« 韓国ドラマ「ベートーベンウィルス」2話まで見ました。 | トップページ | 韓国ドラマ「イ・サン」18話まで見ました。 »

2008年12月28日 (日)

韓国ドラマ「18・29」一気に視聴しちゃいました。

韓国ドラマ「18・29」全16話・・・・一気に見ました(これ、私にはすごいスピードだったよ)。2005年の作品ですが、とっても良い作品です。涙度が高くないし、ちょっと都合良すぎる所もあるのですが、ストーリーとして、おもしろすぎる。コメディとしては、複雑な構成の素晴らしい作品だと思いました。初めの導入が、無茶苦茶おもしろくて、私は徹夜して視ようかと思ったくらいです。中盤は同じことの繰り返しのような気がしてくる上に、何でそうゴジャゴジャ考えるんだ、シンプルに生きようやという気持ちが湧いてきて、飽きかけたのですが、終盤、サンヨンの母が登場して何気に人情話をいれて、まとめに入ってきたら、また、十分おもしろくなりました。

このドラマって、構成がすごいと思いました。出だし、スターであるカン・サンヨンの妻29歳のユ・ヘチャン(パク・ソニョンさん)は離婚届を出そうとする途中で、事故に遭います。その結果、18歳以降の記憶を無くしてしまうのです。副題どおり、妻が突然18歳・・・というわけですよ。ヘチャンにとっては、まだ自分は学生という意識ですから、今の夫サンヨンとの生活なんて思いもかけません。こうして、離婚寸前だった夫婦は、妻の記憶喪失によって、再度その生活を見つめ直すことになります。

夫は、18歳の妻に昔の思い出を重ね、妻は再度夫に恋する。この過程を描いていきながら、各話最後に、昔の2人のエピソードをチラ見させるという凝ったつくりです。こうすることによって、視聴者は、過去のサンヨンとヘチャンとの思い出を少しずつ体験し、なるほど~と思いながら、18歳の記憶しかないヘチャンとサンヨンの今の生活を見つめ、記憶喪失前にどうして離婚しようと思ったのだろうと思わされます。ドラマ中で、この思い出と現実という時間を同時に進めるというすごい構成の隙間を何と記憶喪失という題材で繋いでしまいました。また、パソコン、日記、身分証などの小道具が非常に効果的に配置されていてうまいと思います。こんな、脚本よく思いついたね。パチパチ(拍手)。

18歳化したヘチャンがサンヨンに再度恋する感じをもっともっと出してくれて、ヘチャンの記憶が戻って、また、離婚前のヘチャン29歳となったあたりをもう少し描いてくれて、泣かせてくれたら、殿堂入りでした(私のおうちの部屋は狭いけど、私の殿堂は広いので殿堂入りにしようかな^^)。このままでも十分良いのですが、この題材が素晴らしいと思うが故に、私の心の中には、これだともっと、もっと、すごいドラマにできたという気持ちが生じています。どこをどうすれば良いと言うのが難しいのだけど・・・この感じわかるかなぁ。いつか、リメイクしてほしいな^^

もし、10歳くらい若返って、今の夫に出会ったら、恋できる?うひゃ~怖くて書けない!一方、妻が精神的に何と10歳若返ったら・・・これは大丈夫^^また、おじさんが恋を教えてあげよう・・・いいのかぁ(笑)

さて、今まで見てきた韓国ドラマで、めちゃ憎たらしかった人をあげよ!と言われたら、私には、「真実」のパク・ソニョンさんNo.1、「ガラスの靴」のキム・ミンソンさんNo.2で2人が即あがってきます。また次点で、すごいと思ったのが「火の鳥」のチョン・ヘヨンさん、「太陽の女」のイ・ハナさんですね。さあ、でてきました。パク・ソニョンさんですよ~。冒頭の事故シーンで、「真実」を思い出しました。「真実」のパク・ソニョンさんは、チェ・ジウさんをいじめるのがすばらしくうまくて、「何だ、こいつ~」という腹立ちがいっぱいになりながらも、終盤ではう~ん、「それはそれで可哀想」という、完全に主役を喰った脇役でした。まさに記憶に残る悪役・・・この人うまいのでしょうね。このドラマでは、どういう演技をするのだろうと興味しんしんでした。いきなり、精神年齢18歳です。うまい~。まさしく、無鉄砲だけど夢と活力をいっぱい持った若者の演技です。風貌は、ちょっと、いっていても、お~こんな18歳あるかもねと思わされてしまいました。この18歳化したヘチャンは、サンヨンと結婚した自覚が無いわけです。気持ちとしては結婚してないのに、夫がいるって?そりゃ、すごく、とまどいますよ。とまどいながら、夫に恋する・・・え?キス?ベットイン?・・・通常、夫婦としての行為が実は全然あたりまえじゃないこと、このあたりのおもしろさが、序盤の吸引力ですね。

