« 韓国ドラマ「がんばれ!クムスン」100話まで見ました。 | トップページ | 韓国ドラマ「がんばれ!クムスン」127話まで »

2009年8月23日 (日)

韓国ドラマ「がんばれ!クムスン」114話まで

韓国ドラマ「がんばれ!クムスン」114話まで見ました。

いやあ、すごいわ、クムスン・・・ドラマ初期に、性知識もなく、幼い世間知らずの娘で、容貌もぱっとしなかった娘がこんなに変わりますかね。子供の手本となりたいという母の強い思いは、自らの判断で正しいと感じた道を決して踏み外すことはありません。実の母に腎臓を移植して助けたいという娘の気持ちは、反対する周りのすべての人を説得していきます。

育ててくれた愛すべき祖母に向けて言うきっつい言葉「おばあさんは、私より長く生きてくれるの?先に死んじゃったら、私は、子供とこの世に2人きりなのよ。私を生んでくれただけでも大切なあの人を助けたい!」この言葉に、祖母が反対できるはずがありません。母から捨てられた孫娘を苦労して育ててきた祖母に向かって、自分の意志を確固として示すクムスン。泣いていても、殴られようとも一歩もひきません。クムスンが祖母を愛してることがわかっているからこそ、祖母を傷つけてまで進むこのクムスンの思いは、言われている祖母やクマ母にも十分わかっていて、見ている私は、涙を絞り出されることになります。

そして、この強い思いは、クムスン母をも説得します。このクムスンとその実母との移植へ向かう会話は、すごいですから、しっかり見ましょう(あっと、みんなもう見てるのか^^)実母の主張は「捨てた我が子に、病気になってから現れて、都合良く腎臓をもらうなんて、人としてできない。先の短い自分のために、健康な娘の体にメスをいれることはできない」というわけです。うん、けっこう納得する理由です。

クムスンにとっては、すでにいないとあきらめていた人が突然現れて、助けるには自分の腎臓をひとつあげないといけないというわけですよね。もともと、母はいないと思っていたわけで、それが、死んでいなくなっても、自分の生活が変わることはありません。私自身の身に置き換えても、相当迷う・・・というのが本音です。

しかし、クムスンは決心しました。死んでしまった人には会えない。自分を生んでくれた母がいることがわかっていながら、それを失うことはできない。自分もフィソンの母だから、母としての子への気持ちはわかるし、母のいない辛さもわかる・・・。そして、移植を拒むクムスン実母へ向かうこれまたきっついクムスンの言葉がやってきます 「私を忘れたことはないって?その娘が生きていて欲しいって必死のお願いをしているのがわからないの?ちっぽけな自分の良心で、断らないで!死んでしまってウンジン(クムスン母結婚後の子供)に私と同じ思いを味あわせるの?」う~ん、私は拒絶する母を移植へ向かわせるための理由は、難しいと思いました。クムスン母の主張が普通だなと思ったからです。しかし、これを覆す主張。まいりました。良いでしょう。こういう考えがあったのか・・・納得します。このあたり、クムスンは強い!がんばれという応援は、もはや、いりません。人は成長するのです。私は賞賛の目で見てしまいました。もちろん・・・私の目には涙・・・。

ドラマ初期は、ウンジュ役イ・セウンさんがきれいで、クマ役チェ・ジャヘさんが可愛いと思っていました。ここにきて、クムスン役ハン・ヘジンさんの凛とした気品ある美しさが際だっています。前のほうの感想についたコメントで、クムスンがどんどんきれいになりますとありましたが、私の想像を超えていました。前半の髪型と化粧はいったい何だったんだぁ。オープニングに流れる映像のクムスンから比べると全然違うぞ。ジェヒが落ちるのも無理は無い(笑)

ジェヒとクムスンの恋も発展してきました。子供や生きることに忙しくて、恋なんか思ってもみなかったクムスンのそばに現れて、なにげにちょっかい出してくる男。優しいと思ったら、冷たい時もあり、わけわかんない子供みたいな男で、自分のことを頭が良いとか格好いいという変な男。いつの間にか、クムスンの心の中に、入り込んできます。

