« 韓国ドラマ「愛をたずねて三千里」11話まで | トップページ | 韓国ドラマ「インスンはきれいだ」見終わりました。 »

2008年5月30日 (金)

韓国ドラマ「愛をたずねて3千里」12話まで

韓国ドラマ「愛をたずねて3千里」12話を見ました。スニョンの息子ネタから、スニョン、ヒジュとゲピルの恋愛ネタに変わってきましたので、興味しんしんとなっています。内容自体は深さは無く単純に楽しく見られます。

さて、前話で、ついにヒジュは自分の本当の気持ちに気づき、それが抑えられないものだと実感した彼女は、ゲピルの弟との交際を破棄し、ゲピルが好きと公言します。見かけ上、ゲピルとヒジュで両想いとなり、めでたしめでたしという状態のはずなのですが、ゲピルは、ヒジュの気持ちを受け入れません。ゲピルは優しい性格ですから、自分の弟が苦しむのは見たくなかったのでしょうね。しかも、自分に自信がない。完全無欠で一途にヒジュを愛している弟スンホに比べて、自分は仕事もできず、女を口説くぐらいしか能が無い。そんな自分に、弟を振って、自分に向かうような女の責任は取れないと思ったのかもしれません。ただ、ヒジュには、母の面影が感じられて愛しいのです。

こうして、ヒジュをもとのさやに戻すために、ゲピルは、スニョンと結婚しても良いと言ってしまいます。もう、この時点では、スニョンは、「可哀想という愛情」がゲピルに向いています。ゲピルのヒジュへ愛を応援するたびにスニョンは傷ついていたのですね。こうなると、実は彼女にとっては、ゲピルのプロポーズは非常に残酷な申し出となるわけです。「好きかも」と思っている男から、結婚しても良いと言われても、それが別の女の幸せのため・・・なんてプロポーズ、「馬鹿にするな~」って言いたいですよね。好きな男に、自分の気持ちに正直になって別の女に向かいなさいというスニョンの辛さが、あちこちで見え隠れしていて、私のおきにいりの切ない展開となってきました。

でも、ゲピルは、スニョンが好きだし、結婚できると言っているのです。この言葉には、ある意味本音も隠されていますが、スニョンには伝わらないでしょう。やはり、嘘でも(笑)お前だけを愛してるって言ってもらわないとね~。

そして、ここの最終シーンは、ちょっとドキドキ。けがをしたゲピルとスニョンは2人は薬をつけあうのですが、スニョンが薬をつけるためにゲピルの顔に近づいた時、ゲピルのまじめな視線が・・・そして、無言・・・ゆっくりとキスなんてシーンがでてくるんです。ちょっと突然なんですが、ジワジワ近づいてくるゲピルの顔とともに、スニョンの困惑が感じられて、いつ、スニョンのピンタがとんでくるかと思ってましたが、そのままキス。スニョン開いていた目をつぶっちゃいました(ほんとに、この目をつぶるまでの時間が良い~。心の中の葛藤時間が表現されています)

さあ、新展開です。どうなるんだろう?うーん、再放送録画ではなく、初回放送側で見たい~。・・・どう、録画時間割を繰っても、他番組との関係から録画時間を合わせられないや。悔しい!

|

« 韓国ドラマ「愛をたずねて三千里」11話まで | トップページ | 韓国ドラマ「インスンはきれいだ」見終わりました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145819/41368296

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国ドラマ「愛をたずねて3千里」12話まで:

« 韓国ドラマ「愛をたずねて三千里」11話まで | トップページ | 韓国ドラマ「インスンはきれいだ」見終わりました。 »