« 韓国ドラマ「なんでウチに来たの」2話を見ました。 | トップページ | 韓国ドラマ「不汗党(プランダン)」10話まで »

2008年6月14日 (土)

韓国ドラマ「不汗党(プランダン)」8話まで

韓国ドラマ「不汗党(プランダン)」8話まで見ました。はっきり言って、このドラマ5話まで、おもしろくないです! 寝てしまって、ストーリーがわからなくなることが、何度あったかことでしょう。ダルレ役のイ・ダへさんは、確かに可愛い。金持ち男のチングは確かに笑える。お母さん役のキム・ミスクさんは、ここでもうまい。脇役はみんな良い。しかし・・・主役のオジュン(チャン・ヒョクさん)が根性悪いのです。だから、見ていても気分が悪い。途中で、チングとダルレの恋のほうが、はるかにおもしろいと思いました。ごめんなさい。しかし、これでリタイヤしてはいけませんよ。6話でチョイ泣き、7話でじ~んときますから。がんばってくださいね(本当?)。

オジュンは、いわゆる詐欺師ですから、嘘つきなんですよね。見ていても、嘘なのか本心なのかわからない時があります。嘘をついている本人自身が、嘘なのか真実なのかわからないのです。そうした彼の元に差し込んだ一筋の光がダルレだったんです。

6話で、ダルレは、オジュンの策略にはまり、自分のお金をすべて巻き上げられてしまいます。うまくいった。これでおさらばだと喜ぶオジュン。彼の元にダルレからのメールが届きます。「あなたのお友達が詐欺師だったみたい・・・」この女は俺を何故疑わないんだ~オジュンの心にいつもと違う感情が芽生えます。絶対の信頼・・・それを寄せてくる人を人は裏切ることができるのでしょうか?ある意味、バカとも言いますが、そのような信頼にオジュンは出会ったことがなかったのです。彼は、詐欺師として、人の裏をとることばかりしていました。そして、本当の自分というものを見失っていたのです。本当は、子供が大好きで、姉想いで、人から愛されたいし、愛したいという善良な気持ちが心の奥にあったのです。詐欺師ができるということは、人を喜ばせる手段を知っているということ。その人の心の動きを知っているということなんです。曲がってしまった人生で、今は詐欺をはたらいているけど、オジュンにとって、詐欺を演じている時は、人を喜ばせていて、それが本当だったのかもしれません。ですから、ダルレの信頼は裏切れなくなりました。嘘の人生を本当にしたい。今までの人生が恥ずかしい。

「人と人とが出会うということは、宇宙と宇宙とがであうようなもの。私の宇宙を受け入れてくれますか?」というダルレの言葉にオジュンは返事ができませんでした。自分の宇宙は、あまりに汚れていたので、彼女の宇宙と混ぜることはできなかったのです。ですから、彼は変わろうとします。自分に「もう嘘は付かない」とルールをきめたのです。ダルレの世界を受け入れられるだけの自分になりたい。でも、そう思う事自体が、もう嘘かもしれない。彼は、わからなくなりましたから、唯一の友人マンドゥの所へ行きます。他人からの確認が必要だったのです。友人から信じてもらえること。この確認ができて、はじめて自分を確立したのです。そうして、オジュンはダルレの元を訪れ、2人の恋が始まりました。

このドラマやっと動き出しました。どうしようも無かったオジュンが変わりたいと思うところで、やっと感動を生みましたからね。

8話もよかったです。サイドストーリーのダルレによるチングの教育で2度泣かされました。謝るということを知らなかったチングは、ダルレのアドバイスを受けて、別れた奥さんのところを訪れます。彼の口から「ごめん」という謝罪の言葉がでました。彼は、ついに、別れた妻に謝罪したのです。これまでは、何もわからなかった彼が変わっていきます。別れた妻も彼の変わり方に驚き、「今のあなたなら別れなかった」という言葉がでてきます。チングは、ひとつづつ人間らしくなっていきますよね。次は子供の扱い方の勉強。迷子になったダルレの子供を見つけて抱きしめるところもよかったです。人は、人によって変わることができる。きっとこれがこのドラマのテーマだと思います。変わるための手段は、愛・・・男女間の愛、友人との愛、子供への愛・・・「愛は世界を救う」なんてどっかの放送局みたいですが、これが決め手ですね。

さて、8話でもっとも良かったシーンは、映画に行ったダルレとオジュンですが、ダルレが怒って道をスタスタ歩いています。オジュンはちょっとタバコを買いにコンビニに行きますが、ダルレは気づきません。ひととおり文句を言ったダルレが振り返った時、オジュンはいなかったのです。そこに響く車の急ブレーキの音。さあ、彼女は何を感じたのでしょう。ほんの1分前に自分の後ろを歩いていた彼がいない。これは耐えられません。夫を失った時の状況を想像します。怖い。もう、彼女は、愛する人を失うことに耐えられないと思ったのです。おいおい、オジュンはしゅっちゅう鼻血をだしてますから、病気ネタに振りそうなんですよね。こりゃ泣きの展開だよ~。でもねえ。あまりにミエミエの涙を誘うシーンを、やたらにつくると逆にしらけるということも脚本家の人知っておいてくださいねぇ~。視聴者の心って、偏屈で難しいんだよ(笑)

|

« 韓国ドラマ「なんでウチに来たの」2話を見ました。 | トップページ | 韓国ドラマ「不汗党(プランダン)」10話まで »

コメント

みんな の プロフィールは、アクセスアップをお手伝いするサイトです。
http://blog.livedoor.jp/illuminatemp/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

投稿: みんな の プロフィール | 2008年6月15日 (日) 09時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145819/41526014

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国ドラマ「不汗党(プランダン)」8話まで:

« 韓国ドラマ「なんでウチに来たの」2話を見ました。 | トップページ | 韓国ドラマ「不汗党(プランダン)」10話まで »