« 韓国ドラマ「ケセラセラ」10話まで | トップページ | 韓国ドラマ「ケセラセラ」全17話見終わりました »

2008年1月16日 (水)

韓国ドラマ「ケセラセラ」12話まで

韓国ドラマ「ケセラセラ」12話まで見ました。やっぱり、テジュとウンスは別れてしまいました。すると結果としては、あのシンガポール「愛してる」状態の前に戻っちゃったわけです。違うのは、ヘリンはテジュにベタ惚れして可愛い女に変わったことと、テジュは何とかウンスの力になりたくて、別れを告げたということです。

テジュの苦しい気持ちが伝わってきて胸が痛いのですが、この選択は間違っていますよね。妹のジスのために、ウンスに苦労をかけたくないとの思いが中心にあるのでしょうが、ちょっと動機が弱いと思いました。通常、このパターンが通用するのは、愛する人が病気で、助けるにはお金が必要、たとえ別れることになっても愛する人が生きていてくれればよいという思いなら理解できます。ここでは、愛する人の妹の病気です。こうなるとちょっと違うと思います。自分の想いを消して、愛する女性を傷つけてまで進む道では無いと思うのです。相思相愛がわかっているなら、共に手を携えて、苦労と喜びを共有しようとするのが道ではないでしょうか。命はある場合、お金で買えることがあります。お金の無い人に金のかかる治療を受けさせることが難しい場合があるということは認めなくてはいけません。治療のための募金を頼むとか、自己破産覚悟でサラ金で金を借りるとか(踏み倒して逃げる・・・生きてりゃ何とかなるという考えね^^)まだ方法はいろいろあるかと思います。テジュには、それをウンスと共に考えて欲しいのです。まあ、ドラマですから、愛する人のために他の女性と結婚なんてほうが、切なくて視聴者を惹きつけますがね。

結局、このテジュのウンスへの支援は、ウンスの知るところとなります。「他人なんだからほっといて!」というウンスに返されるテジュの「ほっとけないんだ」の言葉。愛してると同義なんですけど・・、もちろん、ウンスに響きますが、その言葉は彼女を苦しめるだけでした。結局、この苦しみから逃げるために彼女はジュニョクと結婚しようとするみたいですね。ここに至ってやっぱり、テジュがウンスを振る理由がわかりにくいのです。権力への夢とウンス家族の幸せ?そんなものより、やっぱりウンスを取らないと・・・苦しいだけですよ。

ストーリー展開としては、「初めは○○が好きでした。今はXXと付き合っています・・・」というのが「今はXXと結婚しようとしています」になっただけじゃん。ふ~。同じようなあたりをグルグル回っている気がするのですが、それでも許そうかな。これを許せなかったら、このドラマは見られませんよね。

ウンスというキャラが恋を知って、その人間性が変わってきたのがわかります。初めは、素直な愛で恋愛は楽しいものという感じが溢れていましたが、回を重ねる度に、愛とは苦しいもの、人を信じることは難しいというように変わっていき、純真な笑顔が消えてしまいます。序盤の何も考えず真っ直ぐ人を愛する気持ちはどこにいったのでしょう。それこそが、ウンスの愛であったはずなのです。ですから、この終盤になっても、私はウンスが真っ直ぐにテジュを愛してると信じているわけです。それなのに、ジュヒョクにキスするわ、ジュヒョクと結婚するといいだすわというストーリーにするので驚いてしまうのです。恋愛を経験することにより、その人が変わってしまう。それは、幼い心が、成長したとも言えるでしょう。それは望ましいことであるかもしれませんが、真っ直ぐに人を好きだったという初心はいつまでも忘れて欲しくないというのが、私の勝手な夢なんです。

何でこんなにややこしくするんだという思いから、やめられないという変わったドラマです^^。この先知りませんが、あとややこしくするなら、あの仲良しの時の3日間でウンスが妊娠した・・とかいうのを持ってくると良いと思います。いいかげんにして~でも、嫌いじゃないよ、このドラマ・・・なぜだか、かなり好きです。

|

« 韓国ドラマ「ケセラセラ」10話まで | トップページ | 韓国ドラマ「ケセラセラ」全17話見終わりました »

コメント

こんにちわ~

ぼんやりさんの感想毎日楽しみにしてまーす^^

今出がけなので要点だけ書かせて頂いて申し訳ないですが、私はテジュがウンスを振ったのは、単にウンスとの未来が重くなった というか、ウンスの家族の生活まで支えるために家の保証金まで取られながらお金に汲々としながら働く生活が一生続いていくのだと思うと気が重くなったところにヘリンからおいしい話が来てそっちの方が気が楽そうだし、元々自分はそんなに本気で恋愛をするタイプじゃない(自分が本気でウンスを好きなことに気付いてない)&元々「何もかも持ってる女が好き」なんだから、「本来の自分に戻ろうとしただけ」という解釈でした。後で妹の手術費用を出したのは自分への罪悪感の為というのが大きな理由 と思ってたので、私の母から「テジュは手術費用を出してあげたくてヘリンを選んだんでしょ?」と聞かれた時は凄くびっくりしましたが、ネットをさまよってるうち多くの方が母のような解釈なのを聞いて驚きました、ホントにドラマの解釈っていろいろだなーって。。。(その後も何回もこのドラマ見てますが、妹を助けるため と感じた事は一度もないなー)

ただ、このドラマの面白いところは、テジュが自分を妙にいい奴に見せようとしない&弁解しない奴に描いてるところに好感を抱きました。テジュっていうのはいつも目の前の面倒なことから逃れようとするだけで、物欲や野望が一見あるようで実はない 単にその時その時気が向いた方&楽そうな道を選ぶキャラで、そういう人っていると思うし、それはそれで一貫しているなー と。。。

ジュニョクはテジュのそういうところが大嫌いなのだけど、テジュはそういう自分を言い訳しないせいか憎めないキャラになってる気がします。

ただ、命がかかってるんだから、ウンスはあそこまでテジュの申し出を断るのは私的には「?」です。人の好意を受ける事が思いやりな時だってあると思うし、このドラマに限らず、韓ドラって人がお金や物をあげるのを、「プライドを傷付ける行為だ」と怒り過ぎると思うんです。私なら人が差し出したものなら喜んで受け取ってしまうと思うし、その辺りがお国柄なのかなー。。。(エリックさん特に好きでも嫌いでもないので贔屓入ってないと思います)

投稿: にょこ | 2008年1月16日 (水) 10時03分

なるほど~。私は、こうあって欲しいと思って見てますので、ウンスを振ったのは妹のためと解釈しちゃったのですね。テジュをもっと気楽な人間ととらえれば、簡単に振るのは納得できます。予想といいますか、お涙ちょうだいストーリーを自分の中に作ってますので、妹のための別れ→→ウンス別れの理由を納得と流れるはずだと思ったんです。それなのに、ウンスがテジュの行動を「罪悪感のためでしょ」と言ってまったく評価しないなぁと思いました(このドラマ予想をはずすのが得意なので、またかと思った次第です)。それで、テジュ可哀想・ウンス譲れよとなって盛り上がりました・・・。まあ、自分の好きなストーリーを頭の中に作って見てるのも楽しいものです^^。

投稿: ぼんやり | 2008年1月16日 (水) 22時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145819/17711610

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国ドラマ「ケセラセラ」12話まで:

« 韓国ドラマ「ケセラセラ」10話まで | トップページ | 韓国ドラマ「ケセラセラ」全17話見終わりました »