« 韓国ドラマ「がんばれ!クムスン」127話まで | トップページ | 韓国ドラマ「がんばれ!クムスン」145話まで »

2009年8月28日 (金)

韓国ドラマ「がんばれ!クムスン」136話まで見ました。

韓国ドラマ「がんばれ!クムスン」136話まで見ました。やっときたぁ~~~!!。ここで感想を書いとかないと駄目ですね。この回のエレベーターシーンで、やっと、クムスンは、はっきりとジェヒに向かいました。「愛してます!これからは、あなたの側にいて、あなたの言うことを聞きます!」クムスンから発せられる言葉に対してジェヒが拒否するはずがありません。

ここに至る過程は・・・

クムスンは、ジェヒのことが忘れられると思っていました。しかし、いろんなところでジェヒを思い出すのです。ジェヒを捨てて、戻ろうとした場所が変わってしまい、すでに無いことに気づきます。美容師の夢、フィソンの母、ジョンワンへの罪の意識、ノ家の人々・・・自分の大事だと思っていたものより、ジェヒへの想いが大きくなっていたのです。そうなると、毎日が苦しかった。自分から、もうつきまとわないでくださいと言っていながら、密かにジェヒが現れるのを期待する自分がそこにいます。しかし、人づてに伝えられるジェヒの「クムスンをあきらめた」という言葉。当然だと思いながら、クムスンの心は大きく傷つきます。クムスンの気持ちは噴出する場所を探していました。

そこに伝えられるジェヒのケガ(「ニューハート」きたぁと思いました^^)外科医として命ともいえる右手首の神経損傷です。彼への心配は、ついにクムスンの抑えていた気持ちを揺り動かしました(熱のせいかもしれませんね)祖母に「ジェヒが忘れられない。彼に向かってもいい?たとえ別れが待っていようともその時まで会っていられる」と言うと、ジェヒにまっしぐらとなります。自分の気持ちを人に話すと決心が固まりますよね。こうして、「お前なんかもう無関係だ」というジェヒに対して「愛してる」が出てきたのです。(冷静に見ると病院のエレベーターでの求愛ですから、けっこうな見せ物です。まあ、2人の世界ですな^^)とっても良いシーンでしたよ。こうして、吹っ切った2人ですが、まだまだ問題点は山積みです。またもや、がんばれ!クムスン^^

さて、恋愛話はこんな感じで良いのですが、もう一方の話の長いこと長いこと。以下・・自分勝手に愚痴ります。

それは、ソンランの子供、離婚歴問題です。このドラマを見た他の人は、別の考えを持つかもしれません。でも、私の感想を書きますね。私には、ソンランの離婚歴や子供問題に対するソンランの態度や言葉が、ノ家の人々より、もっともであると感じました。ですから、シワン夫婦の問題が大きくなると、何が問題なのかわからなくなるのです。画面に向かって「それはあんたの単なる偏見!」とか「何!情けない。そんな男・・離婚jじゃ」とか、「そんな家はさっさと出るしかない!」など、悪態をついてしまいました^^。

子供がいて、離婚歴があるということが、罪であるかのように言われる。確かに親をだまして結婚したのはまずかった。しかし、私には、そんなにひどいことに感じられないのです。価値観がまったく違うもの同志が、譲らないまま一緒に住むことはできません。そして、妻を守れない、妻の気持ちがわからないシワンの態度にもムカムカきます。夫婦間の問題に何故、親があんなに腹を立て、そして、干渉するのを許すのか。情けないです。このあたりは、慣習、国が違うのでしかたないとあきらめましょうかね。しかし、長いです・・・・ノ家姑のギャーギャー言うのを聞いていると勘弁してくれと思いました。

愛と言う名のもとに真実を隠す。シワン母がソンランが初婚で無いという事実を知ったらショックで倒れるから、時期をみよう・・・なんて、余計なお世話じゃない?。一生隠すか、そうでなきゃ、さっさと話して欲しい。相手の為を思っての行動でしょうが、それはその相手を無視した行動です。このあたりで私は、ガンの告知問題を思い浮かべてしまいました。あの人はガンと知るとショックを受けるので秘密にして欲しいという話を聞きますが、それってどうなのかなと思います。自分の人生を生きる上での大切な情報を他人の意志で伝えないなんて、変じゃないですか。ショックを受けても、それが自分の人生。知らずにいた生き方とは、別の生き方が絶対あるはずなんです。(だいたい病の告知に弱いのは男のほうだと感じていますがね^^)まあ、このあたりは、人により、いろんな考えがありますので、スルーで・・・^^