テーマは、「共に年月を過ごしてきた夫婦には、輝かしい宝石のような時間がそこにあるはず。その時間を忘れることなく、今の関係に生かしていって欲しい」「時と共に、自分の夢が失われてしまうことがあるけど、いつか思い出してその輝きを求めよう」ってとこでしょうかね。サンヨンとヘチャン夫婦は離婚寸前でした。でも、この夫婦にも、出会って、恋して、結婚し、共に過ごせることにドキドキした過去があったのです。時間の流れは残酷なもので、その胸をときめかせた感覚がいつしか希薄になっていくのです。このドラマでは、ヘチャンを18歳にしてしまうことで、ヘチャンとサンヨンに昔の時を取り戻させました。相手を大切に思う心と信じることの大切さを思い出させたのです。すると、そこには、離婚すべき理由なんて、無いことがわかります。そうなると、ハッピーエンドしか待っていません。

ヘチャンは、18歳化したときに、自分が何故専業主婦なのか疑問に思いました。彼女には、シナリオライターになりたいという夢があったのです。18歳の時の夢。実はいろいろな理由があって、その夢を中断していたのですが、若い視点から見ると今の29歳の自分の生き方に満足しないのです。もう一度、やり直せる。実は何も変わっていないのですが、気持ちだけが変わったら、何か始められるのということを教えています。自分の生活を振り返ってみると、もう、この年になって、何かに向けて胸をときめかせるなんて感覚・・・子供じみてるし、恥ずかしいと思うでしょう。でも、それは違う。若く生きてみてもいいんですよ。自分の感情を分別という垣根で囲むことが、大人になるということではありません。恋とか、夢とか、希望とかに向かって何かしても大丈夫です。いつまでも子供のような部分を持ったあなた・・・人からみれば、夢をもって自分らしく人生を歩んでいるように見えて魅力的なはずです。(子供のままのあなた・・・は、ダメ^^)

そうそう、このドラマで一番かっこいいのは、若き日のサンヨンを演じたsuperjuniorのチェ・シウォンさんです。ちょっと、冷たい感じで実は優しいという感じがでていて、高校時代のサンヨンとヘチャンの恋の物語でも十分楽しめたと思います。この部分、もっと、時間とっても文句言わないよ~。チェ・シウォンさん?チャン・リーインのMVに出ていたなぁ。単発ドラマ「春丹伝」もね。その時は特にかっこいいとは思わなかったな。

MVを貼っておきましょう。このドラマは難しくありませんので視聴年齢を下げても十分見られます。このドラマ、韓国ドラマのコメディ好きなら、絶対見ておいてくださいね。

追記:パク・ソニョンさんのイメージが変わりました。これからは「真実」のパク・ソニョンでは無くて、「18・29」のパク・ソニョンとして、覚えておきますね^^

|

« 韓国ドラマ「ベートーベンウィルス」2話まで見ました。 | トップページ | 韓国ドラマ「イ・サン」18話まで見ました。 »

コメント

すごいスピードでしたね。happy02
でも、このドラマは一気に見れますよね~。私もこのドラマはものすごいスピードで見ました。
このドラマ、ちょっと安っぽい作りが気にはなったんですが、悪役のイメージか強い二人を主役にして全然違う魅力を見せてくれたし、とにかくぼんやりさんがおっしゃったように脚本がすばらしいと思います。キム・サムスンの脚本の方が、ネットで発表した脚本?という噂を聞いたことがあります。
チェ・シウォン君も「春のワルツ」で見たときは全然カッコイイと思わなかったんですが、このカンポンの役は本当に良かったですよね。彼の高校時代のおかげで、リュ・スヨンsiiの演じるカンポンの魅力がアップしている気がします。あと、最近見た「9回裏2アウト」で、カンポン弟&ヘチャン妹カップルが脇役で一緒に出てたときにはなんか不思議な感じでした・・・。
このドラマ、とってもイイドラマだと思うんですが、意外と見てない人が多いみたいで残念なんですが、ラブコメ好きの私には大好きな作品です。

