« 韓国ドラマ「愛をたずねて三千里」18話まで | トップページ | 韓国ドラマ「BAD LOVE~愛に溺れて」2話まで見てみました »

2008年6月26日 (木)

韓国ドラマ「なんでウチに来たの」4話まで

韓国ドラマ「なんでウチに来たの」4話まで見ました。1話で見事な泣きの設定が含まれていますと書きましたが、これを消化しきれていませんね。

今のところは、ギドン(キム・ジフンさん)とミス(イ・ソヨンさん)の単純なコメディとなっています。ギドンと対立しながら、ミスの性格設定がだんだん明らかになっていくという感じでしょうか?彼女は、別れた彼をいつまでも心に抱いていて、その心の傷から恋ができないのです。いや、ずっと恋を続けているともいえます。2度と傷つきたくない彼女は、夜のクラブで遊び酒に逃げていますが、酔うと結局、心の奥底に眠っているモノがあらわになり、橋にたたずむのです。橋は、前の彼といつか行こうと約束した幸せのフランスの橋を思い出させるのです。

そして、酔ったミスは、ギドンを迎えに来いと橋に呼びつけるのです。同居モノのよくあるパターンなんですが、嫌いなら無視すればよいわけで、迎えに来いとはすでに関心があるということを意味します。じゃないとドラマにならないよね。一緒に過ごす時間が長くなると、その人は自分にとって大切な人になりやすいです。なんだかんだと言っても、そばにいた人がいなくなる時の気持ち・・・それは恋なのか?単なる寂しさなのか?その時、本人はわかるのでしょうか^^ですから、長距離恋愛なんてできる人はすごいと思ってしまいます。

さて、このドラマで嫌なところがあります。これまでのところ、ギドンを愛するボクヒ(オ・ユナさん)が可愛くて、可愛くて・・・彼女を騙しているギドンに不快感がつのります。こんな女性を騙してはいけないでしょう。人間としてやってはいけないことがある。正直に理由を話すか、傷つけても別れを告げるかしてくれないと、ボクヒが出てくるたびに、私は心が痛いし、何か罪悪感を感じてしまうのです。この心の痛みはギドンに向かいますから、いまのところ、私は、ギドンとミスの恋へ墜ちることはありません。この点がこのドラマの最大のブレーキです。

おや、もうひとり登場人物が増えました。ミスの父の隠し子として家に連れてこられたジミンです。う~ん。この子がやってきた時のミスの態度が変でしたから・・・まさか、ミスの子供なんてのはないよねぇ^^。そんなことになると、人間関係・・恋愛関係は複雑さを極めます。・・・一瞬恐れました・・・・が違ったかぁ。よかった。ミスは、亡き母からすでに隠し子がいるということを打ち明けられていて、密かに苦しんでいたのですね。数十年連れ添った夫婦にも訪れる浮気・・・裏切られ、子供ができても別れない父と母を見て、ミスはやはり恋愛の怖さを感じたのでしょう。さらに、母が死んだ日にミスはガンジェ(キム・スンスさん)と駆け落ちをしようとしたみたいです。これは、娘としては、相当の心の傷です。しかも、ミス父の依頼でガンジェが待ち合わせの場所に来なかったことはミスはまだ知りません。これは、ほとんどメロドラマの設定です。この泣ける設定が今のところは生かし切れていませんね。人間関係の複雑さ・・・後半爆発なるでしょうか?

え~いきなりのキスシーンきたぁ^^酔ったミスをベッドに寝かせ、そのままギドンも寝ちゃった~。翌朝目覚めて大騒ぎ・・の最中に唇と唇の接触事件・・・う~ん、非常にありふれた展開ですが、これが好ましいのは、何故なんでしょうね。コメディ王道のエピソードでした。

|

« 韓国ドラマ「愛をたずねて三千里」18話まで | トップページ | 韓国ドラマ「BAD LOVE~愛に溺れて」2話まで見てみました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145819/41651158

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国ドラマ「なんでウチに来たの」4話まで:

« 韓国ドラマ「愛をたずねて三千里」18話まで | トップページ | 韓国ドラマ「BAD LOVE~愛に溺れて」2話まで見てみました »