同様にテワンがクムスンに向かって「ジョンワンの家にいるお前が恋愛なんて・・」というのもひっかかりました。別に、もうジョンワンは死んじゃったんだからしかたないじゃないの。何故、子供を抱えて、あの家で、ジョンワンの面影を抱いて暮らすことを人から強要されないといけないの?本人が選ぶのなら問題ありません。しかし、通常は、クムスンの夫、フィソンの父のできる可能性があるなら、それを喜ぶべきではないでしょうか。ただ、大いなるタブーとなりますがテワンがクムスンのことが好きとなると、当然クムスンの恋愛はイヤでしょうから、その言葉はわかります。

さあ、物語は、クムスンの第2の結婚へと向かうのかな。まだ、話数はたくさんある・・・。

|

« 韓国ドラマ「がんばれ!クムスン」127話まで | トップページ | 韓国ドラマ「がんばれ!クムスン」145話まで »

コメント

やっとエレベーターです、理より情が勝つからラブストーリーはうまれるのです。クムスンが気持ちを抑えても抑えてももう「始まっちゃって」いるんですものね。早朝のハルモニとの会話から病院へ走るクムスン。
考えてみたらキスシーンの前といい追いかけてるはずのジェヒは肝心な所ではクムスンに行動させてる、可愛いなスネオ君、、、
クムスンの言葉のひとつひとつで頑なな気持ちがほどけていく表情の変化がジファンシうまいです。そして二度目のそしてクムスンからのキス、覚悟が決まったんだね。

投稿: チャプチェママ | 2009年8月28日 (金) 20時54分

エレベーターか。。。。思い出したわ
  heart03胸。。。キュンでしたよ
  あたしも。。。クムスンになりたいって思ったものね

 韓国は、何で片親って非難するのね~これって『儒教』の教え・・・・?
  でも・・・病気で亡くなるって事もあるし~やはり・・・家系が重視なのかな 

   ノ家のご両親のお気持ちもわかるな~早く亡くした子の忘れ形見。。。だし、クムスンには娘としての情が移ってるしね
 
  長男は・・・ちょっと・・・E:angry]ですよ~ぼんやりさんが言うとおりだわ。
  だって・・・死ぬまで一緒なのは奥さんだもんね。韓国の親って大変だわ

投稿: おじょ | 2009年8月28日 (金) 21時33分

ほとんど見てない私が言うのは、ホント、ルール違反なんですが、あらすじだけ聞いて私がクムスン腹に入らないとこは、ジェヒのことを好きになってから、又はテワンの気持ちを察して?、なぜ、クムスンがノ家を出なかったのか・・・というとこです。十九の純情のグッカは、家を出ましたよね(確か・・)やっぱり、子供がいるのといないのとでは、状況がちがうのか。

投稿: そそら | 2009年8月28日 (金) 22時16分

1回目視聴では1回目のプロポーズを断ったあたりから先が気になって猛スピードで見ました。私事ですが結婚して18年。その間、親の病気(癌)、妹の離婚そして再婚(子連れ婚)、身内の借金‥人生 生きる 死ぬ 病気 別れ 借金‥クムスンを見てると次から次ですが、生きるってそうなんです。課題提起された時にどう対処するかで人間が問われます。そうするとジェヒとシワンの比較ですが、ジェヒは一見わがままにうかがえますが、一途で紳士的で物事に対し真摯です。シワンは優しくて真面目ですがお利口さん過ぎて弱いんですね。だから、うちの息子もどう成長するのやらshock悩むわけです。

投稿: yukikokamo | 2009年8月29日 (土) 08時19分

再度ですが、癌告知について。我が家では本人に対して、父にも義母にも言いませんでした。っていうか医者も患者に告知しなかったんです。父の時の教訓があったはずなのに義母にも同じ対応になってしまい、結局は騙すことですよねweepでも本人はわかるものです。父は母に、義母は息子である私の夫に先の心配を言い残して逝きました。

投稿: yukikokamo | 2009年8月29日 (土) 08時33分

来ましたね~。
クムスンベッドの上のポッポのシーン、大好きなシーンです。
でもでも、これからまだこれからが修羅場なんですよね~。一筋縄でいかないところが韓国ドラマの醍醐味と言えば醍醐味なんでしょうが・・・正直うんざり・・でした。ジェヒオンマも相当絡んでくるし。

あと、10話すると一番の名場面が出てきますよ。(135話)辛いけど・・二人の愛を感じる大好きなシーン。ぼんやりさん、あと少しですよ!

