« 韓国ドラマ「君は僕の運命」40話まで見ました。 | トップページ | 韓国ドラマ「君は僕の運命」44話まで見ました。 »

2009年8月 2日 (日)

韓国ドラマ「がんばれ!クムスン」43話まで見ました。

韓国ドラマ「がんばれ!クムスン」43話まで見ました。このあたりは、ちょっとイライラする展開です。それはシワンとソンランの恋の行方がいまいちなんですよね。

シワンは、ノ家の長男として、なかなかできた人間で、良い感じだなと思っていたのですが、ソンランが離婚経験者で子供もいると聞かされて、一気に「幼児化」してしまいます。「過去もその人の一部」と言っていた人が何さ!いざ、自分の身に関係してくると、そういう発言は嘘かい。あまりにひどくて、ソンランが可哀想になりました。

さらに、このシワンの恋に介入する母ジョンシムと弟テワンもまいったものです。母の方は、シワンの意志を無視して、ソンランに会いに行きます。この息子大好き母も何とかしてください。自分で解決すると言っているシワンの気持ちを自分勝手に解釈して、ソンランに会いに行って好き勝手なことを言って帰ってくるわけです。「あの母とは、決して同居しませんから・・・遠くに住みます」とでも言わないと、シワンに嫁のきてなぞ、ありゃしませんよ(笑)

そして、テワンも、事情も知らないくせに、ソンランの家まで乗り込んで言って、文句を言います。ソンランにしてみたら・・・「何なの、この一家?」てなものです。おせっかいがひどすぎる。家族として、心配するのはわかりますが、自分の家の流儀は他人の家ではあたりまえではありません。シワンの子供ぽいところに持ってきて、あの家族じゃ・・・決して、結婚なんかしたくありませんね。まあ、家族の中に入ってしまえば、暖かくて良いのかもしれませんが、入れてくれるまでが大変そうな気がします。「ひどい言葉は一旦出してしまうと戻ってこない。人の心につけた傷は、なかなか消えない」と思っている私にとっては、その場の感情で失礼な言葉を言って、その後どうするんだろうと心配になります。みんな、忘れっぽくて心の広い正直な人ばかりなんでしょうね・・・・^^

クムスンは、美容院で働くようになり、ヘヤースタイルを変えてかなり可愛くなりました。チリチリパーマのリンゴホッペの化粧から、髪の毛サラサラ、三つ編み色違いゴム止めで、化粧もうまくなっています。いろんな所で、魅力的な感じとなっていますから、そりゃ、ジェヒも気にかかるよね。でも、ジェヒには、ウンジュがべったりくっついています。ウンジュ役のイ・セウンさんは、きつい感じを与えますが、所どころで、恋する女の子の部分を出していて、まあ、可愛いものです。しかし、家では素直じゃないし、口が悪いです。

ウンジュのトラウマは9歳の時に実母が死んで、1年後にすぐ、父が再婚したということです。自分の実母にはやさしくなかった父が今度の母には妙に優しい。子供の心には、実母が愛されていないように感じられ、その娘である自分もきっと愛されないと感じて、ゆがんでしまったのでしょう。この不幸感も私には良くわかりません。血の繋がりが無くても、父の愛する人と共に家族をつくっていけば良いのに・・と思うだけです。義理の母ヨンオクがひどい人間じゃ無いので、できると思うのですが、妙に深刻なんだよなぁ^^

ちょっと、気持ち良いシーンもありました。クムスンは、姑のジョンシムに、しょっちょう小言を言われていますが、絶対譲れない点は、はっきりと「できません、嫌です」と答えます。それは、たいていの場合間違っていませんし、自分の生き方に関する点ですので、それを聞いたジョンシムは黙らされてしまうのです。そのシーンを見た私達は、ちょっぴり、すっきりします^^でも、たいていの場合、よくある韓国ドラマの論点のすり替えテクニックが使われることも多いですよね。「何だ、年長者に向かって、その口のききかたは!」とくるんですよ。決して、人の言うことを聞かずに、そのしゃべり方を注意する。聞く気が無いのは、しゃべり方が悪いから・・・と人のせいにしてしまうのですか?まあ、人にわかってもらえるようにしゃべるのは、難しいです。

