« 韓国ドラマ「何でウチに来たの」19話を見ました。 | トップページ | つかまりやすいメロディって?CoolとかMighty Mouth・・ »

2008年10月12日 (日)

韓国ドラマ「大~韓民国の弁護士」9話を見ました。

韓国ドラマ「大~韓民国の弁護士」9話を見ました。いやあ、はまって見ているとすごくいい~です^^。9話の表題は「50秒の後」という意味深な題名です。この意味こそがこの9話のすべてですよ。後でわかります^^以下、大きくネタばれしていますので未見の人は注意です。Thm

8話最終で、イギョンとピョン弁護士が同居しているところに踏み込んだミングクのところで終わっていました。9話では、ミングクが呼んだエリも交えて、もちろん修羅場となります。ミングクにとって、エリ、ピョン弁護士、イギョンの3人に騙されていたという気がしたと思います。自分の心が求めている女性に裏切られたと感じるミングクの辛さがわかります。でも、ミングクは頭にきてもけっこう冷静にぶっきらぼうに話すんですよね。壁をつくって話しているという感じです。こうなると他の人が何を言っても実は聞いていないという状態なのかな。

ここで、ちょいとわかりにくい展開がきます。エリは信頼していた弁護士と親友の両方を失ったと感じイギョンの家をあとにするのですが、追いかけたのはピョン弁護士です。ピョン弁護士もエリを傷つけたことがわかったのですね。ですから、どうしても謝りたかった。イギョンと同居しているから、いっそう誠心誠意エリの弁護をしようと思ったとエリに伝えます。その誠意はエリに伝わったのでしょうか?人間、感情が高ぶっている時は、なかなか冷静な判断をくだすことができませんよね。エリは怒っていましたが、後でピョン弁護士のこれまでの態度・言動を思い出して、彼の言うこと・誠意はわかったという感じに私は思えました。しかし、彼女は、ミングクの時と同じように、「いいえ」を期待するかのように、ピョン弁護士を解雇します。このあたりのエリの感情の動きは、とっても難しくて、解雇したいのかしたくないのか、見ている人によって感じ方が違うと思います。私は、プライドが表に出ている時のエリと素直なエリの心の矛盾を感じていますので、解雇したくなかったと感じましたが、どうなんでしょうね(笑)

さて、話しをメインの方へ戻しますと・・・さあて、9話前半の見所がやってきますよ。いやあ、ここまでくるのが長かった。イギョンはいったい誰が好きなのかわかりにくかったですから。ミングクはイギョンに「俺は単なる依頼人か?」という問いを発します。う~ん、この質問って、反語ですから、「単なる依頼人ではないだろう?」と相手の気持ちを尋ねる非常にプライベートな質問です。この質問に対してイギョンは「単なる依頼人なら、とっくに弁護人を降りていた。続けていたのは隣にいたかったから・・」と答えます。これって、十分な愛の告白だと思うんですけど、ミングクには通じません。さらに、イギョンの追い打ちが来ます。振り向いて、ミングクを見て「私は、あなたが・・・」。おい、ここで言葉を止めるな~。イギョンはミングクの顔を見たら、続きが言えなかったのです。ミングクは、ちょっと自虐的になっていて、イギョンの言葉を聞いていないかのようでした。普通なら、イギョンの言えなかった次の言葉は十分予想つくはずなのに、この鈍さ。気持ち的には、依頼人と弁護士という関係をすっかり越えてしまっている2人なのに、うまく伝わらないのが私にはもどかしかったのですが、イギョンがそこまで言ったという衝撃で、私はびっくりでした。お~これで、イギョンはミングクへ向かうこと決定~♪でいいよね^^。

裏切られたと感じたミングクは、いろいろ調べているうちに、イギョンとピョン弁護士の同居の経緯がわかってきました。おまけに、思い出してみると、同居の事実を告白したいというようなイギョンの態度にも、思い当たって、だんだん許そうという気がしてきました。これが恋なんですよね。心は自分でも知らないうちに何とか許すための材料を探すのです。そして、小さな事実を根拠にして、許してしまうのです。何故って?だって、自分の心では「イギョンを信じる」と、とっくに結論がでている問題で、単にきっかけを探しているにすぎませんから。実は、これって、人間の勝手な感情でして、「信じない」と決めてしまえば、逆に信じないための理由を探します(笑)結局、自分の出した結論に対して、自信が無いってことかもしれません。

そして、9話最終に良いシーンがきますよ。ミングクのわっかりにくい告白がやってきます。25階から下までエレベーターで降りるのに、約50秒。これくらいの時間だったら、恥ずかしいのに耐えられる。「こんな依頼人でもいいか?イエスかノーかで?」そして、エレベーターのドアの閉まり際にミングクの強烈な質問がきます。これが聞きたかったのですね「先生も俺が好きか?」・・・・・・・エレベーターが降りていきます。ドキドキ・・・ドキドキ・・・・イギョンの視線は宙をさまよい・・・無言の2人・・・見ているほうに、期待させるには、長い時間です。約50秒・・・・^^。そして、エレベーターが1階につきました。ドアが開くと返事をしていないイギョンの前に、ピョン弁護士と芸能レポーターの2人。大事な瞬間を逃してしまったミングクとイギョン。ためるなぁ^^2人乗り込んで来て、エレベーターはまた上がりだします。何やってるんだよ~ミングクの何階へ行く?の問いに、私はイギョンが「ミングクの行きたい階へ」と答えると思いました。しかし、ドラマはそうでは無くて、視線を落としたイギョンの口から発せられたのは「イエス」の言葉。ミングクの問いにイギョンはミングクの方を見ずに、すべて「イエス」の連発です。その間、ピョン弁護士と芸能レポーターは何のことかわかりません。ミングクの「あのイエス?」に対して、イギョンは「あのイエス」と答え、顔を見つめ合いました。ふ~こんな気持ちの確かめ方ってあるの?新しくて、これは屈指の好場面としてあげておきましょう。すばらしい^^。韓国語がもう少しわかると、もっと洒落た会話が実感できたと思います。

本日のお言葉「プラムの酸っぱい皮のせいで中身まで疑うと損をする。中身はとっても甘いから・・・」

|

« 韓国ドラマ「何でウチに来たの」19話を見ました。 | トップページ | つかまりやすいメロディって?CoolとかMighty Mouth・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145819/42758846

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国ドラマ「大~韓民国の弁護士」9話を見ました。:

« 韓国ドラマ「何でウチに来たの」19話を見ました。 | トップページ | つかまりやすいメロディって?CoolとかMighty Mouth・・ »