« ダビチ「憎くても愛しいから」を聞きました。 | トップページ | 韓国ドラマ「ソウルメイト」11話(エピソード20)まで »

2008年2月 2日 (土)

韓国ドラマ「ソウルメイト」6話(エピソード10)まで

韓国ドラマ「ソウルメイト」6話(エピソード10)までみました。いやぁ。これ、いいです。おすすめ!^^(まだ終わってないので、この後変わるかも)

決して、韓国ドラマという期待に添ったドラマではありませんが、なんか昔から見てきた日本のトレンディドラマのようで、懐かしい感じのテンションで進みます。大きなストーリー上の流れはあるのですが、見たあと、何だったけ(何も残ってないのかというつっこみ)という感じの軽さ・・・しかし、見ている最中は、まったくの夢中で楽しいというとっても変な感じのドラマです。いわゆる、恋愛ガイドドラマみたいな雰囲気です。男性3人と女性3人が、それぞれの恋に自分のやりかたではまっていくという感じです。

女性陣3人のキャラ設定がすごいです。これまでの前半部は、まさに独壇場ともいえるユジン・・・この女性のぶりっこしゃべりや変な髪型にも、すっかり慣れてしまい、恋する女って、そんなこと考えてるんだと、ドンウクとの恋を眺めています。そりゃ、シン・ドンウクさんに「俺の女」と言われて、ぐいっと抱き寄せられてキスでは、たいていの女性は恋におちるわな^^。その後、プレイボーイと思われたドンウクが、何か全然そんな感じがしなくて、ユジンに振り回されているという感じがしました。ちょこっと出てきて台詞は少ないけど、圧倒的な存在感はミネ・・・彼女は、何人もの男性と交際していますが、誰が好きなんでしょう。みんな好きなのか?今後、彼女の変わり方(変わるのか?)も楽しみなところです。スギョンは、今のところ、フィリップに恋する妙なハイテンション女性として出てきています。彼の愛を、まったく疑っていない女性・・実はフィリップはミネにだんだん心奪われていますので、つらいことになるのでしょうね。別れの時の涙の演技が見たいものです。

愛ってするものじゃなくて、訪れるもの・・・いや・・・そこにあるもの・・・だそうです。

続きが見たいのでダッシュ~。

|

« ダビチ「憎くても愛しいから」を聞きました。 | トップページ | 韓国ドラマ「ソウルメイト」11話(エピソード20)まで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145819/17930935

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国ドラマ「ソウルメイト」6話(エピソード10)まで:

« ダビチ「憎くても愛しいから」を聞きました。 | トップページ | 韓国ドラマ「ソウルメイト」11話(エピソード20)まで »