« LOVEHOLICのOSTベストCD発売だって^^ | トップページ | シン・ヘソンとLynの「その男その女の物語」 »

2008年3月 1日 (土)

韓国ドラマ「19の純情」3話まで^^

さてと、ハードディスクの中を圧迫(全話入っている;;)している「19の純情」をちょっとだけ見てみました。3話まで見たんですけど、ごめん~けっこうしんどいってのが第一印象です。「3話・・・って1時間30分くらいで言うか~これは約30分で167話もあるんだよ」というつっこみがきそうですが、だって、しんどいんだもん。貯めたのがまずかったかぁ^^。目標が遠いとはじめからオチこぼれるタイプです、わたしって・・。史劇は長くても見るんだけど、「神様お願い」とか、感想あげてないけど「幸せな女」とか「頑張れグムスン」なんかもチラ見はしてるけど、続いて見て無いなぁ^^。内容というより、見る前にくじけるんだろうねぇ(笑)

さて、主人公はおきにいりのク・ヘソンさんです。ク・ヘソンさんといえば、「ソドンヨ」でまっさきに目をつけた女優さんだったのは、私の「ソドンヨ」の感想を見ればわかるはず。ここでは、中国から韓国へと国際結婚のためにやってきたグッカを演じます。明朗活発、善良ながんばりやの女性を演じてますので、はまり役かと思います(しかし、主役はいけるのか?という疑問はちょっとあり^^ごめん)。

一方の男性側主人公はアイスマンと呼ばれるクールな金持ち男ユヌ(ソ・ジソクさん)で、きっと2人の恋物語になるのでしょう。アイスマンと呼ばれた人間がグッカのペースにはまって壊れていく過程を楽しむ物語になるのでしょうかね。・・・とこんな予想をたててしまうと、この感じで何十時間かよ~とクラクラするわけです。周りの人たちは、見知った人が演じていて安定感がありますが、そちらのサブストーリーを描きすぎる気がしました。いいから、グッカとユヌで集中しようよ~と言いたいのですが・・・・。まあ、おきにいりの「あの青い草原の上に」の時の感想も、はじめ周りを描きすぎてると言ってたような気がします。良いドラマになりますと、これらの周辺の物語が、全て中心へ集まってくるという印象に変わり、良かったなぁとなりますので、特に欠点とはいいません。配役はOK、ストーリーOKというわけですから、単に長いというのが問題なんでしょうね。まあ、ボチボチ見ていくでしょう。「ごめん、第一印象間違いでした」と書きたいものです。

|

« LOVEHOLICのOSTベストCD発売だって^^ | トップページ | シン・ヘソンとLynの「その男その女の物語」 »

コメント

こんばんは、ぼんやりさん。
「かなしみよさようなら」(全60話)観終わりました。ぼんやりさん、苦手な長編です(笑)
登場人物が多くて、なかなか物語についていけなくて、10話くらいまであまりおもしろくなかったのですが、突然面白くなってきました。後半から最後にかけては、すごく楽しめました。「家族愛」「幸せとは」等がテーマで、すごくまじめな物語でした。主演の男優さんは、すごく良かったのですが、相手役の女優さんが、ちょっと・・・と最後まで思ったまま終わってしまいました。

そして今日ビデオ屋さんから借りてきたのが、「19歳の純情」です。
あしたからまたすごく楽しみです。
観終わったらまた遊びに参ります。

投稿: 明子 | 2008年11月29日 (土) 22時45分

「悲しみよさようなら」は未見ですが、出演者を見てみると・・・カン・ナムギルさん(好き)イ・ジョンウォンさん(嫌い)キム・ドンワンさん(普通)パク・ソニョンさん(まあOK、「真実」の悪役ぶりはうますぎて評価するけど、むかついた^^)シン・ドンウクさん(まあOK)オ・ヨンスさん(好き)って感じですね。60話だと一気に行く力がないと私・・完走できません(短距離タイプなのよん 笑)

「19の純情」はいろんなサイトで評価が高いですね。全部見てないので私は何とも言えませんが、きっとおもしろいのだと思います。このドラマ、録画して今でもハードディスクの中に居座っていて、容量を圧迫しています。普通DVDにおとしてしまうのですが、すぐ見そうだと残す傾向にあります。つまり、見る意志はずっとあるんだけど、踏み切れない・・・という迷いのドラマですわ(笑)

投稿: ぼんやり | 2008年11月30日 (日) 05時37分

こんにちは。
ぼんやりさんの、出演者の好き嫌い度を読ませていただき、「かなしみよ・・・」の出演者紹介のサイトを見てみました。
そして、キム・ドンワンが歌手だったこと、パク・ソニョンが前にすごい悪役をしていたこと等を知りました。確かにソニョンは悪役似合いそうです。どうしても善人な部分だけではない気がして、最後までそれが引っ掛かりました。

