« 韓国ドラマ「がんばれ!クムスン」24話まで見ました。 | トップページ | KPOPネタで、WAXとヤンパです。 »

2009年7月26日 (日)

韓国ドラマ「がんばれ!クムスン」32話まで見ました。

韓国ドラマ「がんばれ!クムスン」32話まで見ました。噂に違わず良いドラマだと思います。

この、数話は次男テワンとクムスンとの関係が良かったですよね。テワンは、クムスンに対して憎まれ口をきいたり、嫌みを言ったりするのです。クムスンは、彼の行動の原因をジョンワンの死を誘導した自分への恨みの一部と感じていました。そこで、ある時、クムスンは、テワンに向かって自分の生き方を語ることになります。

「私は、ジョンワンの件では負い目があるけど、負けない。彼が残してくれた子フィソンのためにりっぱな母にならないとダメだから・・・」ノ家の家族の一員として、何となくホンワカムードになりかけたドラマに打ち込まれる決して消えないクムスンの心の傷。甘ちゃんのテワンも感じたと思います。「こいつはすごい!」もちろん、私も涙ながらに、クムスンはすごいと思いました。

人は、心に刺さったトゲがあると、強くなれる・・・クムスンの心のトゲは、亡き夫ジョンワンですよね。自分が夫を殺したんじゃないかという思い、自分と出あわなけりゃ夫は今も生きていたはず・・・この思いは、夫の家族に対する強烈な負い目となっています。夫ジョンワンを思い出すたびに、夫の家族にとって、自分が憎まれるべき存在であることもわかっています。しかし、そんな周りの思いなど関係なく、自分の生きる姿勢を亡き夫の子に見せたいという強烈な希望、目標が彼女を突き動かします。

私は、頑張る人は、何かしら美しく感じます。それは、きっと、自分が頑張れないから・・・。ドラマを見て、頑張れない自分を振り返り、少しでも頑張れるはず・・と思わせたら、もうこのドラマは成功しています。生きているといろんなことがあって、楽しいことだけじゃなく、悲しい、辛いこともある。その時、少しでも、頑張れるんだということを与えてくれるからこそ、人はこのドラマに感動し、勇気づけられ、名作と呼ぶのでしょう。ありゃ、まとめの文章みたい^^まだ、先は長いです。

もうひとつ、心に残った言葉がありました。次男テワンが演技学校への学費を親に無心することに対するクムスンの言葉です。「私に親がいたら、そうやって頼ったり、甘えたりしたかもしれない。でも、自分で成し遂げたら、もっと、気持ちいいよ」心に響くよねぇ~楽な道は、楽なだけに、その人を成長させません。しかし、困難な道は、成し遂げた時に、達成感がありますし、その事実が大きく人を成長させます。まあ、この成長のコツは、少しだけ達成困難な目標ってとこなんですけどね^^はじめから、無茶な高望みは、挫折しか呼びませんし、精神がひねくれる可能性が高いです。テワンの演技学校への入学くらいなら、ちょっとした目標ですから、そりゃ自分で成し遂げたほうが良いでしょうね。自分の夢の実現は、できるだけ、自分で歩まないと・・・誰の夢かわからなくなります。

おっと、この間、クムスンは、ジェヒ母の美容室に就職しました。採用理由は、やる気があるということです。彼女に他の人とは違うものを見いだしたわけです。美容室では、おきまりのいじめがやってきます。スタッフが楽しそうでない美容室なんて行きたくないですよね。スタッフ同志の注意は客のいないところでやってください!。クムスンのやる気は、ある意味、従来の美容室スタッフにとってはまぶしいものです。実際に、あんな人が自分の職場にきたら、しんどいですよ(ありゃありゃ^^)。間違っちゃいないけど・・・ね。周りの人に、ちょっと慣れとか意識改革が必要とされるからです。また、思うに・・・いじめによる失敗が、先輩である自分の指導力の無さであると評価される可能性を思わない馬鹿は、ドラマからさっさと消えてほしいですね。いじめるなら、もっと、狡猾にやらなくっちゃ(笑)