ジェヒはクムスンを恋に向かわせるために以下の過程を経ましたね。まず、クムスンの周りに現れて、いろいろ、ちょっかいをだす。・・・存在を意識させる効果。次に、ジェヒは、クムスンの「移植のことに口を挟むなんて、あなたは私の何なの?」という問いに「お前が好きなんだ。だから、口を出す権利がある。あまえは、守りたい人だけじゃなく、守ってもらえる人のことも大切にしろ」と告白。つまり、はっきり、自分の意志を表示しました・・・クムスンに対する方向性・目的の明確化です。これ、重要です。そして、「これは、誰にも言っていないんだけど、自分も未婚の母から生まれた子だから、クムスンの気持ちは良くわかる」と言います・・意識の共有感による仲間意識と特別感を狙っています。さらに、寂しくたたずむクムスンに、靴をはかせてあげます。・・・お姫様願望の実現と優しさの実感です。その後、「おまえの気持ちはどうなんだ。はっきりしろ!」と返事の強制を行います・・・自分で意志を表示させることによる本人の気持ちの確定の要求です。次は一転して、はっきりしないクムスンの突き放しという最終高等テクニック・・・喪失感の疑似体験です(これがきつい^^)。

はい、クムスン、このジェヒの作戦にはまってしまいましたね(笑)なんかわからないけど、いないと寂しい感じだし、移植の許可を得ないとダメだなぁと思わされてしまいました。そして、「自分の気持ちを示せ」と言われて、迫ってくるジェヒの唇(うあぁやらしい^^表現)両手でホッペ固定されてますから、逃げられません。キスシーンきたぁ^^目つぶるしかないな。はい、ごちそうさま・・・こうして、クムスンは自分の気持ちをジェヒに示したのです。よかったね。

キス後の焼き肉屋での会話も洒落ています。どうしても、ジェヒの立場が弱い感じがするのが良いです。クムスンのほうが、しっかりしてますね。でも、別れ際が変わりました。いつも、クムスンを見送っていたジェヒに代わり、今度は去っていくジェヒをクムスンが見送ります。何気ないシーンですけど、2人の関係が新しいところに入ったことを実感させます。

114話が良いので感想を書きましたが、本日はテニスの試合の日。これから、夏真っ盛りのコートへ向かいます。忙しいなぁ、では、またね~

|

« 韓国ドラマ「がんばれ!クムスン」100話まで見ました。 | トップページ | 韓国ドラマ「がんばれ!クムスン」127話まで »

コメント

ぼんやりさん、すご~い!
怒涛の視聴スピードですねー。
まさに、ドラマ視聴界のボルト♪

ジェヒの作戦に、やっとはまってくれたクムスンですが(イライラしてた)まぁ実はここからもさらにイライラモードが続くわけでして・・・あと、20話の辛抱、そしてさらに20話・・・てな感じで二人の関係には大きな山が来ます。

な~んて、見ているうちに止められなくなった私もこのドラマの制作者の作戦にまんまとはまちゃったのですね。

ジェヒに対して、あまりにもお堅い態度のクムスンを見ていると、ぼんやりさんじゃないですが、私もつい『おい、お前さんフィソンはささっと作っちゃったクセに!』と画面に向かって毒づいてましたー。いつのまにか貞淑女性の鏡となっていましたね~。

ところで、ハンヘジンも綺麗ですが、カンジファンもどんどん素敵になってきていると思いませんか?
ジファンは、撮影しながらマジにハンヘジンさんに恋してたんじゃないか?!といういのが私の勝手な推測です。

投稿: minami | 2009年8月23日 (日) 11時31分

今日は。。。

  う~ん
   私がクムスンであれば『腎臓』提供できるかなって真剣に考えましたよ。どんな理由であれ・・『捨てた』という・・事実は消えませんし、祖母の苦労がわかるだけに・・・実母を許せるのか~これは子供を持った女性にしか・・・分からないのか、子供がいるから『捨てる事が出来ない』人間性より・・・もっと違うものがクムスンにはありますね~

