« 韓国ドラマ「いかさま師~タチャ」見始めました。4話まで | トップページ | 韓国ドラマ「いかさま師~タチャ」15話まで »

2009年4月 3日 (金)

韓国ドラマ「いかさま師~タチャ」11話まで

韓国ドラマ「いかさま師~タチャ」11話まで見ました。かなり、おもしろいので、どんどん視聴が進みますよ。

印象に残ったのは、イェスルさん演じるナンスクとジナの使い分けですね。チョン・マダムの手先として働くジナの時は、まさに、感情を抑えたクール&ビューティ・・・コニと会っている時のナンスクの時は、笑顔満点の幼い感じの恋する乙女。この違いがおもしろい。基本的にイェスルさんは、きつい目をしていますから、黙っていると怖いのですが、これを崩して笑った時は何だかびっくりするんですよね。

こういう外面と内面の使い分けって、普通の人もやっていますよね。職場では、完全に自分を出さないよう感情的に武装しています。でないと、たいていの場合は、常識知らずの失礼なヤツになってしまいますから。仕事を離れて、なにかの趣味とか、宴会とかでは、その垣根をちょっと外すことが多いですから、この人はこんな人なんだぁとびっくりすることがあるでしょう。恋愛もドキドキしながら、その垣根を少しづつ外していきます。感情的な武装を外せる場所は、楽な場所なんですよね。そして、自分をそのまま、見せられる時、その場所は、とっても楽でかけがえの無い場所となるのです。こうして、他の人から見ると・・え~、何であの人が良いの~なんてカップルが成立するわけですわ。垣根に遮られた本性を知らなければ、その人を見ているとは言えませんからね。

以下ねたばれ。

8話くらいまでは、コニ(チャンヒョクさん)が、伝説のいかさま師ビョン巡査長(イム・ヒョンシクさん)の元に弟子入りし、腕をみがき、自分の目標を達成する話が描かれます。目標って?それは、母の金をイカサマで巻き上げたタチャに復讐することでした。このあたりは、昔からある王道のストーリー・・・力の無いものが良き師匠に巡り会い、努力して、技を磨き、そして、昔まったくかなわなかった相手に復讐するという胸わくわくの話です。王道のストーリーがなぜ王道と呼ばれるか。それは、どう形を変えようとも、こういうパターンはおもしろいからです。かくして、このドラマもおもしろいと思いました。

復讐は果たしたコニは、もはや、賭け事は止めて母のいる釜山へ戻ろうとします。しかし、ここで、前半の大きな伏線である「アグィがコニ父の仇」ということがわかりました。コニにとって、次の復讐の目標ができてしまったのです。こうして、コニはアグィの敵であるプルゴムと協力してアグィを倒そうとします。ここでの大きなポイントは恋する2人であるコニとナンスクはお互いの仕事を知らないということです。コニは、イカサマ師であり、ナンスクはコニの仇であるアグィの仕掛け人です。

この事実を知らない2人が出会う時・・・それは11話です。アグィ派とプルゴム派の運命を賭けた大勝負。コニは同じテーブルでポーカーの敵としてナンスクとヨンミンと戦うことになるのです。ここは、とってもすばらしい場面です。感情を押し殺したナンスクと、信じられず狼狽するコニ。特にナンスクは愛する男の前に、敵として立つわけですから複雑な感情です。コニにとって、自分がアグィからナンスクを用いて仕掛けられたと思ってもしかたない状況ですよね。「何があってもこれからは2人そばにいるよ」というコニとナンスクの約束がコニの頭の中でグルグル回ります。ナンスクの方も、これで、コニとの関係が終わるかもしれないけど彼女はその勝負の場に立ったのです。その理由は、コニの命を守るため。自分たちの陣営が勝つことは、代打ちであるコニの責任となり命を取られる可能性が高いのです。自分が勝負に参加することで、最善の方法を探そうとしたのでした。

そして、最終勝負で、ナンスクは最強の役ロイヤルストレートフラッシュを手にもつことになります。この手をオープンすれば、アグィ派の勝ちとなります。しかし、ここでの彼女の選択は?・・・・彼女は無表情のまま愛を選びます。コニと一緒の時のナンスクは常に輝くような笑みを浮かべています。この勝負の間、彼女は無表情ですから、対照的にその気持ちが伝わってきてとってもすばらしいシーンとなっています。

こうして、コニ陣営が勝つわけですが、負けたアグィ陣営はそのまま素直に負けたままではいません。コニを気絶させ、敵対するプルゴムを殺し、そこにコニを放置したのです。かくして、コニは、殺人犯に仕立て上げられました。いったいどうなるんだぁ。ナンスクとコニの純愛が2人の心の奥底でピクとも揺れませんので、とっても良いドラマになっています。。こういうの好きです^

|

« 韓国ドラマ「いかさま師~タチャ」見始めました。4話まで | トップページ | 韓国ドラマ「いかさま師~タチャ」15話まで »

コメント

今晩は。。。。

   久々にはまってるみたいですね

  私も。。。以前から欲しかったのですが、韓国では評判がよくなかったとかで…
  
  お二人。。。
   チャン・ヒョクも、よさそうだし
   キム・ミンジョンさんはどうですか
  私の中では「サンウ」が強く残ってますが。。。。

投稿: おじょ | 2009年4月 3日 (金) 21時34分

こんにちは、おじょさん^^

チャンヒョクさんは、ちょいとオーバー演技ですが、無鉄砲でハラハラさせる役を演じています。一方のミンジュンさんは、またもや、感情が中へ入る難しい役です。

イェスルさんも好きなので、まあ、ひいきめが大きくでてくるドラマとなっています。韓国ではダメだったんですか?そんなに悪くないと思うんですけどね。しかし、花札の役とかルールが分からないのが痛いです(笑)

投稿: ぼんやり | 2009年4月 4日 (土) 07時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145819/44554509

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国ドラマ「いかさま師~タチャ」11話まで:

» 韓国語の方法 [韓国語の方法]
韓国語の方法について掲載しました [続きを読む]

受信: 2009年4月 7日 (火) 23時14分

« 韓国ドラマ「いかさま師~タチャ」見始めました。4話まで | トップページ | 韓国ドラマ「いかさま師~タチャ」15話まで »