投稿: futonlove | 2008年12月28日 (日) 10時53分

今日は

  いきましたね・・・・
 これは、かなりお勧めですよね~
   主役の二人の演技も落ち着いてて、じっくり観れますし・・・・
  何といっても
   彼。。でしょうね
    チェ・シウォンでしょね。
 カッコ。。。。イイですよね~
  
  それと、妹の「カップルr」かな~
   これも「ホンワカ」でよかったですよね

投稿: おじょ | 2008年12月28日 (日) 14時55分

futonloveさん、おじょさん、こんにちは。

この作品は、チ・スヒョンというサムスン・白雪姫の原作を書いた人がネットに発表した作品をコ・ボンファンさんという方が脚本化したようです。
18歳は少女が大人になる直前の純粋な最後の時代で、結婚して一番倦怠感を感じる時期が中年に移る29歳ということで、この年齢設定にしたようです。また、原作では、ヘチャンに心を寄せるヌンは登場せず、ジウンはサンヨンと出生の秘密を抱えた兄妹だったみたいです。
韓国語が読めれば「あなたと私の4321日」というネット小説(原作本)も読んでみたいけど無理だな^^

このドラマって、おすすめできますよね。コメディとしての導入がすごいので、どんどん引き込まれてしまいました。このドラマをお蔵入りさせていたとは・・・録画して、見る時間が無いので、放置してあるモノの中に、まだまだおもしろいのがあるのかな~。

投稿: ぼんやり | 2008年12月28日 (日) 21時27分

ぼんやりさんのブログに「真実」のタグがないので見ていらっしゃらないのかしらと思っていましたが、当然見てらしたのですね。パク・ソニョンが真実で哀れで悲しい最期を遂げて主役を食うほどだったとはいえ、憎くてたまらない超悪役から、18・29で天真爛漫で前向きで楽しい女性へと私の中でイメージチェンジして、真実のシニにさえも心が開かれる思いがしたものでした。いずれにしても、この作品は超ド級の楽しさで、パク・ソニョンさんも愛らしい印象を残しています。

投稿: Matt | 2008年12月28日 (日) 21時33分

Mattさん、こんにちは^^

「真実」は、このブログ開設前に見ているのでタグが無いのです。私も「冬ソナ」からで、「真実」はその次くらいに見た記憶があります。パク・ソニョンの恐るべき演技に憎たらしくて、びっくりしました。

ここでは、そんな感じはまったく見せず、すごいと思います(記憶が戻った瞬間の視線の怖さに片鱗を感じましたがね)ジャージ系の服装も多く、若くて可愛らしい感じでした。背が高くないのも男優とのバランスで良い感じです。

投稿: ぼんやり | 2008年12月28日 (日) 22時59分

こんにちは。
いつも拝見させていただいてます。
独特の切り口でとってもおもしろいし、細かいストーリー分析には「なるほど!」ときづかされることがたくさんあります。

このドラマは今、某無料配信サイトで観ているのですが、いまいち何をいいたいのか分からないところもあったのですが、ぼんやりさんの記事を読んでなるほどなあ~と思いました。
どうしても不自然な設定や、あの高校生たちの登場する意味がよく分からなかったので。

でも私も恋した頃に戻りたいですね~~。

投稿: peonty | 2008年12月29日 (月) 08時43分

こんにちは peontyさん^^

そうそう、このドラマの中盤では、高校生ヌンの恋が描かれます。10歳年上の女性への恋なんですが、ここが私にはちょっと長かった。18歳の心を持つヘチャンにとって、同年代の男性が合うということを示して、18歳化を強調し、また、サンヨンの嫉妬をひきだす効果があったと思いますが、もっと、サンヨンとヘチャンの物語が見たいのにという思いにとらわれました。

今では、かなり慣れてきましたが、私は顔を覚えるのが苦手で、同じような美人顔の女優がいっぱい出演しているドラマや時代劇なんかだと、人の区別がつかなくなります。また、出演者の子供時代を演じる子役が、たくさんでてくるともう誰が誰やら・・・`@@という事態になりますわ^^

投稿: ぼんやり | 2008年12月30日 (火) 06時31分

今日は

  お正月の準備はできましたか?
  
