« 韓国ドラマ「神の天秤」全16話見終わりました。 | トップページ | 韓国ドラマ「9回裏2アウト」全16話見終わりました。 »

2009年5月16日 (土)

韓国ドラマ「9回裏2アウト」を見始めました。4話まで

韓国ドラマ「9回裏2アウト」見ています。4話まで見ました。このドラマは30歳を迎える作家志望のホン・ナニ(スエさん)と彼女と30年来の友達であるピョン・ヒョンテ(イ・ジョンジンさん)とナニの8歳年下の恋人キム・ジョンジュ(イ・テソンさん)とのラブコメであるみたいです。

スエさんといえば、「ラブレター」そして「4月のキス」「海神」ってところで、おめにかかっています。私は、「ラブレター」の彼女のワンシーンで、非常に好きなところがありまして好きな女優さんなのですが、他の作品では、自分が思うような役をなかなかやってくれません^^。風貌に比べて、意外な低い声を出すのが特徴です。私がスエさんに期待する役って?純情・清廉・おとなしくて男性に尽くすタイプ・・・ってやつ(おいおい^^)ですから、とってもこのドラマは見る気がしませんで、お蔵入りしていました。さらに、イ、ジョンジンさんといえば、「4月のキス」のチョ・ハンソンさんの対抗でお目にかかりましたが、私としては嫌いな顔です(断言してるよ、ごめんなさい)。

と・・・いうわけで、実は2話の途中でリタイヤしようと思いました。スエさんの壊れ方はすごいし、ヒョンテの顔は嫌い、年下男ジョンジュは気持ち悪いときたら、見る気が失せていたのです。さらに、いわゆる韓国ドラマ同居ものですから、王道のストーリーなら、友達と思っていたナニとヒョンテは、いつしか、とっても大事な人であることに気づき、それぞれの恋人を振って愛に向かう・・・と勝手に予想してしまいました(実はストーリー知りません)

ところが、最大のマイナスだったジョンジュの出番がちょいと減って、ヒョンテに惚れるパク・ジソン(パク・ヘヨンさん)が出始めてから、だんだん興味が湧いてきました。ジソンは、金持ちの娘であるが故の疎外感に負けまいと殻をつくってましたが、ヒョンテが簡単にそれを乗り越え、ジソン自身も彼に惹かれていく過程がおもしろかったのです。さらに、スエさんの壊れが減ってきて、複雑なヒョンテへの感情が上手に演出されてきましたので、3話からは、先が気になるというドラマに大幅に昇格しています。

ドラマとしては、ヒョンテの初恋の人ユン・ソンア(ファン・ジヒョンさん)が出てきてませんから、まだまだ、大きな展開の余地があります。このドラマの配役の構成としては、上手だと思いますので、この後も期待いっぱいとなっていますね。

さて、見ている途中で、ジョンジュのファンとしてシン・ジュヨン(イム・ユナさん)が登場します。ここでは、若さに任せて、ジュンジュにアタックするインターネット小説家として18歳の役です。ジョンジュを巡って、年齢的には最適なあたりの若い女性というポジションですね。年齢と恋愛ってところもテーマのひとつと感じていますので、ジュヨンはナニとの比較として若さを全面にだした存在としてあるのでしょう。ユナ?はい、もちろん少女時代のユナです。まったくのノーマークでしたが、「シンデレラマン」のMVとか「君は僕の運命」の番組宣伝で、ついに顔と名前が一致していましたので、出てきた瞬間「え~こんなところで出てる」と思いました。このドラマが演技初挑戦だったみたいです。この人、睨んだ時の目つき・顔つきが悪いのがうまいのか・・・どうなのか・・・^^。いまのところ、可愛いというより、憎たらしいという感じ(ある意味演技としては成功している^^)ですわ。

|

« 韓国ドラマ「神の天秤」全16話見終わりました。 | トップページ | 韓国ドラマ「9回裏2アウト」全16話見終わりました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145819/45026481

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国ドラマ「9回裏2アウト」を見始めました。4話まで:

« 韓国ドラマ「神の天秤」全16話見終わりました。 | トップページ | 韓国ドラマ「9回裏2アウト」全16話見終わりました。 »