« 韓国ドラマ「銭の戦争」12話まで | トップページ | 韓国ドラマ「ケセラセラ」見始めました。4話まで »

2008年1月12日 (土)

韓国ドラマ「銭の戦争」視聴終了しました。

韓国ドラマ「銭の戦争」全16話見終わりました。結論から言うと、序盤のおもしろさに比べると後半はちょっとダウンしましたが、通じてとっても楽しく見られたドラマでした。ストーリーとしておもしろいので、見ても大丈夫だと思います。以下ねたばれあり。

さて、後半になりますと、ハ・ウソン(シン・ドンウクさん)がイ・チャヨン(キム・ジョンファさん)の祖母を裏切り、ブルーエンジェルという会社を我が物にしようとします。シン・ドンウクさん、ちょっと変な髪を切ってさっぱりした感じにすると、とっても格好良くなりました。しかし、私の感想としては、彼はミスキャストのような気がしましたね。印象がちょっと若すぎる・・・もう5年たってこの役をやれば良かったと思いますが、知的・冷酷・内に秘めた愛と良心を表現するには、ちょっと貫禄が不足している気がしました。もっと、簡単な御曹司の役だったら、格好いい~可愛い~でベストだったかなぁ^^ごめん。

ストーリーで惹きつけてきたこのドラマですが、後半になりまして、ついに恋愛もちょっと描いておこうじゃないの・・・といった感じで、クム・ナラ(パク・シニャンさん)とソ・ジュヒ(パク・ジニさん)の恋が始まります。すでに、この2人、とっても仲が良くて、見ていてとってもかわいいカップルなんですけど、まだ一歩踏み出して、なかったんですよね。そこで、発生するハ・ウソンのジュヒ拉致事件です。ジュヒを拉致して「この女が大事ならお前の持っている50億と交換だ」というわけです。これって誘拐身代金事件じゃないの?なんか簡単に事件が起きているのですが、重大犯罪ですよ~。そこで、クム・ナラは、「お金は払えない、好きにどうぞ」といったん立ち去ります。やっぱりお金が大切というわけでしたが、ジュヒとの思い出が走馬燈のように頭を駆けめぐり、Uターン。「ほら、50億の金庫の鍵だ、ポイ!」と投げ捨て、ジュヒを取り戻すんですよ。さあ、ジュヒの心境は如何に・・・クム・ナラがお金に困った人生を送り、やっと獲得した50億・・・これを自分のために投げ捨てたとくりゃ、胸キュ~ンとなったのでしょうか^^。自分は、「真実はいつかは勝つ」と信じて生きてきたけど、報われていないジュヒ。そんなちっぽけな自分のために大事な50億を投げ捨てる男がいる。ジュヒにとって、クム・ナラはとっくに気にかかる存在になってましたから、この事件でクム・ナラの気持ちが確認できたということが、うれしかったのでしょうね。

ここから、2人のラブラブシーンがでてくるのですが、いきなりおきまりの親の反対・・おいおい、そりゃ無いでしょう。この間まで、クム・ナラの父親代わりだったジュヒの父が「サラ金業が職業じゃ娘はやれん」とくるわけですから、びっくり^^サラ金業は、ヤクザにけっこう近い存在で描かれてますから、危険性と人間性の問題として親として、もっともな反対なのかもしれませんが、これまでの展開からは、予想できませんでした。これを受けて、2人が別れるのも急すぎる。このあたりの恋愛描写は、ちょいと急いだと思いました。

最終的に、クム・ナラは成功を収め、社会に貢献する金貸しとして名を成すわけですが、どんなに成功しても、心に開いた穴の存在を感じるわけです。その穴はジュヒ。結局、どんなに成功しようとも、共に喜び、共に悲しむ妻や家族がいないと人生は満ち足りたものにならないということがテーマなのでしょう。最終話については書きません。ドンポ社長にとってお金は我が子と同じ、我が子を殺された親の心境となれば・・・ということです。

このドラマは、めずらしくこの後スペシャル版が制作されています。このドラマの続編を含んだエピソードなら、めちゃ魅力的だったのですが、ジュヒ役パク・ジニさんが健康上の理由(?)から出演しなかったため、難しいストーリーになってしまいました。ちょっと残念です(まだ、スペシャル版全部見てないけど^^)

おっと、ファンカのガンジャ役のチョン・スヨンさんがジュヒの友人役で出ていました。イメージ変わって、けっこうおきれいでございました(笑)

