« 韓国ドラマ「がんばれ!クムスン」114話まで | トップページ | 韓国ドラマ「がんばれ!クムスン」136話まで見ました。 »

2009年8月27日 (木)

韓国ドラマ「がんばれ!クムスン」127話まで

韓国ドラマ「がんばれ!クムスン」127話まで見ました。クムスン母への腎移植も無事成功し、物語は、いよいよ、クムスンとジェヒの恋に話が移ってきました。

なるほど、クムスンはできちゃった婚でしたから、まだまだ、恋愛経験に乏しかったのですね。一方のジェヒも自分から、好きだと思った女性は初めてという雰囲気です。なんとなく、若々しい2人。ここから、なんともいえないドキドキ恋愛ドラマが始まるのですか?良い感じです。ジェヒから、「クムスン・・・名前を呼ぶのも良いな・・会いたくてたまらない」なんて言われるとドキドキものです。ジェヒから呼び出しがあると、いそいそと出てくるんだけど、ベンチでは警戒して端っこに座るクムスン。可愛いですよね。何か、好きなんだけど、怖い・・・っていう、恋愛初期の感覚が感じられました(遠い目になった人、多数かな^^)しかし、クムスンはふと思っちゃったのです。「私、ジョンワンさんを忘れてる・・」自分の亡き夫を忘れて、新しい恋に向かっていいのか?

ちょっと、長い脱線します・・・

人は、忘れるという能力があるから、生きていける。悲しいことや気にかかることを、いつまでも心に抱いて生きていくことはできません。毎日暮らすことによって、いつの間にか記憶は薄れていくのです。そして、いつしか、印象に残った部分だけが残り、しかも、若干の脚色が加えられてしまい、ついには忘れられてしまう。忘れられない場合というのは、思い出すから・・・。思い出すことにより、過去は現実になるのです。ですから、つらい過去を現実にしないためには、思い出さないことが重要なんでしょうね。そのために、人は無意識に別に熱中できるものを探します。でも、その人にとって、悲しい思い出でも自分が生きていく上で覚えておくべきだと思うなら、それはそれとして、たびたび思い出して、現実化するのは勝手です。クムスンは、亡き夫を忘れないという生き方がしたいのです。ですから、ジェヒと会って、楽しい自分が嫌だった。でも、これは二者択一ではなくて共存できるはず。このあたりは、自分の心の持ち方・考え方ですから、他人がどうこう言えません。

いっぽう、楽しい思い出はどうでしょう。今、満ち足りていると、実は、楽しい思い出は振り返りません(おっと、暴言きたぁ)。毎日楽しけりゃ、過去を振り返る必要もないわけで、思い出しても心に刻むことにはなりません。振り返る時は・・・今と比較しちゃって、悲しくなる場合かな・・・あの時は良かったなんていう思いです。そんなのイヤだぁ^^結局、過去は過去ですから、今と未来を思って生きるほうが幸せかなと思います。

若い時は、頭の中の記憶の小部屋を増やしていきます。しかし、ある時になると、同じような体験は、同じ小部屋に詰め込むようになり、いっぱいになると、ついには、そこに詰まっていたモノを追い出していきます(トコロテンですな)そして、次にやってくるのは、小部屋自体が消滅する・・・。悲しいことですが、しかたありません。こうして、人は年取っていくのです。息の合ったうちのじいさん・ばあさんの会話・・テレビを見ながら「あの人のダンナさんって、あの人だね」「そう、あの人だよ」これで、わかるのがすばらしい(笑)長年生きてきた2人の記憶の通り道は、思い出す時も同じ道っていうことでしょうね。

話、変わりますが、ドラマ中で、良い人が、離婚とか子供がいるということで、応対する態度が豹変するのは心が痛みます。我が子のこととなると、客観的な視点を失ってしまうのは、わかりますが、それでも悲しい。お国柄とか時代とかの影響もあるでしょうが、離婚者や子供がいるシングルの恋愛が、そんなに非難される必要は無いと思います。不倫というわけでも無いのですから、当事者がよけりゃしかたないでしょうに・・・。日本人は、感情の表現がヘタ、何を考えているのかわかりにくい民族だと言われてきました。欧米化が進み、自己を主張する傾向も強まりましたが、まだまだ、はっきりモノを言わない感じは残っています。ですから、私は、このドラマを見て、みんな、よくあんなにはっきりと、あの人はダメって言えるもんだと思いました。感情の交わりがあってこそ、情も湧くという感覚でしょうが、ちょっと、日本とは違う感覚を感じました。(私が、古いのかもしれません)