シワンとソンランは・・・もうどうでもいいやっ!

ところで、ジェヒの怪我のことをクムスンにそれとなく伝えたウンジュって素敵だと思いませんでしたか?
ウンジュが大好きになりました~。

投稿: minami | 2009年8月29日 (土) 09時33分

ぼんやりさん、すごいスピードで進んでいますね。クムスンの心の動きの分析、とても的確で納得です。^^ エレベーターでの告白でようやく一息つきました。(あー、ストレス溜まった!)ジェヒオンマの豹変ぶりは驚かされました。だって自身もシングルマザーとして苦労してキャリア築いてきたのだから。息子の嫁にはハイソのお嬢様と願うのは勝手すぎ。クムスンの価値わかっているのに。・・・そしてお義父さんも良識や分別失って「結婚するならフィソンを置いていけ。」「シワン、お前がフィソンの父親になれ」なんて言い出します。(よほど嫁と孫に情が移ってしまったとはいえ、駄々っ子のようになって)

投稿: ポーチュラカ | 2009年8月29日 (土) 12時12分

すみません。続きます。そしてジェヒのようなきっぱりさのないシワンが優柔不断なのは自分がソンランの過去を両親に申し訳なく思っているから。だからソンランも肩身が狭くなる。ソンラン、生意気に見えて可愛げないけど、男社会で企業した人だから当然です。まだまだゴタゴタ続きます。
でわでわ、アンニョン。

投稿: ポーチュラカ | 2009年8月29日 (土) 12時17分

ジェヒオンマについて一言、私はこの人そんなに嫌いじゃないです、まずジェヒとの交際を知った後のヘアダイテストで公平に判断してクムスンを合格させたこと、怒りの理由の一つが店で会っていたことなど、職業人としての矜持を感じます。偏見の中でジェヒを育て、そして傷や痛みを知らないあ、る意味自分たち親子に欠けているのもを埋めてくれるような嫁を求めていた訳です。これにはウンジュも外れると思いますが、彼女は屈折してますから。あとはただただジェヒののぼせっぷりが火に油状態で、オンマも自分で自己嫌悪に陥ってるしね。

投稿: チャプチェママ | 2009年8月29日 (土) 20時02分

チャプチェママさん、こんにちは^^

「理より情が勝つからラブストーリーは生まれる」おおっ名言です。好きという気持ちは、計算とかじゃなくて、単に好きなのです。言葉や理屈で説明できません。そして、この欲求をかなえるために、馬鹿な行動だってできるし、我慢強くもなれる。いつになっても、永遠のテーマです。

なるほど、重要ポイントはクムスンが行動しているとな^^本当だ。エサをまかれて食い付いたみたいなものかな(笑)いや、ジェヒのアタックにクムスンが応えたということにしておこう^^

投稿: ぼんやり | 2009年8月29日 (土) 21時08分

おじょさん^^こんにちは

確かに、いろんなドラマの結婚へ向かうシーンで親がいない(片親だけでも)ということがハンデとなることが多いですよね。何故なんだろう。親が揃っていないと、ちゃんとした教育ができないという考えが根底にあるのかな。よく、わかりません。人間を見ようよって気もします。

子供は、いつか相手をみつけて独立するし、親は年齢からいって、先に亡くなる。すると、自分の配偶者を頼りにするのが、一番確率の高い生き方です。だから、配偶者は、大切にしないとね。「たとえ、世界中のすべての人が敵に回ったとしても、私は、あなたの味方です」ぐらい言わないとねぇ~~~(笑)