  ジェヒ・・・子供みたいで『可愛くて』
 気がつけば・・・『恋に落ちて』ですよね
  そう。。。80~~最終回まで。。。本当にいいドラマですよ
   観たくなったわ
     

投稿: おじょ | 2009年8月23日 (日) 16時49分

クムスン 只今 2回目の視聴です。役者の表情そしてセリフ…1回目の視聴では 気づかなかった その奥深さを噛みしめながら 見てます。初期の頃にオムニが「ロミオもジュリエットのこと3年経てば忘れる」なんて言ってたなんて、1回目の視聴では全く覚えてなくて、まさに 後半のクムスンとチョンワンの思いにつながってたのネェ~なんて関心しながら見てますhappy01
そして フイソンは いつも家族会議の中に真面目な顔して参加してるのが 可愛い
フイソンの役者ぶりにも 丁寧に注目しながら見てます

投稿: yukikokamo | 2009年8月23日 (日) 20時04分

こんばんは!
そうでした そうでした。実母を助けたいと思うクムスンが、大切な祖母に、本心でない言葉を 言ったんでしたよね。「おばあちゃんは、ママになれない・・・」言葉も会話も、聞き逃せない内容でした。祖母が、口を結んで 黙って聞いていた姿は、今でも思い出すと辛い姿でした。ホントに、祖母の演技は プロでした!(涙、涙)
私は、クマ母が 実母に「辛いことは、一生続かない。耐えればよかったのに」と言った言葉が、胸に響いたようで、ノートにメモありました。。いい台詞の連続だったのを 思い出しました。

ジェヒに告白された後だったかしら?あっ キス後でしたか!食事シーン・・きゃしゃで美人のクムスンが、というより ハン・へジンさんが、ダイナミックに実に美味しそうに食べるのに、それはきれいな食べ方をしていました。好きな場面で うっとりでした。自然な美しさが 気持ち良かったです。
ぼんやりさんは、どうでしたか?
クムスンが 見送ったことは、覚えていませんが、靴を履かせてもらったり、二人のキラキラ恋の輝きに 私もドキドキしていました☆

投稿: kei | 2009年8月23日 (日) 21時26分

キャハ~ 電話がかかり 離れていたら、ダブって送信・・ごめんなさい。 一つ 消せますか? こういう時自分で 削除できますか? パソコンに詳しくないので(汗) 恥ずかしいです。先日、デビューしたばかりで・・教えて下さい。

投稿: kei | 2009年8月23日 (日) 21時35分

minamiさん、こんにちは^^

クムスンとジェヒの恋・・こっから、まだイライラモードが続くのですか。どう考えても、ジェヒ母の大反対がきそうだし、ウンジュの嫉妬もからんでくるはず。これに、同様のケースのソンランの立場をからめて、また、やかましいことになることを予想しています^^

カン・ジファンさんも、ドラマオープニングに出てくる姿から見ると、かっこよくなっています。

共演した2人が実生活でも。。なんて話は良くありますよね。演技しているうちに、現実とわからなくなるのかもしれません。相手は通常、美男・美女だし、ドラマ中は格好いいですし、演技するためには、その人になりきることが必要ですから、無理はないよな・・と思います。夢から覚めた時が怖い・・・とも言う(笑)

投稿: ぼんやり | 2009年8月23日 (日) 23時18分

おじょさん、こんにちは^^

クムスンの腎臓提供への決心は、なかなかできる方向ではありません。両親が幼い時から、いなかったという境遇にさらされたことがありませんから、母へのその特別な思いは、わかりにくいのかもしれません。