そして、さあ、やってきました。好きなのに別れちゃうって話。ウブなクムスンがジェヒと別れようと思う理由はというと・・・亡き夫を忘れそうな自分がイヤ、自分のせいで夫が亡くなり、我が子に父がいない状態だということを忘れさせるあなたがイヤというわけです。自分の生き方に照らし合わせてみて、客観的には進みたくない方向だと思うということです。逆に言うと、感情的には惹かれているの裏返し。けっこうな愛の告白だと思います。その2が、自分には美容師になりたいという夢があって、子供のためにもしっかりしたいのに、ジェヒと会っていると邪魔されている気がしてイヤというわけです。はい、これも、自分の夢よりもジェヒに会うのが大切になるのが困ると愛の告白をしています。3つめは、私には子供がいる。子供をほったらかして、恋愛なんてしている暇はない。次は、あなたが子供より大事になりそうで怖いということですな^^4つめは、自分の今の家族と別れる気がない。つまり、子供を抱え、美容師になりたいという夢に向かっている自分と応援してくれる暖かい家族という環境を変えたくない。そこに無理矢理侵入してくる恋が怖いということです。怖いということは、もう、心の方向は決まっていると思うのですが、亡き夫と今の家族への罪の意識、我が子への母の立場、ジェヒ母の反対という点は、まだ、クムスンを縛り付けます。

当然、男のほうは、「好きになりそうだからイヤ(こうは言ってませんが・・・^^)」なんて言われて、ひっこめませんよね(現実には、相手を傷つけまいとして、別れたいのに、こういう回りくどい言い方をする場合もあり、大いなる誤解となる場合もありますから、注意が必要です)その女性が欲しいなら、すべてのこだわりを解決してあげなくてはならないのです。昔のおとぎ話での姫を手に入れるための王子様の試練ということですね。私のためにこんなに一生懸命になってくれる人がいる・・・この想いが、きっと心の扉を開けさせるのですよ。(この一生懸命が永遠だと良いんだけどね~^^あちゃ^^)

そして、125話冒頭、かつて「ナ・クムスン」この名前を呼ぶのもいいなぁと言ったジェヒは、背を向けて立ち去ろうとするクムスンに向かって何度も「ナ・クムスン!」と叫びます。しかし、この叫びは、クムスンの決心の前にかき消されてしまいます。この男の叫びを無視できるのかぁ! お互いのつらい気持ちが伝染しまして涙シーンとなりました。やはり、ジェヒ母と交わしたクムスンの誓いの約束「我が子フィソンの名にかけてジェヒには会いません」ってやつ。これってきついよなぁ。クムスンにとって、子供の名を賭けてたら、この約束・・・破れないです。

ウンジュの心の動きは難しいです。愛すべき彼の心を奪った女性であるクムスンが憎いというのはわかります。うらやましいという感情は、憎いに近い感情ですな^^しかし、クムスンは、母の命を救った女性であり、義理の妹ということがわかりました。ここの葛藤は、嫉妬心だけではなくて、もう少し複雑じゃないでしょうか。これから、きっと描かれるのかな^^

今回の感想の締めはあきらめきれないジェヒに向かってクムスンが言った言葉「私は与えられたものだけを大切にしながら生きてきた。なぜ、あなたは欲しいモノすべてを手にいれようとするの?」です。すべてじゃなくて、クムスンだけ、なんだけどなぁ・・・。他は捨てられる。きっと・・・、たぶん・・・、できれば・・・、かもしれない(笑)

|

« 韓国ドラマ「がんばれ!クムスン」114話まで | トップページ | 韓国ドラマ「がんばれ!クムスン」136話まで見ました。 »

コメント

こんばんは

   ちょいと。。。。脱線
  なんだか・・・・お説教聞いてるみたいで、妙に納得ですわ~
  楽しい思いで・・・うっすら。。。してると思いますよ。。。ただ・・・・漠然としてるし、嫌な思い出は・・・場所&時間まで。。。下手すれば…天候まで。。。
  そう・・・ある年齢を超えると・・・ぼんやりさんの言う通りだと思うわ~
  両親を見ててそう思う、苦労させられたのに。。。思い出の・・・場所なんかテレビにでも出れば・・・・やっぱり。。。一つですよ・・・・箱ののなかみわ
  
  そう。。。ジェヒはわがままで、可愛いと思います。一途なのか・・・わがままを通してるのが分からないとこがいいのかも

  そう・・・私もホワイトさんが言われる様に、ジェヒが移植をなぜ。。。。あんなに反対するのかが分らなかった。
  もしかしたら・・・自分の母親と置き換えてたのかな
  

投稿: おじょ | 2009年8月27日 (木) 20時05分

初めてコメント書き込みます。大好きなクムスンとあってはついつい思いが募ってしまって。このあたり一見恋のシーソーはジェヒの方が重たいと思わせていて、私も初回はクムスンの拒否の裏の気持ちをそこまで読まなかったんです。が、しかし、ですね。ぼんやりさんサスガです。実はこのジェヒの我を忘れてジタバタするあたり大好きなんです。私はジェヒに初期に落ちたのでクムスンをジェヒの男としての成長記として見ているところがあり、我がままでちょっと幼稚で自分の恋にのめり込んでいるこのあたりがかわいいんです。そしてテワンの態度にはちょっとウン?と思わせるとこあるんですよね。韓国ではタブーとされているのでこのドラマではあえて避けてますが。