「19歳の純情」は6話まで観ました。
これは最初から面白く、楽しめそうです。
主人公が「ホジュン」に出演しているのを観たときから、この子は主役もできると思っていました。なかなか可愛らしく、これから毎日彼女に会えるかと思うと楽しみです。
ぼんやりさんと同時進行で観れたら、うれしいんだけれど・・・・

投稿: 明子 | 2008年11月30日 (日) 14時14分

う~ん^^「19の純情」を見る根性が・・・まだ無いのですわ。ははは・・・。

今は「太陽の女」をやっつけて、次は、「ポンダルヒ」を見てないのでそれに行って、「不良カップル」へ行こうかな・・・と思っています。あくまで予定ですがね。メリー&テグつながりで、「オーバーザレインボウ」も結構興味あるしなぁ。

きまぐれなんで、見始めたら一挙に行きますよぉ~。

投稿: ぼんやり | 2008年11月30日 (日) 20時25分

>主人公が「ホジュン」に出演しているのを観たときから、

すみません、訂正です。
「ソドンヨ」でした。

「19歳の純情」もう一週間で60話までいきました。
韓国ドラマって脇役の人までていねいに書かれていて、最後は全員好きになってしまいます。

毎日本当に楽しみです。

投稿: 明子 | 2008年12月 6日 (土) 09時14分

明子さん、こんにちは

おお~進んでますね。このドラマって、見た人がだいたい良いって言うんですよね。はまって見られるドラマがあると、毎日に目標ができた感じで、楽しいです。よかったですね。

見る気があっても、時間が不足中・・・これが辛い。
毎週毎週、けっこう録画して貯まっています・・・私(涙)

投稿: ぼんやり | 2008年12月 6日 (土) 10時41分

おはようございます、ぼんやりさん。
(ぼんやりさんの記事を読んでいると、ぼんやりさんと言うより、「しっかり」さんという感じです(笑))

>主人公はおきにいりのク・ヘソンさんです。
私ってほんとに「ぼんやり」です。
ぼんやりさんもお気に入りだったのですね。
私もすっかりファンになってしまいました。彼女の明るさと、まるで赤ちゃんのような純粋そうな、クリクリッとした眼が大好きです。

今朝、全話観終わりました。
ユヌのお母さんと娘のユンジョンが大活躍です(笑)その他のわき役もいい味出しています。とても魅力的に書かれています。
「がんばれクムスン」も良かったけれど、決してクムスンにも負けていないと思いました。

本当に韓国ドラマって面白いですね。
しばらくは韓国ドラマ三昧が続きそうです。
さて次は何を観ようかな・・・・♪

投稿: 明子 | 2008年12月21日 (日) 08時07分

おつかれさまです。明子さん。

いいなあ・・・クムスンも19の純情も見たのですね。私も見たいが・・・まとまった時間が欲しいなぁ^^。

私は、血液型がAB型ですので、A型が出ているときは、めっちゃ細かいですが、B型が出ているときは、まあいいかってな感じで、本当に適当なんですよ(二重人格^^)。
ですから、まじめに書いた感想とさらっと書いた感想で大いに力の入れ方が違います(笑)。

今年も残り少なくなってきましたね。私は「不良カップル」を見て、「イ・サン」の貯めてるのを見て、「ベートーベンウィルス」を放送ごとに見て、終わりそうです。

また、よろしくお願いします。

投稿: ぼんやり | 2008年12月21日 (日) 13時23分

こんばんは
連休中にトライしました。
サイドストーリーは早送り多用で、現在90話くらいです。ユヌとグッカのラブストーリーは最高です!!これだけで、1本作ってほしかったかも・・。後半失速ぎみになるという情報もありますが、ハッピーな気分になれれば良しとします。うんと時間ができたら、もう一度サイドストーリーもしっかり楽しみたいです。

投稿: そそら | 2009年5月 7日 (木) 23時33分

こんにちは、そそらさん

実は私も「最強チル」からク・ヘソンさん繋がりで「19の純情」を再開して、昨日見てみたのですが・・・サブストーリーの退屈さにまたもや、止まってしまい「神の天秤」へ浮気してしまいました。メインのラブストーリーだけだったら、良いのにね^^。「19の純情」このドラマの感想の続きを書く日はいつになるのでしょうか^^

投稿: ぼんやり | 2009年5月 8日 (金) 00時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145819/40317803

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国ドラマ「19の純情」3話まで^^:

« LOVEHOLICのOSTベストCD発売だって^^ | トップページ | シン・ヘソンとLynの「その男その女の物語」 »