« 韓国ドラマ「ベートーベンウィルス」5話まで見ました。 | トップページ | 韓国ドラマ「オー!必勝」見終わりました »

2009年1月 8日 (木)

韓国ドラマ「ベートーベンウィルス」6話見ました。

と・・・いうことで韓国ドラマ「ベートーベンウィルス」6話を見ました。以下ネタバレいっぱい。

さて、公演に成功した結果、市では市民交響楽団の設立に踏み切ります。それは、公務員で安いけど給料がでるんですね。これまでの楽団員は、当然選ばれると思っていたら・・・なんと、カン・マエは最高のオケをつくりたいから、へたくそは要らないというわけです。うまい人だけにカン・マエからオーディションの知らせが入るのです。カン・マエの思いやり・・・つまり、駄目なものは駄目とはっきり言うこと。一見、とっても冷たいようですが、それも優しさのひとつですね。なかなかできることではありません。つい、言われるほうの身になって、婉曲に伝えることが多いです。すると、言われた方は、妙な希望を持って、時間を浪費するということになるそうです。なるほど、一理あるなぁ。

このドラマは、とってもベタなドラマなんで、いろいろと感動を呼ぶ言葉が出てきます。オーディションに呼ばれなかったルミは、カン・マエに対して言います。「私の人生は言い訳だらけ。全部人のせいにしてきた。本当は頑張らなかった自分のせい。後悔はもうしたくないから、小さなチャンスさえ掴みたい」聞いてて、ちょっと落ち込みそうな気分になる言葉です。何故って?自分に響く言葉だから・・・。完全に自分の思うとおりに生きてきた人って少ないでしょう。すると、いろんなところで、後悔を持っているはずです。その時、本当に頑張ったか?と言われると、そうでもない。そうでもないから、後悔が残っている。ルミにとっては、音楽の才能は無いけど、もっと頑張れる、自分の努力を信じられる。その気持ちが残っている以上、やめることはできないのです。あきらめるためには、ボロボロになるところまでいかないと駄目なんです。それは、自分の夢だから・・・・。カン・マエは優しい^^人間ですから、現実をはっきりと知らせるために、ルミを含めた元の楽団員をオーディションに呼びます。そこで、自分が選定した一流の演奏者との実力差を見せつけようとしたわけです。芸術の世界ですから、明確に上手いと下手が存在します。演奏が好きというだけでは、やっていけないのです。自分のレベルに合ったところに属すること、それをカン・マエは教えようとします。それでも、ルミたちは、小さな望みを追い求めます。カン・マエのオケの研究員でいいから、給料なしで、練習を見学する道を選択しました。ひつこいけど、ドラマですから・・・いいでしょう(笑)

同時に進行するエピソードですごかったのが、ルミの聴力の話です。演奏中に耳が聞こえなくなったルミは、カン・マエの紹介で病院を訪れます。その結果は・・・・。後に、ゴヌとの食事シーンで語られます。「私、4ヶ月後には耳が聞こえなくなるから、今、精一杯音楽がしたい」この言葉を軽く言うのです。あまりに軽くて、私は涙がでました。軽く言うからこそ悲しくて悲しくて・・・。周りは何も変わらないのに、ルミの人生には大きな出来事が起ころうとしている。実感が無くてルミ自身も泣けない。鋭いナイフで切られた傷は、血を流すまで痛くない。まさに、これから痛くなることを意味しています。演奏家にとって聴力は命とも言えます。このドラマの題名に「ベートーベン」がついているのも、テヨンの歌が「馬鹿みたい」という題名じゃなくて、「聞こえますか」じゃないといけない理由もわかりました。聞こえなくても、心で感じるから、届かなくても、心で聞いてねということですか(本当かな^^お~い、想像力・・・大風呂敷だよ)

フルートの少女の夢の所も泣けましたね。お金・・お金・・と言い続けて、結局したいことは、お金を儲けて、貧乏でも音楽の好きな子におもいっきり音楽ができるためのお金をだす財団をつくること、そして、最高のフルート奏者を育てること・・・自分のできなかった夢を代わりにかなえてもらおうというわけです。でも、違う。最高のフルート奏者・・・その夢は自分でかなえるべきだと、このドラマはいうのです。自分の夢は人に任せることはできません。まだ、若い。可能性はある。あきらめるな。道を捜せ。こんな言葉を伝えられたら・・・やっぱり・・・私・・感動してしまいます^^。

困った・・・このドラマにはまった。早く次が見たいな。

|

« 韓国ドラマ「ベートーベンウィルス」5話まで見ました。 | トップページ | 韓国ドラマ「オー!必勝」見終わりました »

コメント

今晩は。。。。お久・・・かな
   でもないか。。(ノ∀`) アチャー

 ベートーベン
  面白そうですね・・・
 何となく、内容がありそうなドラマだと感じてましたが・・・・
  オークションで買っても「損」はしないかな。。。
  さて・・・娘一人にパパ3人
  何も考えずに見れて面白いですよ。
 ありがとうございますでの
   「ボミ」の父親だった・・・彼が、とっても「いい味を」出しててね。。。
  結婚するなら。。。3人の中で一番かな
  微妙なボケかたが「可愛いですよ」  

投稿: おじょ | 2009年1月 8日 (木) 19時05分

こんばんわ、おじょさん^^

このドラマって、はじめ?が飛んでましたが、いつの間にか捕まってしまいました。
キム・ミョンミンさんがすごいですよ。今のところ、音楽とのコラボで楽しんでいます。

パパ3人・・は、見てないなぁ。ユジンさんが苦手なもんで・・・^^

投稿: ぼんやり | 2009年1月 9日 (金) 00時46分

ユジンさん。。。私も苦手です。
  演技も下手ですよ

 このドラマは、女優さんを変えれば、もっと。。。よかったかも・・・ですが、基本は
子どもととの繋がりが多いいので、いいかもですよ。

投稿: おじょ | 2009年1月 9日 (金) 17時35分

子供ネタとか家族ネタは、うまく描かれると、恋愛モノ以上にはまりますからね。

ただ、苦手な人がいるかわりに、好きな人ってのが、いるわけで・・・その場合は、ストーリーが少々つまんなくても、画面でその人が動いてれば良いとなるのが、勝手なところですわ^^。

投稿: ぼんやり | 2009年1月10日 (土) 03時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145819/43676985

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国ドラマ「ベートーベンウィルス」6話見ました。:

« 韓国ドラマ「ベートーベンウィルス」5話まで見ました。 | トップページ | 韓国ドラマ「オー!必勝」見終わりました »