« 韓国ドラマ「メリー&テグ 恋のから騒ぎ」12話まで見ました。 | トップページ | 韓国ドラマ「太陽の女」見始めました。3話まで »

2008年11月27日 (木)

韓国ドラマ「メリー&テグ 恋のから騒ぎ」見終わりました

韓国ドラマ「メリー&テグ 恋のから騒ぎ」全16話見終わりました。良い作品だと思います。このドラマは、他のサイトを見ると、評価が真っ二つですね、前半部のドタバタは、相当の障害ですし、メリーとテグは、わざとかもしれませんが、ビジュアル的に猟奇的に設定されているのです。おまけに、イ・ハナさんのぶっとんだ演技とわざとらしい表情、ワン・ビンナさんの恐るべき壊れ方、チ・ヒョヌさんのヘヤースタイルと武侠っぽい発言、イ・ミヌさんの堅すぎる演技と各人が長所となるかもしれないけど、短所ともなり得るというギリギリのところでドラマが構成されているのです。この個性的なキャラたちを許すことができたら、おもしろいと思うでしょうし、笑わそうとしていやらしいと感じれば、リタイヤとなるのでしょう。

テーマは一貫して、「自分の夢」「自分を信じろ」ってところでしょうし、いろんなところで、良い言葉が出てきます。ただ、この雰囲気を掴むにはどうしても、10話くらいが必要で、それまで、ずっと何かわからないドタバタコメディにつき合わされている気がするのです。しかし、見ていると慣れてしまって、いつの間にか捕まってしまい、登場人物4人が好きになってしまうのです。

特に主演のイ・ハナさん・・・独特のイントネーションから発せられるキレのある言葉がすごいです。おまけに歌はうまいし、画面いっぱいに活躍していると言えます(ちょっと、お笑い系の人が演技してる気がしたのはないしょ^^)。最初、この役が、何故、この女優なのかわからなかったのですが、最後には、この女優でなくてはできなかったと思わされました(お~~結構な褒め言葉かも)。テーマの「自分の夢」については、これまでの感想に書きましたので、ここでは書きません。

私は、ひょっとすると、このドラマの中に自分のできないような夢を見ているのかもしれません。現実に、自分の信じることをやりきれず、妥協してしまうことの裏返しとして、ドラマの中で一生懸命がんばるメリーとテグを応援したくなるのです。ですから、当然、その結末は、絶対に、妥協せず、自分の信じた道を行くという結論でなくてはなりません。このドラマの善し悪しは、自分の中にある現実世界の妥協の程度に依存しているのかもしれませんね(お~難しい話だぁ)万人に勧められるようなドラマとは思いませんが、終わるときにこのドラマの世界をもっと見たいと私に思わせた何かを持った新しい感覚のドラマだと思います。

12話でメリーは自分の想いに素直になったため、そこからは、テグとのいちゃいちゃシーン続出となります。13話からのこのカップルって、もう・・・すごいです。うわぁ・・恋してるって感じ。恥ずかしくも無く、よくやるよって思いますが、嫌いではありません。2人の世界・・・まさに恋愛中のカップルって、閉じた空間を作ってしまうんですよね。周りに人がいても目に入らない。本当に可愛いカップルだなと思いました。

13話から最終話に向かっては、ソランやソラン父の行動がいやらしくて、ちょっと評価を下げたのですが、15話最終のメリーとテグの歌がすばらしいので、忘れてしまいました。通常、ドラマ中の出演者が歌う歌はおまけであることが多いのですが、ここでは違います。まさにミュージカル。音楽で伝えるのです。ここはとっても新しい。主役2人の歌のうまいこと。どんなところにも舞台はあって、聞いてくれて、一緒に歌ってくれる人がいることの幸せ。メリーは、すでに自分の夢をかなえていたのかもしれません。最終話は、テグの本が売れたことと、ソラン父の捌きということでした。このエピソードから、大切なものが何かを誘導し、ハッピーエンドへと向かいました。でも、最後は一曲メリーの渾身の歌が聞きたかったです。

イ・ハナさんは、有名な「ユン・ドヒョンのラブレター」の後続番組として「イ・ハナのペパーミント」のMCをつとめるようです。あんな大きな番組の後ってすごくやりにくいと思いますが、がんばって欲しいものですね。

|

« 韓国ドラマ「メリー&テグ 恋のから騒ぎ」12話まで見ました。 | トップページ | 韓国ドラマ「太陽の女」見始めました。3話まで »

コメント

最初、この役が、何故、この女優なのかわからなかったのですが、最後には、この女優でなくてはできなかったと思わされました....
  そう・・・私も思ったですね
  結構。。。難しい役だったですよ~ 
 この役は『美人』ではダメでしょうね~
  目標に向う女性が、頑張ることにより。。。『輝く』・・・そして魅力な女性になる・・・
  完結として。。。『顔じゃ~ないよ・人生は』かな
  夢を追う・・・って事の『葛藤』とか
 最後は。。。チョイ役だったかな?舞台に立てますよね・・・思わず『諦めない』って事は難しい・・・
 才能も必要かもしれないけど・・・その場で『辛抱&努力』する事が・・・才能の一つでもあると言ってる様な気もするなぁ~

投稿: おじょ | 2008年11月28日 (金) 18時48分

私がこのドラマを見たのは。「太陽の女」を見る前に見ておかないといけないなと思ったからなんですよね。イ・ハナさんという女優がどうなのか?良くも悪くも・・けっこう見るドラマの順番が印象に効いてきますからね。こんな個性的な演技をやって、次はどうするのか?ちょっと楽しみです。

そうそう、「辛抱&努力する事が才能の一つ・・・」お~そのとおり!うまい言葉だぁ^^
文字的に言うと、辛抱・・・辛く抱える、努力・・・努めて力を出す・・・う~ん、どっちも楽しいことじゃ無いなぁ(笑い)だから、その才能を発揮するためには、自分の気持ちってのが絶対要るんだろうね。

投稿: ぼんやり | 2008年11月29日 (土) 06時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145819/43248550

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国ドラマ「メリー&テグ 恋のから騒ぎ」見終わりました:

« 韓国ドラマ「メリー&テグ 恋のから騒ぎ」12話まで見ました。 | トップページ | 韓国ドラマ「太陽の女」見始めました。3話まで »