« 韓国ドラマ「帰ってきたイルジメ~美賊イルジメ伝」7話まで見ました。 | トップページ | 韓国ドラマ「美賊イルジメ伝~帰ってきたイルジメ」17話まで »

2009年9月24日 (木)

韓国ドラマ「帰ってきたイルジメ~美賊イルジメ伝」13話まで

韓国ドラマ「帰ってきたイルジメ~美賊イルジメ伝」 13話まで見ました。

おい、ちょっとおもしろくなってきました。感動はありません。じゃ、何が?イルジメとウォルヒの掛け合いがおもしろいです。設定を昔においた韓国ドラマお得意の同居モノと思えばいけますよ。ファン・イルレ監督は「宮」を作りましたが、このドラマは何か同じ雰囲気を持っています。何と言っても、イルジメを演じるチョン・イルさんはチュ・ジフンさんに似ています。そして、ヒロインのウォルヒを演じるユン・ジンソさんは、見ているうちにユン・ウネさんに似ている気がしてくるのです。こんなことを考えていると、2人のシーンがとても楽しくなってきました。う~ん「ファンカ」「ごめ愛」「宮」という大名作と「宮S」「このろくでなしの愛」のいまいち作品を演出した人の作品ですから、部分的に名作の香りはやっぱり漂っています^^

ウォルヒとイルジメは、すでにムフフの関係で同じ布団でおやすみする間柄です。ウォルヒは、とってもイルジメが好きなのですが、それに反して、でてくる言葉の素っ気ないこと。でも、大事な所は抑えていて、気づいていても、イルジメが盗賊なの?とかいう質問は発しません。何故なら、本人がしゃべりたくないことは、聞かない・・・聞いて、もし、そのために自分の元を去るようなことになるのが怖かったからです。そして、2人の生活にイルジメの赤ん坊の時の育ての親コルチがやってきます。おお、いちだんとウォルヒのおもしろさにギヤが入りますよ~コルチに婚礼もしてないのにと言われたウォルヒは、この2人の他人のプー太郎のめんどうを見ているのだからと言って、洗い物や洗濯、荷物持ちなど・・働かせます。格好いいイルジメが何故か食後の洗い物をしている姿なんて想像できます?まあ、最近の男性はみんな優しいですから、「作ったのは私だからね・・」とか妻に言われて、洗い物ぐらいしてる人多いかもね^^でもって、ついに、イルジメはウォルヒに「婚礼式をしよう」と言います。ここで、ウォルヒ・・複雑な女心というやつで、すぐにOKとか嬉しそうなそぶりはみせません。「ちょっと考えさせて・・」と答えます。

この後、イルジメは外出するのですが、ここで、私、思いました。この外出時に、イルジメ危機となって、しばらくウォルヒの待つ家に帰らないって展開が欲しい~。結婚の申し込みに対して返事をしてないのに姿を消す最愛の男・・・なんて、切なくて、とても好みの展開なんですけど・・・ドラマはそうはなりませんでした。しばらく経って、ウォルヒは「OK」の言葉をイルジメに言います。普通は、この時、男性が嬉しそうにしてくれるのを女性は期待します。でも、イルジメは「あ、そう^^」って感じ。これじゃ、女性側はたまりません。「結婚OKって言ったのに、もっと言うこと無いの~」ってのがビシビシ伝わるシーンがやってきます。まあ、2人でいちゃついているだけなんですけどね。

こんなふうに楽しく進むイルジメとウォルヒの恋ですが、結婚の報告に行った和尚の所で、イルジメは「おまえの心にウォルヒはいるのか?」の問いに即答できませんでした。ウォルヒを守ってあげたいと思う気持ちは、単なる亡きダルの身代わりにすぎないのでは無いのか?彼の心に迷いが生じます。おやまあ、本格的なラブメロでございます。おもしろいじゃないの。ウォルヒはウォルヒで、表面上は楽しそうにしてましたが、夜が怖かったのです。こっそり出て行く最愛の人。場合によっては、もう帰ってこないかも・・という怖さと戦っていたのです。それでも、彼の行動を止めなかったのは、盗賊とはいえ、人を殺めることなく、行いに共感するところがあったから。幸せそうだった2人の心の奥に、隠された気持ちがありました。ほら、同居モノの中盤から後半にかけての、泣きの伏線ですかねぇ^^

ク・ジャミョンのペンメへのプロポーズも笑いました。20年振りにいきなりペンメの所にやってきた男が、息子の消息を伝え、見つかったら結婚してというわけです。そりゃ、20年片想いしてたほうは、待ちに待った満足な告白ですが、言われたほうは、よく考えるとポカ~ンってなものです。「私、あなたのことよく知らないんですけど・・いきなり結婚の申し込みですか?」と普通思うでしょう。もちろん、ペンメの答えは「ちょっと考えさせて」でした。まあ、古き時代ですから、お互いの気持ちを確定して結婚というのでは無くて、女性は男性から望まれたら結婚し、一緒に暮らすうちに情を湧かすというのもありだったのかもしれません。ク・ジャミョンは、本当にペンメ一筋で、彼に想いを寄せる茶母のスリョン(チョン・スヨンさん、「宮」のチェ尚宮ね)が、めったにしない女性の格好で、ク・ジャミョンの家を訪れたら、「女性みたいだ」と言ったのは笑えました。もともと女性じゃん。失礼だろ~^^

え~と、イルジメとウォルヒの恋に平行して、短編ぽくイルジメの義賊としての活躍が描かれていますが、まあ、そっちはそんなもんで・・・(おい、内容を書かないの?)ただ、イルジメという盗賊の存在が大きくなるにつれ、ウォルヒの家に暮らしている男もイルジメっていうのが、素性がすぐばれそうで怖いです。どう考えても、イルジメの居所がいつかばれていまい、ウォルヒがピンチ・・そして、この時、イルジメは、今度は彼女を救えるのか?心の中のウォルヒの存在を確信できるのか?が大きな焦点です。

前半に比べると、私のある種のツボに入ってきたので、楽しく見てます。「宮」好きなら、意外といけるドラマってとこに昇格していますよ。

|

« 韓国ドラマ「帰ってきたイルジメ~美賊イルジメ伝」7話まで見ました。 | トップページ | 韓国ドラマ「美賊イルジメ伝~帰ってきたイルジメ」17話まで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145819/46295620

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国ドラマ「帰ってきたイルジメ~美賊イルジメ伝」13話まで:

« 韓国ドラマ「帰ってきたイルジメ~美賊イルジメ伝」7話まで見ました。 | トップページ | 韓国ドラマ「美賊イルジメ伝~帰ってきたイルジメ」17話まで »