投稿: チャプチェママ | 2009年8月27日 (木) 21時00分

127話まで見ちゃったんですね…私の2回目視聴は只今95話を見終わったところです。
1回目視聴の時は先が気になって次々見ちゃったけど、今は1週間でDVD2枚~8話分をじっくりと見てますhappy01
クムスンの作家さんはほんとにお上手
ノ家の三人息子とオミジャの一人息子の育ちを上手く表現してますネ
私も一人息子がいますが、男の子の子育ての難しさをひしと感じるこの頃…2人の母親の苦労が理解できそうです。これからクムスンとジェヒの結婚までの苦労が描かれるのですが、一見わがままにも見えるジェヒ。父親を知らないで育ち、本人しかわからない気苦労を背負ってきたのですよね…。そんなジェヒはウンジュと結婚しても上手くいくわけもなく、普通の23才のクムスンと結婚したからといって幸せになれるわけでもなく、様々背負ったクムスンと一緒になりたいと思ったからジェヒにとっては人として成長できる人と巡り合えたのね~という感じです。
クムスンの視聴者の方々はそれぞれ感動シーンを思い浮かばれることと思いますが、私にとって一番切ない場面は ちょっと変わってて…ジェヒがクムスンが子持ちだと知ってから、クムスンが店長に呼ばれ店長宅でヨムルの素麺を作る場面がありますよね…あそ

投稿: yukikokamo | 2009年8月27日 (木) 23時26分

コメント長くて途切れたかもしれませんねそう感動シーンなんですが その素麺を作る場面でクムスンがジェヒの隣に座り、その時のジェヒの表情が カンジファン氏 ジェヒの心情を何故 そんなに上手く表現できるの上手いと思って見ているうちに切なくて泣けてきましたweep

投稿: yukikokamo | 2009年8月27日 (木) 23時34分

おじょさん、こんにちは^^

お説教じみてしまいましたか。ありゃ、こりゃ、失礼。ドラマの中に夢を見て、ブログの中にも夢を見る^^。

投稿: ぼんやり | 2009年8月28日 (金) 06時19分

チャプチェママさん、こんにちは^^

ジェヒとクムスンの恋は、ずっと、ジェヒがクムスンを追いかけていました。クムスンの方が、いろんなことをしないといけない状態だったので、恋に踏み込んでいるヒマがなかったのでしょう。そんな、ジェヒも応援したくなる。「がんばれ!ジェヒ」ってなもんです。なんか従来の男性主人公にない魅力がありますね。

テワンは言いたいことを言うキャラですが、まだまだ子供って感じです。冷静なソンランとの対照に置いてあるのかな^^

投稿: ぼんやり | 2009年8月28日 (金) 06時29分

yukikokamoさん、こんにちは^^

子育てというのは、難しいです。ある程度、親の思想が子供に反映しますからね。自分を振り返って、子供時代に何を考え、学んできたのか、もう思い出せないですが、今からみると、変な行動してます。

その瞬間瞬間は、ちゃんとしているようなんだけど、後から考えると恥ずかしい行動って、いっぱいですわ^^年取ってなにか成長してるんだろうか。いつまでも若いつもりなんだけど、気分だけ・・で、外見や体力はごまかせなくなるのが悲しいな。

クムスンと出会ったジェヒの成長。良いと思います。

投稿: ぼんやり | 2009年8月28日 (金) 06時44分

2回目、おじゃまします。こんにちわ。

私は父を事故で亡くし母子家庭でした。結婚の際、主人の父親に直接、間接的にも色々な言葉で傷つけられました。そして、そんな境遇のあなたを嫁に迎える息子、自分たちをほめたたえました。

「どうして、早く死んでしまったのか?」
傷つけた人より、私を惨めな境遇にした故人を恨みました。だから、クムスンのことは少し重ねてしまい、好きだけど傷つく自分が怖い気持ち・・・胸が痛みます。

投稿: ルンルンmama | 2009年8月28日 (金) 09時52分

こんにちは、ぼんやりさん!!

