« GavyNJ 3集でます! | トップページ | 韓国ドラマ「インスンはきれいだ」14話まで »

2008年5月27日 (火)

韓国ドラマ「インスンはきれいだ」12話まで

韓国ドラマ「インスンはきれいだ」12話まで見ました。そろそろ終盤となってきましたから、盛り上がってきますよ。このドラマって、けっこう感想をかけるドラマなんです^^。以下ネタバレを含んでます(12話は良い^^)。

11話、まず、ポイントのシーンは、インスンに対して、サンウがすべて公表して楽になれというところですね。インスンは、そうしたいのです。そして、その後の非難もやっかみも、受ける勇気があるのです。ただ、母は違う。自分の夢を娘にのせている母。ずっと、一緒に暮らしてきたわけでは無い親娘ですから、逆に、娘インスンの母への思いやりは大きいものがあります。自分は、ひとりぼっちだと思っていたのに、母がいた。その母を悲しませるようなことはできません。違う道だと心で思いながらも、母が喜ぶから、進んできた道。そして、自分としても他人から愛されるいう好ましいこの道を歩んでいても、心の中に平穏は無かったのです。そこをサンウに指摘されたのです。自分でわかっていることを指摘されるから、インスンはつらいのです。だから、サンウが嫌なのです。サンウは、インスンを最も良く知っていて、しかも最も知らないという・・この男、何とかしてあげてください。この2人の関係は、とってもつらいものがあります。

インスンの慕う高校の先生は、場面場面で実に効果的な教育的指導(笑)を行います。サンウに向かって「恋愛とは、相手が喜べば自分も喜び、傷つけば自分も傷つく。相手の気持ちが自然にわかるのが愛だろ。好きになったら女の気持ちを理解しろ。」はいはい。サンウ・・・ちょっと考え込んでしまいましたね。これまで、自分はインスンの気持ちを理解していたのかどうかを・・・。自分の知っているインスンは好きで、スターの道を歩んでいたのか。自分の言葉は相手を傷つけていなかったかどうかを・・・愛とは、好きな人の気持ちが自然に理解できること。サンウは、先生の言葉を受けて、ちょっと成長したようです。人の心は、実は他人にはわかりません。なにしろ、自分の心がわからない場合が多いのですから、他人がわかるはずもありません。そのわからない心、感情というものを、他人と共有したような錯覚に陥るのが愛・・・。恋人でも家族でも、自分のわからない心を誰かと共有したい・・・不確かな心を確認したいと思うのが、本能として刷り込まれているのかもしれません。

そして、12話・・・この1話は、とっても素晴らしい回となっています。ついにきた~ともいえる、2人の心のふれあいが、おだやかに訪れます。

12話冒頭のシーンは、とっても美しいです。少ない会話に込められた2人の想い。「君も俺のことが好きじゃないか」サンウの強気に、ついにインスンの本音が少しずつ現れてきます。なるほど、逃げ続ける女には、男の強引さが必要なんですね。帰り道に、手をつなぐ2人。けっこういい大人が手を繋いで歩いてるシーンって、何かとっても良い気がしました。こうして、何となく、インスンとサンウってまとまったかのように見えたのですが、実はまだまだ。インスンは自信がないのです。

12話最終に、またもや、きれいなシーンがきます。ここでは、私、知らないうちに泣いていました。ぐわっと盛り上げるのでは無いのですが、しみじみ泣かされる。いいわぁ~。待ち合わせの場所に、こないインスンを待つサンウ。それを遠くから見つめるインスン。駆け寄りたくても、後一歩踏み出せません。その一歩はインスンの恋のすべて。その一歩が今は踏み出せないのです。サンウにとって、自分はまだ相応しくないし、自分に自信ももてない。彼の愛を受けとめるだけのしっかりとした自分になりたい。それまでは、その一歩を踏み出せないのです。寒そうにずっと待つサンウを見つめながら、インスンは電話をかけます。「私、到底・・・まだ、無理なの」と電話するインスン。ほら、サンウが見つけてくれました。彼のほうから、一歩つめてきてくれましたよ。このあたり、とてつもなく優しいまなざしのサンウが素晴らしいですよね。そして、「私スターじゃなくなってもう一度やり直すの」というインスンです。サンウにとって、彼女がスターとか前科があるとかは、関係ないのです。昔からインスンは特別な存在。それは今も変わらず、そしてこれからも・・・ですから、インスンは、その優しい言葉に甘えればいいだけなんですけど、インスンはその特別な言葉の本当の意味を理解してないみたいです。彼にとって、インスンは特別・・・何を意味するか・・・もう、このあたりのサンウはめちゃくちゃ良くて・・ついにキメの言葉を吐きます。「自信が持てるまで、待つよ。どれくらい?10年か?100年だって待つよ。その時まで嫁にいくな」でインスンやっと撃沈です。ずっと、待ってるから、自信ができたら結婚しよう!って言ったわけですよね?ね?ここのキスシーンがまた、いい!雪が舞い散る中、ホッペにチュですから・・・この抑えた演出が、インスンの生真面目な人生と控えめで臆病な愛を表現していて、そして、それに応えるサンウの優しさが感じられて良いと思いました。キスシーンは激しくなくても良いんだ~なるほど(笑い)

BGMで流れる音楽が、もの静かですから、ドラマ自体も、おとなしめとなります。しかし、ドンハの歌がきただけで、だんだんパブロフの犬状態になって、ウルウルしてきます。

おっと、インスン母が、報道陣を前に、インスンの前科を発表ですか。打算と愛を演じる中心となるインスン母・・・やりおるわい^^。

サイドストーリーのジョンア(インスン妹)のめちゃピュア(あぶなくプアーと書きそうになった^^)なクンス(イワンさん)への愛は、何なんでしょうか?彼女の「好きなのに理由は無い」として、何も考えず彼についていくのも、若くて良いもんです。その愛は、インスンとの対照としておいてあるのでしょうかねぇ^^

|

« GavyNJ 3集でます! | トップページ | 韓国ドラマ「インスンはきれいだ」14話まで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145819/41334519

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国ドラマ「インスンはきれいだ」12話まで:

« GavyNJ 3集でます! | トップページ | 韓国ドラマ「インスンはきれいだ」14話まで »