« 韓国映画「カンナさん大成功です!」を見ました。 | トップページ | 韓国ドラマ「カインとアベル」7話まで »

2009年9月12日 (土)

韓国ドラマ「カインとアベル」5話まで

韓国ドラマ「カインとアベル」を見始めました。5話まで見ました。うっ!感想が書きにくい^^スケールが大きくて今後の展開が期待できる物語です。以下、あらすじ・・のようです^^

舞台は韓国の病院なんですが、そこにいる1人の救急医師イ・チョイン(ソ・ジソプさん)の元に兄とも慕う脳神経外科医師イ・ソヌ(シン・ヒョンジョンさん)が戻ってきます。イ・ソヌは、心臓に病をもつキム・ソヨン(チェ・ジョンアンさん)が好きだったようですが、自らの頭部腫瘍の治療のためか彼女から去り留学していました。しかし、韓国に戻ってきた時、最愛の人だったソヨンは、ソヌ不在時を支え続けてくれたチョインの愛を受け入れており、、そして、病に倒れている父の病院の相続権がチョインに遺言されていることも知り、難しい立場に追い込まれます。

うん、心臓病のソヨンへの愛と病院の経営権をめぐる2人の男の物語だな・・・と思ったら、これからが、思いもかけない展開でした。こんなに話を広げて大丈夫なの?と思うくらいです。な~~んと、ここから物語は中国へ@@。
ソヌ父の脳手術の参考にと、チョインは中国へ数日、勉強をしに行くのですが、ここで、大きな陰謀が企てられていたのです。病院の経営権の争いから、ソヌ母(副院長役キム・ヘスクさんです)派は、チョインに韓国に戻って欲しくなかったのですよね。こうしてチョインは誘拐され殺されかけます。この時の中国のガイドがオ・ヨンジ(ハン・ジミンさん)です。ヨンジは、脱北者として中国に住んでおり、親や兄と韓国に渡ることを夢みています。ヨンジはソヌ母派から報酬をもらい、チョインを監視していましたが、いつしかチョインに惹かれてしまいます。ハン・ジミンさんがちっこくて可愛いので、「ごめん、愛してる」のソ・ジソプ&イム・スジョンカップルと印象がダブりますよ~^^でもって、中国で殺されかけたチョインは、北朝鮮で麻薬を盗んで中国に侵入(?)していたオ・ガンチョルに助けられましたが、頭部の怪我のためか記憶を喪失していました。な~んと、このオ・ガンチョルがヨンジの兄ってところが、中国は広いが、世間は狭い^^ということで・・・。で、チョインはオ・ガンホという名をもらい中国で別の人生を送ることになります・・・。

ね・・・北朝鮮やら中国がでてきて、これってどう収拾つけるんだろうと思うほど、話が広がってしまいました。ポイントは、チョインがどう記憶を取り戻すのか?その時、彼を愛するヨンジはどうなる?チョインを愛するソヨンは、失踪したチョインを忘れソヌに行くのか?そして、チョイン再登場の時のソヨンの想いは?ソヌの権力と愛への渇望がどう描かれるのかってところでしょう。話を追うのが、メインなんで、どこかで感動するとか泣けた~という感じではありません。しかし、話としてぐいぐい引っ張られる魅力を持っている感じです。

余談ですが・・カインとアベルとは聖書「創世記」に書かれた兄弟です。私は、そっち方面は詳しくないのでわかりませんが・・・カインは農耕、アベルは放牧を行っていましたが、神へ収穫物を捧げた時に、カインが神から無視されたため、嫉妬からアベルを殺してしまったらしいです。神からの問いに、カインは「弟の消息を知りません」と嘘をつきます。なるほど、表題の意味がわかりました。

|

« 韓国映画「カンナさん大成功です!」を見ました。 | トップページ | 韓国ドラマ「カインとアベル」7話まで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145819/46188072

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国ドラマ「カインとアベル」5話まで:

« 韓国映画「カンナさん大成功です!」を見ました。 | トップページ | 韓国ドラマ「カインとアベル」7話まで »