もうひとつ大きな伏線が登場しました。クムスンの実母は、腎臓移植を受けて回復して過ごしていましたが、拒絶反応がでて、腎臓機能が低下してしまったのです。その結果、再び、透析を受けなくてはならなくなりました。2度目の移植はドナーの優先順位が低いらしく望み薄です。「親戚でもいたら・・」おいおい、クムスンの腎臓狙われちゃうの?(不謹慎表現ですな)そりゃ、実の母のためなら、あの性格のクムスンは腎臓をひとつあげるでしょう。

人は、無くなったときにわかるものがあります。その第一のものが健康。あたりまえに歩けて、体を動かせて、ごはんを食べられて、寝られるという行動ができるということは、すごいことなんです。これは、普段実感しません。しかし、ある時、気がつきます。ケガをしたり、年をとってきたときに・・。「健康第一」とは良く言ったもので、この言葉を噛み締めて、不摂生しないように体を大切に生きていきましょうね。

シワンは、指輪をソンランに渡そうとして、彼女に離婚歴があり、元夫に子供を預けていることを知ってショックをうけます。ありゃりゃ、ちょっと前に「過去もその人の一部だから、過去は気にならない」なんて言っていた人がどういうこと?^^10年以上も片想いしていて、勝手に対象相手のイメージをつくってんじゃないの~。あの場面でショック受けていたら、女性側はやってられません。確かに、再会して1ヶ月で、結婚とか指輪とかじゃ、重い~って感じもします^^。

|

« 韓国ドラマ「がんばれ!クムスン」24話まで見ました。 | トップページ | KPOPネタで、WAXとヤンパです。 »

コメント

コンニチワぼんやりさん^^クムスンが初めてTSUTAYAに並んだのは一昨年だったかな・・最初はすんなり借りていたのにリリースの回を増すごとにクムスンのファンが激増して3回目のリリース日は何と!!開店前には長蛇の列・・・私は友達と一緒だったので二手に別れてDVDの並んでいる棚へ・・・あらら!!無い^_^;何とこの日は続きが斜め下段に・冷静に見たら何て事無いここに並んで普通じゃん。でもその日は(何でいつもの隣に並べないの)って店員さんに言っちゃおうかって思う位 熱くなったものです・・賢い友達がゲットしてくれたのでこの日は一安心、そんなこんなで半年にわたるリリース日のクムスンゲット作戦が続いたんですぅ~~懐かしい(-。-)y-゜゜゜あの争奪戦があったからこそクムスンは心に残る作品です。  今はBSで放送していたのを録りためて見てます。  

投稿: mimi | 2009年7月27日 (月) 10時07分

今晩は・・・・

   無くなってわかる。。。
   私も・・・障害者すが・・・やはり。。。dollar・・・・・もいります。健康と・・・匹敵するかもね
   sad・・・・ヤバい。。。重いわ

   。。。。じりじり・・・ハマってきてますね。

投稿: おじょ | 2009年7月27日 (月) 20時07分

このドラマ、最初は「こんなに長いの、また引き伸ばしで中だるみするんじゃないの?」と思っていましたが脚本がいいので、そんなことはありませんでした。テワンも何気にいい奴めいてきて、クムスンと兄妹というより同志みたいな関係になっていきます。ジェヒに対しては弟のジョンワンを否定されるようで最初は敵意を感じるのは当たり前ですし。ぼんやりさんの指摘されているように従業員がお客さんの前でプライベート丸出しの話をするのは他のドラマにも多々あって「韓国ではこういうことはありなの? ドラマだからなの?」といつも思います。バツイチ子持ちのシワン恋人と姑とのバトルが見ものですが正直「ここまでバツイチ、子持ちって卑下することなの?」と大声でいいたくなります。実母(チャングムのハンサングン様?)の病気でドラマはこれからどんどん盛り上がっていきますよ。お楽しみに。