しかし・・・ミニシリーズ一気視聴が得意の私にとっては、長いドラマです。ドラマのいろんな人が、文句や小言や不満を述べるのは、ちょっとにして欲しいなぁ。通常、そんなに文句ばかり言って暮らしちゃいませんよ。早く、ジェヒとクムスンのラブラブが見たいです。

|

« 韓国ドラマ「君は僕の運命」40話まで見ました。 | トップページ | 韓国ドラマ「君は僕の運命」44話まで見ました。 »

コメント

またまたお邪魔します。クムスンだとついしゃしゃり出てしまいます。
この辺りは、クムスン義母の小言が多くて、本当に見るのがしんどいところでした。
ジェヒとクムスンのラブラブが見たい!
って同感でした。

しばらく続くんですよね。
もうしばらくですので(あと40話ほど?)ご辛抱を。長っ!

投稿: minami | 2009年8月 3日 (月) 21時30分

minamiさん、こんにちは^^

クムスン義母の小言・・・うるさいですよね。なんで、そこまで言われるんだろうとどうしても、思ってしまいます。でも、クムスンが、譲れないところで、「No!」というので、とっても好ましいです。

早くクムスンの恋が見たいのですが。。。おい!あと40話くらいですか^^そりゃ、けっっこう先でござりまするな。

投稿: ぼんやり | 2009年8月 4日 (火) 06時53分

たしかにシワン兄があそこまで彼女の過去にこだわるのは「いい加減にせえ」といいたくなりますね。それと韓国では親がこどもの結婚に干渉しすぎ。儒教の国で家や一族を大切にするということですからそうかもしれませんが。一流大学を出たエリート銀行員の長男の嫁は完璧な女性であって欲しいのでしょう。            実母の夫、チャン医師、いよいよ臓器ハンター(どなたがが書いておられたのでマネして)になっていきます。この人、再婚のときは自分の親に実母を初婚とみせかけるために?クムスンを引き取らず、長じてはクムスンの腎臓を狙うとはそれしか助かる道はないとはいえ、愛妻と我が家族のことしか頭にない。クムスンを引き取っておきさえすればこんな非道なことにならなかったのにやはりエゴイストですね。     クムスンが譲れない自分の主張はきっぱり言うところはえらいです。先輩のひどいいじめはイヤですが、室長がとてもいい人でクムスンはこの人の指導で成長していくのですね。

投稿: ポーチュラカ | 2009年8月 4日 (火) 09時33分

ポーチュラカさん、こんにちは^^

結婚が家と家の結びつきという考えは、つい最近まで日本でもあったような気がします。核家族化が進み、欧米的な思想が普及するにつれ、だんだんと変わってきています。都会と田舎でも、その考え方に違いがあるような気がしますね。結婚相手の評価ポイントとして、財産の有無、恋愛経験、学歴を重視するかどうかは、個人の考え方ですから、人と人とのつきあいって、本当に難しいです。

まだ、本文の感想で書いていなかったのですが、美容室の室長ユン・ソラン(ワン・ヒジさん)が、ひそかに・・・おきにいり化しています。はじめでてきた時は、クムスンをいじめるのかと思いましたが、クムスンの子供の件やシャンプーテストの時など、なかなか良い感じでした。派手じゃないんだけど、時々、かすかにニコッと微笑みをためる演技が印象的です。彼女主演の「アヒョン洞の奥様」を、長いし見ないから録画消そうかなと思ったのを、これで踏みとどまりました(笑)。

投稿: ぼんやり | 2009年8月 5日 (水) 06時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145819/45819474

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国ドラマ「がんばれ!クムスン」43話まで見ました。:

« 韓国ドラマ「君は僕の運命」40話まで見ました。 | トップページ | 韓国ドラマ「君は僕の運命」44話まで見ました。 »