母の子(フィソン)への思いを今クムスンは実感していますから、自分の母もクムスンに対して同じような思いを感じているはず・・・と思っているのでしょう。通常は、実母が、本当はどんな性格なのか、わかりませんから、自分と同じ感情を当てはめることは危険です。しかし、自分は、母に生きていて欲しい。移植したてあげたいという希望があるのなら、それは、母の問題なのではなくて、もはや自分の問題ですから、他の人がどうこういうことではなくなります。

まあ、見ていてそういう選択もありだなと思いましたから、脚本・台詞としてはすぐれていると感じました。

投稿: ぼんやり | 2009年8月23日 (日) 23時35分

yukikokamoさん、こんにちは^^

2回目の視聴ですか。確かに含蓄の深い言葉がちりばめられていますので、最後までのストーリーを知って、もう一度視聴すると新しい発見があるでしょうね。

好きなドラマは何度でも見られます。そのたびに新たな発見があったり、感動の大きさは違うんですけど、思考回路は同じ道を通って、いいなぁと思ってしまうでしょうね。

クムスンの子のフィソンは、ほとんどしゃべらなくて、おとなしいなと思っていました。今、見ているあたりでは、ポツポツしゃべるので、可愛いものです。普通、大人たちが、怖い顔でギャーギャーと論戦を交わしてたら、泣くよなぁ~と思いますね。

ときどき、フィソンがアドリブっぽく参加した時に、他の役者さんが暖かく対応しているシーンがおもしろいです。(アドリブかどうかは不明ですが、一瞬、間があって、フィソン○○だね~とくるのでそうなのかなと思っただけです^^)

投稿: ぼんやり | 2009年8月23日 (日) 23時53分

keiさん、こんにちは^^

そう、このクムスンの祖母はすごく良い役で、しかも上手に演じています。母代わりとして、クムスンへの愛情が深いことを視聴者はみんな知っていますから、その祖母へ向かうクムスンのきっつい言葉と受け止める祖母の気持ちは、涙なくしては見られません。名場面と言えますね。

ハン・ヘジンさんの容貌の変わり方には、びっくりしています。化粧の仕方が変わったのか、表情のアップになった時の美しさを感じるようになりました。ごはんの食べ方は、本当はその人の生活がうかがわれると思います。ともあれ、おいしそうに食べるのは、見ていて気持ちよいですから、作ってくれた人や一緒にいる人に対するマナー+感謝のあらわれとも言えます。

2重投稿の件ですが、このブログでは、私しか消せません。管理者が承認するまで表示されないようにもできるのですが、今のところ、変な書き込みもないので、即表示となっています。・・ということでひとつコメントを消しておきました。

投稿: ぼんやり | 2009年8月24日 (月) 00時23分

ただいま。。。door
  週明けの仕事はきついですね

  さて。。。。クムスンですが・・・
 このドラマ『脇役』が光ってますね。目立たず・・・しかし『ポイント』しっかり押さえてる。。。クムスンの祖母の演技は自然で、こんな祖母に育てられたから。。心の~心根の良い子ができたんでしょうね

  私は。。。おばさんが好きですね
    最後は。。。「えぇ・・・っ」
   ほんとなのlovelyで終わり、おばさん『なかなかやるねぇ~』ですよ。。。。お楽しみに
   

投稿: おじょ | 2009年8月24日 (月) 17時13分

こんばんは!
ぼんやりさん、暑い日のテニス試合は 如何でしたか?
プロフィール見て 笑ってしまったお昼寝タイムは、確保されていますか?? チョット 気になったり・・
気になるといえば、焼肉やの会話を思い出せなくて。又 見る時の、楽しみにします。ぼんやりさんの表現は、心地いいですね~***

カテゴリー見ても、見た作品は 少しだけ・・数年先まで トキメキが続くと思うと、バンザイ・嬉しいです!
(おじょさん、黄金のりんごの子役・・メチャメチャ上手でしたね♪)