投稿: ポーチュラカ | 2009年7月27日 (月) 20時35分

こんにちは、mimiさん^^

私は、スカパーでめったやたらに録画していますが、クムスンは、はじめ録画パスしていました。長いのは見るのも録画するのもしんどいと思ったのですね。その後、話題になったので、録画しましたが、やはり、お蔵入りしていました。でもって、今回見ています。良い感じのドラマだと思いますよ。

投稿: ぼんやり | 2009年7月28日 (火) 04時49分

おじょさん、こんにちは^^

今のところは、じわっとはまりつつあるという状態でしょうか。まだ、ジェヒとクムスンの恋愛に突入していませんので、物語としてはまだまだですよね。

投稿: ぼんやり | 2009年7月28日 (火) 04時59分

ポーチュラカさん、こんにちは^^

私が見ているところでは、確かにストーリー的には、まだまだですよね。もっと、いろんなことが起こりそうで楽しみにしています。でも、他のドラマが見られないので、録画が貯まっていきますわ^^ははは

投稿: ぼんやり | 2009年7月28日 (火) 05時05分

テレビのチャンネルを変えている時に、偶然にも目にした「ある男女の●●のシーン」・・・それまでのストーリもわからないまま、思わず涙したワンシーンでした。それが、前半のキャラからは予想もつかない、あの「クムスン」のクライマックスシーンだったと知るのは、その回になってからでした。
今では、ジェヒが出てくるあたりからDVD
に保存して、録りだめたドラマがあっても見てしまうほど大好きなドラマです。おっしゃる通り共感できるセリフはいっぱいあります。そして、絶対にありえなくはないストーリにときめきます。♡


投稿: ルンルンmama | 2009年8月 3日 (月) 10時25分

今晩は。。。。

  このドラマを観てると、結婚って大変だなって思う。旦那の親との付き合い・・・方が・・・・
   まさに・・・・っ昭和の女性。。。ではないかと。。。私たちの母親の時代を思わされますね。
 
  日本は「女。。。親の時代」で、恐らくこんな苦労はしてる方は少ないと思われますね。こんな・・・・苦労をすれば。。。すぐに離婚だわ
  

投稿: おじょ | 2009年8月 3日 (月) 18時28分

ルンルンmamaさん、こんにちは^^

オオッ、そんなクライマックスシーンがあるのですか。楽しみなことです。やっぱり、ジェヒが出てくるあたりからが、おもしろいですよね。私が見ているあたりでは、2人の恋がどうなっていくのかわかりません。その過程を期待して楽しみたいと思います。

投稿: ぼんやり | 2009年8月 4日 (火) 06時28分

こんにちは、おじょさん^^

そうですよよね。嫁となる女性に対する考え方がちょっと古いです。家に嫁ぐという考えがあるのか、夫の家族からの干渉が激しいです。結婚した以上、別の家庭と思いますから、息子もある程度の自立が必要ですよね。いまどき、このドラマのような、姑がいたら・・・それで、ごめんなさいでしょう^^。

年取っていく親に対して、経験を重ねていく若夫婦では、時の流れを背景とした力関係から言って、最後は若夫婦の勝ちとなるのに決まっています。老後を少しでもお願いしたいという気持ちがあるなら、嫁との関係を最悪にしておくのは得策ではありません。

ただ、人間ですから好き嫌いがあります。それはしかたないと思うしかありませんね^^。

投稿: ぼんやり | 2009年8月 4日 (火) 06時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145819/45749543

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国ドラマ「がんばれ!クムスン」32話まで見ました。:

« 韓国ドラマ「がんばれ!クムスン」24話まで見ました。 | トップページ | KPOPネタで、WAXとヤンパです。 »