皆さんそれぞれ「がんばれクムスン」には感動する思いがあふれるほどあるようですね~heart02これほど日本の韓ドラファンを熱く夢中にさせる韓国のドラマって凄いですね~~。私の友達などは韓ドラが無くては生きていけな~~い・・・と、まで言ってます。もちろん私もそれに近いところまで来てるかも・・・lovely   
そして・私も・ドラマの中に夢を見てるから 引き込まれるんでしょうネshine
 
 

投稿: mimi | 2009年8月28日 (金) 09時55分

ルンルンmamaさん、こんにちは^^

本人が努力しても直せないことで、人を非難をしてはいけません(大好きな言葉なんですが、無意識にやっちゃうのが辛い^^)でも、偏見や差別って、いろんな形で遭遇します。人それぞれと最後はあきらめるしかないのかなぁ。

ドラマ中のクムスンに自分を重ねてしまうとそりゃ胸が痛いでしょう。ひょっとすると、私なら、見ることができない気がします。世界に好きな人と2人きりなら、問題ありませんが(そのうち問題ありになるけど・・・)、どうしても好きな人に付属するしがらみが絡んできます。それを2人でクリアーしていくのも、結婚というものでしょう。

投稿: ぼんやり | 2009年8月28日 (金) 19時43分

mimiさん、こんにちは^^

本当に、クムスンに対する熱い気持ちが溢れてきて、コメントせずにいられないという感じが伝わってきます。

恋だけでなく、家族・人間関係を描いた物語のどこかに、自分の生活にあてはまる部分があって、ドラマが自分のモノになってしまう。今・・・感動できる自分を自慢しても良いよね~~^^

投稿: ぼんやり | 2009年8月28日 (金) 19時50分

こんばんは!
私は、悲しい事や楽しかった事を 結構覚えています。人間は、忘れられるから、生きていけるのですよね。お産の痛みだって 忘れられるから、2人目も産める!アレレ これは違うかな・・
私は、少し振り返った時に、その時々の楽しい思い出があるだけ 幸せ~と思っています。今が1番!!と堂々と言いたいのですが、そうでもなくて(汗)でも1日1回は、嬉しかったり 幸せと感じられる日を過ごそうと思っています。美味しい物を食べても幸せと感じるくらいですから(笑)・・・
韓国ドラマは、大げさかも知れませんが、人生を楽しくしてくれています。喜び?希望? だから、私は ハッピー♪です。
脱線話は、ウンなるほど!あっはは 面白い!最高!でした。
今まで見たドラマは、何でここで言ってあげないの?黙っていないで言えばいいのに・・と思うのが多かったのですが、確かにクムスンでは、はっきりズバズバが多かったですね。。。

投稿: kei | 2009年8月28日 (金) 22時16分

おはよう。。。。

   Keiさん
  そうだよね。。。一日は一日ですよね
 そう考えて生きられれば、きっと『鬱』とか【自殺】は亡くなるのかももね~苦しい日がずっと・・・・続かないものね
    心がけがけます

  クムスンははっきり・・・言うって事は、自分の生き方は夢でなく、ちゃんとした目標があるからだと思うのですが、違いますか?
  韓ドラでのセリフは現実的な言葉が多い意と思いますよね~実際、ずしんと来ることがあります~ここが日本のドラマと違う所ではないかと思いますが。。。。
  
   Keiさん。。。
  インスニは綺麗だ。。。観てください
    これもとてもよいドラマですよ  

投稿: おじょ | 2009年8月29日 (土) 08時16分

こんにちは、keiさん^^

そうなんですよ。毎日、何気ないことに幸せを感じることこそが、幸せの秘訣。良かったなぁと思う気持ちは、自分も明るくなりますし、周りにも幸せを分け与えます。

反対に、愚痴ったり、不満ばかり言っていると、どんどん、落ち込むし、聞かされる周りもたまったもんじゃありません。

耐えられないと思った悲しい出来事も、時の流れとともに、思い出となり、思い出すこともなくなってきます。やっぱり、過去は過去だよな。変えられるのは未来だから・・・ね。

ドラマを見ているとけっこういろんな事を考えます。そして、私は、これを文章にしています。それは、趣味でもあり、楽しみでもあり・・・そして、おまけに読んでくれる人もいる。ありがたいことです^^

投稿: ぼんやり | 2009年8月29日 (土) 21時28分

おじょさん、こんにちは^^

そうだ~「一日は一日だ~!」こんなことを意識しただけでも、有意義だってことです。

韓国ドラマって、確かに日本のドラマと違って、露骨に(^^)良い言葉がきますよね。でも、訳がうまくないとねぇ~^^

投稿: ぼんやり | 2009年8月29日 (土) 21時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145819/46043862

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国ドラマ「がんばれ!クムスン」127話まで:

« 韓国ドラマ「がんばれ!クムスン」114話まで | トップページ | 韓国ドラマ「がんばれ!クムスン」136話まで見ました。 »