  お互いに「良い年を」迎えたいものですよね

    来年もよろしくね

投稿: おじょ | 2008年12月31日 (水) 16時10分

おじょさん、こんばんわ。

ふふふ・・・・私・・・12/31も1/1も当番で仕事なんですよ~。故郷に帰る人には、お休みを優先して、近場の人は当番ってわけです。まあ、元日の道を朝日を浴びながら、車で爽快に走るのも好きです。ブブッ、明日は曇り時々雪という予報がでている。いまいち;;

と、いうことで、今年は、いろいろ、お話しできてうれしかったです。また、来年もおつきあいのほど、よろしくお願いいたします。良いお年を~~~~ペコリ

投稿: ぼんやり | 2008年12月31日 (水) 20時27分

ぼんやりさん、いつもお世話になって感謝しております。私もこの作品、近々視聴予定です。リュ・スヨン氏が気になり始めているので良いかもって感じです。来年もまだまだ一緒にブログがんばりましょうね~。よろしくお願いします。

投稿: sayaendo | 2008年12月31日 (水) 20時44分

あけましておめでとう。sayaendoさん^^

このドラマっって、けっこうおもしろいと思います。感想を楽しみにしています。今年もよろしくね!

投稿: ぼんやり | 2009年1月 1日 (木) 06時54分

「18・29」と「ありがとうございます」を並行して見ました。(見ています。)「ありがとう~」は、“又、明日、見よう・・”と、やめられますが、18・29は止まりませんでしたよー。エピソードがそれぞれ面白いし、16話と短かいためか、ぜんぜん飽きませんでした。とにかく、いーーっ気に見ました。すごく楽しい!!
友人は「ありがとうございます」一本やりです。「ありがとう~」より「18・29」にハマる自分の性格に、ちょっと自己けんお~?!

投稿: そそら | 2009年1月22日 (木) 23時29分

そそらさん、こんにちは^^

このドラマって、良いでしょ!もう、本当に人にいっぱい言いたいくらい良い^^一気にいけるんですよ。一気!~~~見ている自分が楽しい。幸せ^^

「ありがとうございます」は、ある意味、姿勢を正して、静かに呼吸を整えて見るドラマですが(何という表現でしょう^^)これは違います。身を乗り出して、大きく目を開いて、笑み満点で見るドラマです。おもしろいというと「18・29」で、良いというと「ありがとうございます」になるのかな。

おもしろいのに惹かれるのは、全然問題無いですよ。私が、もしこの2本を同時に見ていたら、やはり「18・29」で突っ走ったはずです。

投稿: ぼんやり | 2009年1月23日 (金) 08時54分

こんにちは!
とっても おもしろかったです。リュ・スヨンさんは 苦手タイプ、パク・ソ二ョンさんの18歳には少し無理が(可愛いらしかったですが)。でも、へっちゃらと思えるくらい、楽しくて おもしろかった!高校生のサンヨンが、さわやかでカッコよくて、素敵~~☆ うっとりさせてくれたり、私を いっぱい楽しませてくれたドラマでした。。。

戻ることはできないけれど・・女性は、いつまでも、その人なりに かわいらしく! 男性も、男らしい中にも、チャーミングなところを!持って、若々しくいたいものです。。。

ぼんやりさんは、2年前に見られたのですね。感想の「もう、この年になって・・・魅力的なはずです。」チョッと びっくり!!です。私が、いつも感じていることなので~ 同感★

投稿: kei | 2010年9月 8日 (水) 17時45分

こんにちは、keiさん^^
画面や雰囲気は、ちょっと古くさく感じますが、おもしろいドラマです。凝ったストーリーですので、いくぶんわかりにくいとは思いますが、それは長所とも言えます。パク・ソニョンさんの演技が決め手となっていますので、彼女に好感度を持てば、かなりの高評価となるでしょう。
うん、今読んでも感想に力が入っていますなぁ(笑)

投稿: ぼんやり | 2010年9月10日 (金) 06時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145819/43552049

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国ドラマ「18・29」一気に視聴しちゃいました。:

« 韓国ドラマ「ベートーベンウィルス」2話まで見ました。 | トップページ | 韓国ドラマ「イ・サン」18話まで見ました。 »