投稿: kei | 2009年8月24日 (月) 20時38分

Keiさん

    はじめまして
   黄金のリンゴの子役は素晴らしかったけど。。。大人になっての配役が。。。
  主役の。。。女優・・が棒読みで~参ったわwobbly兄妹愛。。。重視で描かれてましたよね。
  内容は良かったとおもっただけどね
   
   あれだけ動かなければ。。。寝てしまいます

投稿: おじょ | 2009年8月24日 (月) 21時02分

ぼんやりさん、そろそろドラマにはまって順調にすすんでいるようですね。クムスンが迷いながらも自分の道をしっかり見据えて行動するのをノ家のお義父さんがアシストする、家族みんなが心からクムスンのことを心配するのがとてもいいです。勿論実家のハルモニ、クマ、クマオンマなどもとてもいい。このドラマ、脚本がよく出来ているのか、うそっぽい台詞がありません。誰のいう台詞もひとつひとつ納得させられます。それにクムスン、どんどん魅力的になっていきます。ジェヒは本当は私の好みじゃないんですけど(京城スキャンダルではすっかりリュ・ジンに食われてしまってたし)このあたりから頼もしく素敵になってきました。ウンジェは可哀想ですが、大人の女性としてこの苦しみを乗り越える以外にありません。でわでわ・・・。

投稿: ポーチュラカ | 2009年8月25日 (火) 00時07分

おじょさん、こんにちは^^

脚本の影響も大きいですが、脇役が良いとドラマが締まりますよね。長いドラマですから、いろんな要素を含めなくては、継続できませんから、脇役といっても、主役級の時間をもらえます。やりがいがあるでしょう。

投稿: ぼんやり | 2009年8月25日 (火) 06時26分

keiさん、こんにちは^^

日曜日は、暑いといっても、意外とすごしやすい日で、テニスの試合に行ってきました。帰ってきて、疲れたと思って横になったら、そのまま寝てしまいました。起きたら、深夜の11時!昼寝を通り越して・・・何か微妙な時間(笑)また、寝ようかどうしようかと考えて・・・クムスンを見ていました。おい!^^

黄金のりんごは未見なんで、何とも言えませんが、子役というと、イ・ヨンアさんかな。彼女主演の黄金の新婦が、これまた長い^^いつ、見るやら・・・^^

投稿: ぼんやり | 2009年8月25日 (火) 06時40分

ポーチュラカ さん、こんにちは^^

このドラマは、いろんなテーマを順に描いていっているという気がします。クムスンとジェヒとの恋は、前半部では隅に追いやられていましたから、ジェヒの魅力は十分発揮されていません。クムスンが家族間の問題をそれなりに克服してきて、いよいよ、第2の恋に向かうわけですね。

シワンの行動を対照にして、ジェヒがどのようにしてクムスンを手に入れるか・・・2人の間に横たわる問題をどう解決していくかが、見所です。子供ぽい感じで描かれてきたけど、一途ですから、きっと格好いいんだろうなぁ。

投稿: ぼんやり | 2009年8月25日 (火) 06時55分

こんにちは、おひさしぶりです。
クムスン、114話まできたのですね。
久しぶりにぼんやりさんのコメントを読み、クムスンの内容を思い出していた所です。
残り1/3ですが、まだまだ先は長いですよ。
楽しんでくださいね。
私は今TBSの吹き替え版「花より男子」を毎日観ています。字幕、ノーカットも観たのですが、やはり内容がわかりやすいです。名前まで、「道明寺」や「牧野つくし」に変えてしまったのは、やりすぎだと思いますが・・・。

投稿: はせどん | 2009年8月25日 (火) 16時56分

こんにちは、はせどんさん^^

やはり、クムスンは何と言っても長いドラマです。これを最後まで見させるのは脚本が良くないと無理ですね。

花より男子は週1で録画中です。出だしをちょっと見ましたがおもしろそうな感じでした。でも、あまりに時間があいちゃったので、テンションが落ちたかも^^

私が録画中のMNETでは、週1放送ってひどさなんですよね。後から放送される他局に追い抜かれるのかな^^・・・・日本のドラマのように12話ぐらいなら、週1でもいけるでしょうが、半年間も週1回でひっぱられるなんて、嫌!ということで、他の人より視聴が遅れますけど貯めています。そのため、花より男子は、他局CS、BSなど、まったく見ておりません(笑)

