも、ついに、ソヌが賭けの対象で恋愛を仕掛けられたということをヨギョンが知ることになります。当然、ヨギョンにとっては信じられない奴ということと共に、自分と生き方が違うということが問題になります。ヨギョンの主義・生き方は、植民地朝鮮の解放のために、何らかの力になるということです。そのためには、ある程度の危険もやむを得ないし、大義の前に個人の恋愛感情は捨てる。そして、自由に生きているソヌに心配はかけられないという考えから、ソヌに別れを告げます。さあ、今まで、女性を振ったことはあっても、振られたことのないソヌ・・・ここから、とっても良いですよ。だいたい、ヨギョンに「好きな人ができたから、これからは、その人へ向かうの」と言われて振られますので、そいつは誰だ?と思うことになります。これから、こういうストーリーがくるとは思いませんでした。なんと、ヨギョン自身の身を守るためと情報の獲得のため、ソンジュ(ハン・ゴウンさん)から朝鮮総督府保安課のスヒョン(リュジンさん)に恋をしかけろというアドバイスがくるわけです。この恋愛不器用のヨギョンが恋を仕掛けるって?そりゃ、無理でしょう^^。どう見てもわざとらしい。それでも、それを見たソヌはガーンとショックを受けるわけです。このあたり、2人の気持ちの行き違いがとってもおもしろいです。

しかし、ヨギョンは、組織の暗殺に関与したと疑われ、警察に捕まり拷問を受けることになります。気を失いかけたヨギョンを抱きかかえたのはスヒョンでしたが、ヨギョンはソヌと勘違いし、自分の本当の気持ちを語ってしまいます。スヒョンに抱きかかえられて「本当は好き」なんて言っているところに、ソヌ登場。わおぉ、そりゃ勘違いするぞ~大変だぁで8話終了。おもしろいじゃん。このドラマ。やはり、男優2人がかっこいいなぁ。

|

« 韓国ドラマ「京城スキャンダル」4話まで | トップページ | M TO M 3集 「The Colorful Voices」聞いてみました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145819/17480177

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国ドラマ「京城スキャンダル」8話まで:

« 韓国ドラマ「京城スキャンダル」4話まで | トップページ | M TO M 3集 「The Colorful Voices」聞いてみました。 »