投稿: ぼんやり | 2009年8月29日 (土) 21時16分

そそらさん、こんにちは^^

ジェヒとの交際が始まってノ家をクムスンが出なかったのは、その時、ソンラン問題で、ノ家両親が心を痛めていたからでしょう。追い打ちで、クムスン・・家をでるでは、いままで、お世話になった恩を考えるとできない行動でしょうね。フィソンはノ家の両親にとって孫ですから、自らの口で説明し、納得して事を進めたいと思ったのかな。まあ、ジェヒとの交際が明らかにならなけりゃ、確かに居心地の良い場所となってましたからね。人間ですから、波風をたてるのは先延ばし~ってのもあるかなぁ^^
私の見ているところまででは、そんな感じです。

投稿: ぼんやり | 2009年8月29日 (土) 21時38分

yukikokamoさん、こんにちは^^

生きるということは、楽しいことばかりではなく、辛いこともあります。確かに辛いことに臨んで、いかに対処するかで、人間の本質がうかがわれます。自分がこの世を去る時は、幸せと不幸せは相殺されてゼロになっているはずと考え、不運の時はきっと良いことが来ると思い、幸せな時は次にくる不幸を小さくするよう気持ちを持ち替える。

・・・でも、実は、こんな難しいこと考えて生きて無いんだよな。目の前の一日を楽しく過ごそう・・ってくらい。そんなもんです(笑)

ガンに対する告知は、それぞれの考え方がありますが、入院して治療をしていて、ガンかもしれないという、漠然とした不安を与え続けるのが嫌なんです。良くなると信じて治療し、でも、何だかひどくなる。いつか、絶対、本人は気づきます。何も言われないことの恐怖・・・いっそ、知らされて、どう闘うか、どう生きるかという方が良いかなと思うんです。

でも、これも、自分が、まだ、健康だから書ける話かもしれませんが、自分はいかなる病気であっても、絶対告知して欲しいと思っています。

投稿: ぼんやり | 2009年8月29日 (土) 22時02分

minamiさん、こんにちは^^

クムスンの自分の気持ちが決まったら、潔くて良い感じです。そう、ベット上で、ジェヒにチュゥのシーンは良かったですよね。これからの困難を予想して「たとえ、別れが来ようとも、その日まで会っていられる」というクムスンの決意には、感動しました。この女性はがんばるよなぁ。だって題名が「がんばる、クムスン」だもん。おや・・・違った(笑)

ウンジュは、嫌な役になりそうな所を踏みとどまって、良い感じになっています。義理の妹だし、何といっても、クムスンの性格が良いので、視聴者と同じく応援したくなったのかな(笑)何かにがんばっている人はやっぱり美しい^^

投稿: ぼんやり | 2009年8月29日 (土) 22時11分

ポーチュラカさん、こんにちは^^

このドラマって、幸せ感で持ち上げる所と、ギャーギャーうるさいところが同居しているんですよね。クムスンの恋に関しては、エレベーターのシーンで満足しました。しかし、また、ここから、ノ家の人のうるさいことったら、ありゃしない。次の感想で、私はさすがに評価を下げますよ(笑)

シワンは、なんかいまいちですねぇ。しかし、脚本としては、長男としての特徴を良く捉えた性格付けで素晴らしいとも言えます。こういう人って、いそうな感じ^^

投稿: ぼんやり | 2009年8月29日 (土) 22時17分

チャプチェママさん、こんにちは^^

ジェヒ母ですか。確かに仕事上はしっかりしている感じですが、ジェヒとクムスンとの恋の件では、無茶な精神状態に陥ってますね。(ジェヒ母の左の平手フックは強烈です。喰らうと頭クラクラ@@KO!)

シングルマザーで、息子を育ててきただけに、クムスンの気持ちがわかりそうなものですが、自分の息子のこととなると、やっぱり別なのかなぁ。自分が辛かっただけに、息子に夢を乗せたのか・・・でも、夢は、息子のジェヒと嫁と孫と同居して家族を持って明るく暮らしたいってはずだから、全然問題ないと思います。性格の良い嫁がくるかどうかのほうが、ずっと大事な問題だと思います。外面(そとづら)の見栄時間は一瞬。より長いおうちの時間が幸せの方がずっと良いと思いますね^^

投稿: ぼんやり | 2009年8月29日 (土) 22時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145819/46053524

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国ドラマ「がんばれ!クムスン」136話まで見ました。:

« 韓国ドラマ「がんばれ!クムスン」127話まで | トップページ | 韓国ドラマ「がんばれ!クムスン」145話まで »