投稿: ぼんやり | 2009年8月26日 (水) 06時04分

おはよう!
ぼんやりさん、子役は パク・チビン君と愛嬌たっぷりな女の子です。アレ~ 子役の子でも、男性の名前は 覚えたのに(汗) 世は 男と女・・私は 正常ですよね(アセアセ) 女の子は「偉大な遺産」で園児役で出ていたかも。2人とも 凄く可愛くて、笑わせてくれたり ポロリとさせてくれたり、素晴らしい演技力です。

クムスンですが、実母がクムスンと会った時に、"私の赤ちゃん クムスン"と呼びませんでしたか?名前だけでもいいのですが・・ 赤ちゃんの時に別れ 育てる事も出来なかったので、成人した我が子を前に そう口から出たのでしょうか。ずーと大切に思い続けていた母親心に ぐぅっでした。。。

おじょさん、挨拶もしないで失礼しました。ここには、見たものは全て、録画してあるものは チラッと寄って楽しんでいて、カキコして皆さんと沢山話したかったのですが・・・ようやくパソコンにも慣れ?! 今後とも 宜しく願います。
黄金のリンゴは、2年位前に 友達から借りて見て、よく覚えていないのですが、パク・ソルミさんでないなら イ・ヨンアさんですか? 彼女は 初めて見たのですが、清楚なきれいな方で、父親思いの長女らしい印象くらいです。作品は サスペンス要素を含んでいて、貧しいけれど仲良し家族が受けた悲劇を・・兄弟愛いっぱいの話で、なかなか良かったですよね!

ぼんやりさん、遅くなりましたが、わからない事を教えて下さり 有難うございました。。。

投稿: kei | 2009年8月26日 (水) 07時41分

keiさん、こんにちは^^

パク・チビンくんといえば、私にとっては、幼き「イサン王」ですな。うまいですよね。彼・・・^^。ぷっ^^やっぱり、子役でも私は、女の子の方を見てるみたい^^

韓国の子役ちゃんって、大人顔負けの演技を見せることがあります。それも楽しみのひとつですが、話が進行して大人時代になった時に、あの子がこの人に成長したのかぁ・・・似て無くてわかんねぇ^^って時もありますな。

クムスン母と子との気持ちが描かれるところは泣けるシーンが多いですね。しかし、自分がお腹を痛めて生んだ子供への思いは、経験した人しかわからないのかもしれません^^。

投稿: ぼんやり | 2009年8月27日 (木) 05時21分

はじめまして♪

いつも読ませていただいておりましたが、
コメントは初めてです~~。
それほどに「クムスン」に嵌ったからです!
私は3日前に最終話まで見てしまいました。時々に本当に感動的なクムスンの言葉がちりばめられており、ちょっとやりすぎなのでは・・・みたいなところが今の日本のドラマに出てこないせりふのような気がして本当に離れられなくなりました。
クムスンのやられてばかりでない性格も気に入っています。

私は腎臓移植経験者です。クムスンと同じ提供者いわゆるドナーです。
他の方は分かりませんが、愛するものへの移植には全く迷いはありませんでしたし、手術が混んでいて1年近く待たされましたが、カレンダーの過ぎた日を消しながらその日を心待ちにしました。
術後数年経過しました。今の私の体には全く異常はないし、片方しかないという何となくの不安を感じるときもないわけではありませんが、でも、医者であるジュヒがあれほど移植をするなという意味が理解できませんでした。ただ、ドラマの流れ上あそこでのジュヒの反対は必要な要素だったのだろうと解釈しています。