さて、次は「ケセラセラ」へ行くぞ~^^

|

« 韓国ドラマ「銭の戦争」12話まで | トップページ | 韓国ドラマ「ケセラセラ」見始めました。4話まで »

コメント

こんにちは。
ファンカ以来の書き込みです(^_^;)
私も今日、銭の戦争を見終わりました。
評判通り、面白いドラマだと思いましたが、
私の中ではパク・シニャンさんはインテリのイメージが強すぎて、クム・ナラ役に馴染むのにちょっと時間が必要でした。
中盤まではホントに面白かったですが、やはり納得いかないのが最終話。
結婚式場の場面が出てから、”まさか、またそっち系?”って思っていたら・・・やっぱりね。
なんでそうするかな~って最後は不満で終わりました。
途中コメディタッチな感じの場面もあったので、もうちょっとそっちを強く出して欲しかったのが私の意見です。
ジュヒ役の方は「ストック」にも出てた方ですよね?
ストックより今回の役の方が合っていたんじゃないかと思いました(^.^)

投稿: コッスン | 2008年4月24日 (木) 11時04分

そうですよね。このドラマは初めのほうがおもしろかった。途中で、あくどく貯めたお金は盗んでもよいという感じの論理がでてきて・・・う~ん同意できないと思ったので、気分が落ちてしまいました。終わりかたも・・・ちょっとね。問題ありですわ。ドラマ自体の設定は、とっても良かったと思います。

投稿: ぼんやり | 2008年4月24日 (木) 20時08分

ばんやりさん、こんばんは
何といっても、パクシニャンさんの熱演が光りますよね。「ここまでするか?」というくらいお金がなくて路上生活のありさまの演技は見事です。犬に向かって人生観を聞いた時、犬が「ウォンウォンウォンウォン」ここおかしかったです。笑えました~~。

ヒロインの健全さ、賢さ、自分を卑下することなく堂々と生きる強さ、たくましさに惹かれました。「かわいくて少し抜けていて、」それか、「美人で意地悪で・・・」とかいった画一的な描かれ方でなく、大人の分別ある女性像が心地よかったです。パク・ジニさん、この方健康的ですよね~(もしかしたら、整形顔でないからかな・・わかりません)

マ・ドンポ社長イ・ウォンジュン氏凄いです。50億を奪われてからのうつろな男、気が付いてからも言葉が出せないための演技圧巻です。
「さあ式場に・・・」とナラ氏に言われた時の顔の表情・・・サングラス姿なので確認はできませんが、一転して杖を振り下ろす姿、「殺意は始めから持っていたのか」それとも、「ポケットに祝儀を返したときか・・」人間の持つ多面性を見事に演じきってみえました。この人が一番印象に残りました。ここ、ぼんやりさん疑問に思われませんでしたか・・

始めは面白くてどんどん引き込まれていきましたが、いくら悪いことをして儲けた金とはいえ、人様の金を盗むあたりから、少々ついていけなくなりました。「金の魔力」はよくわかるのですが、先生の言葉が難解でお金をたくさん持ってないからかな・・・よくわからなくなりました。

ドラマだから、きっとそのまま素直に受け入れるべきなのでしょうね。それにしても、終わり方は唐突です。韓国ドラマは終わり方が、今までの熱演がうそのようにあっけらかんとしたドラマが多いけれど、「この終わり方で韓国の方はいいの・・・」と聞きたくなり困りました。

すみません、いつも遅くに・・・

投稿: orugann | 2008年12月23日 (火) 02時36分

こんにちは、orugannさん^^

ドンポ社長の演技は確かにすごいと思いました。
終わり方が、あまりに予想外で衝撃的ですので、やはり、心の中で受け入れることができませんよね。あのような終わり方をする必要があったのでしょうかねぇ。私は、あの後、何とか元気な姿の映像が出てこないかなと思ってしまいました。

前半は、すごいおもしろいと思いました。本文の感想にも書きましたが、悪銭であっても、それを盗み、何とも思わないというのは、やはり、不快感を誘導します。後半は、テンションが下がりました。ちょっと惜しかったです。

投稿: ぼんやり | 2008年12月24日 (水) 01時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145819/17663726

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国ドラマ「銭の戦争」視聴終了しました。:

« 韓国ドラマ「銭の戦争」12話まで | トップページ | 韓国ドラマ「ケセラセラ」見始めました。4話まで »