いつもはドラマを見終える前に、すぐ次を借りる準備を始めたものですが、今回はその気が起きませんでした。「クムスン」から抜け出せないのです・・・。

それにしても時々不思議なくらい一人っ子らしい我侭さ、欲しいものが手に入らないときの苛立ち、自分の気持ちがうまく収められなくて毒舌をはく、冷たい行動をとるなど悲しい面も見ましたが、「あんな男と恋愛したい」と思わせれば世間の女性の心をつかめるといったクムスンの監督さんの言葉はドンぴしゃりで私も嵌りましたネ・・・。

先に「カン・ジファンさん」にはまってクムスンを見たので・・・本当にときめきました。(年甲斐もなく・・・)


投稿: ホワイト | 2009年8月27日 (木) 10時52分

こんにちは、ホワイトさん^^

実際の経験者を前にして、感想を述べることは恥ずかしくてできません。その場に臨んでみないわからない感情が絶対に存在します。

ジェヒの反対は、ドラマ上、クムスンに許可を願い出させるための大きなエピソードでしたね。子供っぽいところもありますから、好きな女性の体にメスが入るのが単純に嫌というのもあったかもしれません。また、医療に100%はありませんから、万一が怖いというのもあったでしょう。

そうそう、ジェヒって、ちょっとわがままで自己中のところもあるんです。それが、可愛いと感じられる脚本がうまいと思います。

ドラマ視聴は、人生体験だけでなく、ひょっとすると疑似恋愛の要素もありますから、出演者にときめいても良いでしょう。

たくさんのドラマを見ることは、本を読むのと同じく、ある場面に臨んでいろんな考え方・生き方があることを知ります。ドラマ中のあの行動はひどいと言いながら、現実には似たようなことを自分がやっていたりして、反省することもあり、有意義だな・・・と思うことにしています(笑)

投稿: ぼんやり | 2009年8月27日 (木) 15時51分

こんばんは!
ぼんやりさん、韓国ドラマは 何と言ってもワクワク・ドキドキで 充分楽しめるのが好きなところですが、教訓?や道徳?もあって、色々な考え方などを知るのも いいですね。
私、この頃 ぼんやりさんのコメントを読んでいると 声が聞こえる感じがします。文が とってもいいです!
ドラマ同様、私には有意義☆です。。。

ホワイトさん、私も2年前「復活」にはまり、素晴らしい作品に魅せられ、オム・テウンさんの演技から 抜け出せませんでした。ですから、テウンさんの全作品を続けて見て、次へ進めました!元々 余韻を楽しんでから 次作品を見るタイプですが・・・ようやく、「春のワルツ」から「イルジメ」を見る気になりました。
ホワイトさんも、クムスンを 大切に次に進んで下さいね。

ぼんやりさん、ジェヒは 可愛い幼い感じで、私は特に惹かれませんが、恋に反対されてからの後半で、クムスンが好きになるのも無理はないくらい ステキな男性になりました。 胸打つ場面が多いですが、ドキドキを楽しんで下さい♪♪

投稿: kei | 2009年8月28日 (金) 00時37分

keiさん、こんにちは^^

韓国ドラマって、ドキドキ感満載だし、少し前の日本みたいな人情にこだわる感じもあり、楽しいです。余韻を楽しめる良い作品に出会えることは幸せなことです。

「なんだこのドラマ~」って時は、それに関与した人々の苦労を感じて、できるだけ最後まで見るようにはしてますが、それでも視聴時間が多くとれるわけでは無いので、知らないうちにお休みとなった作品も増えてきました。「復活」なんか名作ですから、そりゃはまりますよね。

ドラマはジェヒとクムスンの恋に移ってきましたが、まだまだ、2人の行く末には障害が多いです。このあたり、1話に1回は泣かせるシーンがあるので、評価が高いです。

投稿: ぼんやり | 2009年8月28日 (金) 06時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145819/46003626

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国ドラマ「がんばれ!クムスン」114話まで:

« 韓国ドラマ「がんばれ!クムスン」100話まで見ました。 | トップページ | 韓国ドラマ「がんばれ!クムスン」127話まで »